認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 無洗米特集

無洗米特集

ふるさと納税のお礼品は、各地域の自治体が自信を持っておすすめする自慢の特産品が揃っており、毎日の食卓に欠かせないお米もたくさんあります。手間を省ける無洗米で各地自慢のお米を味わってみませんか。

北海道

北海道のブランド米には、「ゆめぴりか」「ななつぼし」「あやひめ」「ゆきひかり」などがあります。「ゆめぴりか」や「ななつぼし」は、普通の米としてだけでなく無洗米のブランドとしても人気です。

東北地方

「つや姫」は山形県で開発された品種で、その美味しさはコシヒカリをも凌ぐと言われるほどです。そんな「つや姫」にも無洗米が登場し、より手軽に食べられるようになりました。お礼品には「つや姫」と「あきたこまち」の無洗米をご用意しています。

中部地方

中部地方からは、魚沼産コシヒカリをはじめ各地域産のコシヒカリや、「ハツシモ」「あいちのかおり」いった品種の無洗米が用意されています。「ハツシモ」は大粒なのが特徴です。「あいちのかおり」は愛知県では学校給食でも使われている定番の品種で、大粒で適度な甘みがあります。

近畿地方

近畿地方のお礼品には、玄米の栄養を残した「金芽米」、「コシヒカリ」や「ヒノヒカリ」、「キヌヒカリ」、「ミルキークイーン」、「みずかがみ」などをお届けできます。「キヌヒカリ」はソフトであっさりした口当たりが特徴です。「みずかがみ」はやや硬めでやや粘りがあり、すっきりした後味で余韻が楽しめるお米となっています。

九州地方

「さがびより」は佐賀県で開発され、艶が良く粒が大きくしっかりして噛みごたえがあり、食感はもっちり、甘みと香りが良く、さらに時間が経ってもおいしいことが特徴です。さがびよりの他にも、程よい粘りとモチモチ感、香り、甘さ、味のバランスの「ヒノヒカリ」などの無洗米があります。

無洗米とは、白米に付いている「肌糠(はだぬか)」がすでに取り除かれているため洗わなくても良い・研がなくても良い米のことです。炊く際に水を入れると、白く濁ることもありますが、これは、お米のデンプン粉が水に溶けるのと水を入れた時に細かい空気がお米の周囲につくためであり、肌糠ではないので問題はありません。
時間も水も節約でき、栄養価も流さずに食べられる無洗米は、ブランド米をはじめ多くの米の産地から登場しています。通常の白米と同じように、無洗米も産地によって米の味や風味が少しずつ異なります。ふるさと納税を利用して、全国各地で栽培されたおいしい無洗米を選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか?

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ