認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 釣り特集

釣り特集

ふるさと納税には、全国で釣り体験や釣り宿への宿泊ができるお礼品があります。釣りの形態もさまざまで、初心者からベテランまで楽しめるプランがそろっています。釣った魚を新鮮なうちに調理して味わうのも釣りの醍醐味。ふるさと納税のお礼品の中から、自分に合った釣り体験や宿泊プランを見つけてみませんか。

関東地方

関東地方でも釣りを体験することができます。
乗合船での釣り体験ができるお礼品があり、産卵期が長く1年を通して狙えるアジ釣りを体験することができます。鮮度の高いアジは、刺し身や寿司ダネとしておいしいのはもちろん、フライや南蛮漬けなどの食べ方も、幅広い世代に人気があって親しみのある魚です。千葉県ではマダイやヒラメも釣れます。マダイとヒラメは、釣り方ひとつとってもそれぞれに独自の楽しみ方があります。また魚そのものの味わいがよいことから、どちらも釣り人に人気のターゲットです。一方神奈川県では、お礼品で渓流釣りや海釣り、釣り場などでの釣り体験ができます。県内屈指の清流でのニジマス渓流釣りやつかみどりでは、とったニジマスを持ち帰ることができます。持ち帰ったニジマスは、軽く小麦粉をはたいてバターやオリーブオイルでムニエルにしたり、塩焼きにしたりしてお楽しみいただくのがよいでしょう。
渓流釣りへ出かける際の注意点ですが、グレーやカーキなどの山や周りの自然と同化する色の服装を選び、魚に警戒心を抱かせないことが大切であるといわれています。また、虫さされ対策を十分に施し、変わりやすい山の天気にも対応できる服装を念のため準備しておくと、安心して釣りに集中できます。
他には、港での海釣りが体験できるものもあります。対象となる港付近では、春と冬にはメバルやメジナ、夏と秋にはアジやサバ、ソウダガツオなどを釣り上げることが可能です。メバルは煮付けや唐揚げに、メジナはお造りにするとその美味しさをより堪能できます。全国的にもよく食べられている魚でもあり、料理レシピのバリエーションが広いアジやサバは、お好みの食べ方でお楽しみください。
鮮度を保持するのが難しいソウダガツオは、釣りたてなら刺し身として味わっていただくのがいいかもしれません。
他にも、ルアーやフライフィッシングが体験できるものもあります。対象は主にニジマスやブラウントラウトなどの川魚で、釣り場でのフィッシングは初心者でも挑戦しやすいと評判です。チャンスがあれば釣りに挑戦してみたいという初心者の方も、この機会にいかがですか。関東地方には、釣り初心者から中・上級者までのニーズに適う、バリエーション豊かな釣りを体験していただけるお礼品がそろっています。

中部地方

中部地方でも釣り体験ができます。
例えば船釣りでは、黒潮で育ったマダイやシマアジなどの魚が1年を通して狙えるほか、初夏から初秋にかけては西日本でクエとして知られるモロコ、夏から冬場にかけてはワラサやブリもターゲットになります。夏に旬を迎えるイサキも釣ることが可能ですので、ぜひ釣果を上げて焼き魚や刺し身などでお楽しみください。
また、釣堀で小鯛釣り体験ができます。チコダイとも呼ばれる小鯛の名称は「小さい」に由来しているといわれていますが、その姿は真鯛にもよく似ており、成魚は全長30~40cmほどの大きさになります。また、全身が赤いことから、小鯛をチダイ(血鯛)と呼ぶ地域もあります。
生食にするにはやや水分が多いため、酢や昆布でしめるほか、皮霜造り(かわしもづくり:皮目に熱湯をかけて氷水に落とすお造りの技術)や焼き物、天ぷらなどの食べ方で楽しめる魚です。
他にも釣り船で釣りが体験することができます。乗船する時間帯によってターゲットが変わりますが、夕方から夜にかけてはアオリイカやスルメイカ釣りを、日中においては五目釣りを楽しむことができます。
初心者の方も気軽に挑戦できる五目釣りは、サビキ五目とも呼ばれ、狙った魚を釣るというよりは、仕掛けに掛かった複数の獲物を一度に釣って楽しむという方法です。どのような魚が何種類釣れるのか、上げてみるまでわからない五目釣りには、ゲームのような面白みがあり、家族連れにも人気です。
他に、清流でアユやアマゴ(東日本での呼び名はヤマメ)が狙える釣り体験があり、アマゴは春先から、アユは5月中旬ごろから解禁となります。自然の中で春の訪れを感じながら、「谷の妖精」や「清流の女王」とも称される美しいアマゴの姿を眺めたり、パワーあふれる力強さが魅力のアユ釣りを満喫したりすることができます。
ふるさと納税のお礼品で釣りを楽しみ、中部地方の海の幸、川の幸を堪能してみるのはいかがでしょうか。

近畿地方

近畿地方でも釣りをお楽しみいただけます。近畿地方の中でも温暖な黒潮のおかげで県外からも釣り客が訪れる和歌山県では、タチウオやカワハギの船釣りが体験できます。タチウオ釣りは小学生でも釣り上げられるような手軽さとヒキの強さが人気で、上質な白身魚特有の脂分とあっさりとした旨味があり、釣って楽しく、食べておいしい魚として知られています。さらに年間を通して狙える船釣りのターゲットとして、釣りファンを惹きつけてやまない魚がカワハギです。カワハギはフグ目に属するため、味も食感もフグに通じるものがあります。
「海のフォアグラ」の異名を持つ濃厚な味わいの肝と、薄造りにしたときの歯ごたえある身の食感は、釣りたての鮮度だからこそ堪能できるもので、いずれも絶品。海釣りファンなら一度は体験しておきたい味といっても過言ではないでしょう。
カワハギ釣りは、釣り初心者にも挑戦しやすく、上級者でも戦略を練って仕掛けを作るなど、奥の深い駆け引きを楽しむことができます。近畿地方近海には、釣りのターゲットとして人気の魚が他にも多数生息しています。チヌ(クロダイ)がその代表です。近畿地方にはチヌ釣りで知られるエリアが存在します。チヌはそぎ切りや薄造りにしてそのまま刺し身で食べてもよし、オリーブオイルベースのドレッシングでカルパッチョ仕立てにしてもよし、ひと手間かけて湯引きやしゃぶしゃぶにしてもおいしくいただけます。「チヌ飯」と呼ばれる漁師風の炊き込みご飯や、切り身を味噌漬けにして焼いたり、アラで潮汁(うしおじる)を作ったりするのもよいでしょう。
いずれの料理も、ネギをはじめとする薬味のほか、柚子などの柑橘類とも相性が抜群です。メバルも、近畿地方近海の船釣りのターゲットに挙げられますが、多くは沖のほうに生息しているピンク色の体に不規則な斑点模様のあるオキメバル(ウスメバル)です。煮付けに適した魚ですが、冬から初夏にかけての旬な時季なら刺し身にして上品な脂の甘みを味わっていただくことも可能です。
近畿地方では、小型サイズのメバルは唐揚げにして食されることもよくあります。二度揚げにすることでカラリとした食感が味わえ、身の旨味に香ばしさが加わった一品に仕上がります。西日本で「ガシラ」と呼ばれるカサゴも釣りのターゲットとして人気です。こちらもメバル同様、煮付けや唐揚げなどでおいしくいただけます。サイズの小さいものは丸ごと揚げてもいいでしょう。他にも近畿地方近海では、アオリイカやキス、イサキなどが釣れる可能性もあります。近畿地方へのふるさと納税で、釣りファンに人気の高いターゲットが狙えるお礼品の釣りを体験してみませんか。

九州地方

九州地方には、地域によって釣れる魚の顔ぶれがかなり変わる面白さがあるのと、マイペースに釣りが楽しめるようなお礼品がそろっています。
例えば、釣りを満喫するのにピッタリな宿の素泊まりプランがあり、宿泊場所近海では、手軽に楽しめるサビキ釣りでアジゴ(小さいアジ)、仕掛けを遠投するカゴ釣りやマキエを使ったフカセ釣りでメイタやチヌ(共にクロダイの呼び方)、メジナなどが狙えます。
小型のアジはフライや唐揚げ、南蛮漬け、クロダイは焼き物や煮付けにしてもいいでしょう。冬から春にかけて旬を迎えるメジナは、薄造りにするとポン酢とよく合います。また同じエリアでは投げ釣りでキスを、ゲーム性の高さが人気のエギング(餌木[えぎ]という主にクスノキを原料とするルアーを使った釣り方法。大型のイカを釣る際に用いられる)でコウイカなどを釣り上げることも可能です。佐賀県の漁港近辺ではルアーでスズキが狙えるポイントもあり、他にも投げ釣りでカレイ、フカセ釣りでセイゴ(小型のスズキ)をターゲットにした釣りも楽しめます。小型のスズキは焼き物や煮付けなどに、カレイは煮付けやムニエルのほか、塩焼きや唐揚げにしてもおいしい魚です。佐賀県の港の消波ブロック付近では、メバルやアコウ(キジハタ)などの根魚(ねうお)が掛かることもあります。夏場の魚ともいわれるアコウは、薄造りにするのももちろんいいですが、潮汁や兜煮にすると、その濃厚な旨味をより深く味わうことができます。佐賀県近海のターゲットは他にも、投げ釣りでハゼやメイタ、チヌなどが狙え、防波堤からはメバルが、サビキ釣りではアジなどが釣れることもあります。
メバルをターゲットにする場合は、シンプルな探り釣りやルアーを使ったワーム釣りで狙うのもいいでしょう。熊本県には、キャンプ場のキッチン付きキャビンを一棟丸ごと借りられるお礼品があります。海に面したキャンプ場では、敷地内のどこからでも釣りを楽しむことができます。近海でターゲットにできる魚には、キスやガラカブ(カサゴ)、メバル、チヌ(クロダイ)のほか、練り物製品の原料にもなるスズキ目のグチやトラハゼ(トラギス)などがあります。グチは塩焼きやごま油で焼いてもおいしく、釣りたてなら刺し身にしてもいいかもしれません。トラハゼは天ぷらでいただくのが定番ですが、煮付けにしてもおいしいでしょう。
こちらのお礼品では、自身で釣った魚をキャンプ場の宿に戻ってすぐに調理していただくことができます。キャンプ場ではバーベキューコンロの貸し出しもしているので、屋外で調理しながら食べる楽しみも味わってもらえます。
鹿児島県では、アカムツやヒラマサ、マダイ、オジサンのほか、アオリイカを釣ることも可能です。夏に旬を迎えるヒラマサを、ルアーやカゴ釣りで狙ってみてはいかがでしょうか。
ふるさと納税のお礼品で、他の地域では見かけることの少ない九州地方ならではの釣りをぜひお楽しみください。

北海道

北海道の大自然を背景に、ふるさと納税のお礼品で釣り体験はいかがでしょうか。
例えば、ガイド付きで渓流釣りの体験ができる宿泊パックがあります。宿泊施設周辺での渓流釣りのターゲットとなるのは、イワナやヤマメ、ニジマス、アメマスなどです。アメマスはサケ科イワナ属に分類され、サケのように川で産卵と孵化を経た後に海で成長し、再び川へ戻ってくるという生態が特徴の魚です。フライやムニエルなどで食べるとおいしいのですが、あまり広い地域で出回ることのない魚ですので、この機会に挑戦してみるのもいいかもしれません。また北海道には、手つかずの自然が多く残る河川で、本場カナダやアラスカばりの迫力のある本格的なサーモンフィッシングが楽しめるお礼品があります。サーモンのような大型のターゲットは、フライフィッシングをたしなむ多くのフライマンにとって憧れの存在ではないでしょうか。
北海道ならではのサケ(サーモン)の食べ方といえば、ちゃんちゃん焼きやルイベ(刺し身)が代表的なものでしょう。晩夏から冬にかけて釣れる秋鮭を使うことの多いちゃんちゃん焼きは、バターであらかじめソテーしておいたサケの切り身をキャベツやニンジン、玉ねぎなどの野菜と一緒に鉄板の上で豪快に焼き、味噌で味をつけた料理。ご家庭ではホットプレートやフライパンなどで手軽に楽しむことができます。
ちゃんちゃん焼きはサケの旨味が凝縮された野菜がおいしく、また見た目にも華やかな料理なので、自身の釣果(ちょうか)でおもてなしをするのにもピッタリです。
ルイベはアイヌ民族の間で古くから伝わってきた生食の方法で、柵にしてから2日以上冷凍したサケを、半解凍または完全に解凍した状態で刺し身として食べます。サケは体内に寄生虫を宿しやすいため、一度冷凍させてあたらないようにしてから食べるという先人の知恵が、地域の郷土料理として広まったものと見られています。先人の教えに従い、その地域に伝わる食べ方で味わってみるのも一案です。ふるさと納税のお礼品で、壮大な自然ならではのダイナミックな釣りを通じ、北海道の魚たちと格闘してみませんか。

ふるさと納税のお礼品にある釣り体験、または釣り場スポット周辺の宿泊チケットは、釣り経験が豊富な方はもちろん、釣りに挑戦してみたいという初心者の方にもお楽しみいただける内容がそろっています。全国各地を見渡しても、地域によって釣れるターゲットはさまざまで、船釣りに海釣り、渓流釣り、釣り場、釣堀と、レベルや目的によって釣り場所を選ぶことができます。ターゲットによってルアーや餌を変えたり、仕掛けの作り方を考えたりと、釣りにはいくつかのコツが必要ですが、ガイド付きのツアーなら釣りに詳しくなくてもアドバイスを受けながら挑戦することが可能です。また、釣った魚を食べることも釣りの楽しみのひとつですが、それぞれの地域で伝えられてきた調理法を試すと、その魚の魅力をより一層引き出すことができるかもしれません。
例えば北海道のサーモンフィッシングや渓流釣りは、大自然をバックに魚と格闘するという、この地域ならではのダイナミックさが存分に味わえるお礼品です。サーモン(サケ)は、刺し身にして凍らせたあとに解凍しながらいただくというルイベ、野菜と炒めて味噌で味付けをするちゃんちゃん焼きなど、北海道の郷土料理にピッタリ合います。
さらに関東地方をはじめ、全国的に釣りのターゲットとして人気の高いアジは、千葉県の郷土料理として知られる「なめろう」や「さんが焼き」でその魅力を味わっていただくことができます。なめろうは船の上で漁師たちが食べていた魚の調理法で、釣れたての新鮮な魚を薄切りにし、味噌やネギなどの薬味と一緒に細かく叩いて食べる料理です。このなめろうをアワビなどの貝殻に入れて焼いたのが、さんが焼きになります。漁師が山へ行くときに、アワビの殻に入ったなめろうを山小屋で焼いたことから山家(さんが)焼きと呼ばれるようになったようです。さんが焼きは、アジと並んで千葉県付近で釣れるイワシやサバなどを使ってもおいしくできますので、いろいろな魚でお試しになってみてはいかがでしょうか。
中部地方の船釣りのお礼品でターゲットとなるスズキ目ハタ科のモロコは、市場にほぼ出回らない希少性から珍しいとされています。皮と身の間のゼラチン質の食感と、淡泊で上品な味わいを持つのが特徴で、鍋ものや刺し身にしてその繊細なおいしさをご堪能いただけます。
近畿地方で狙えるタチウオは、塩焼きや天ぷらなどがおいしく、またフランス料理風にポワレ(フライパンで皮目を下に押さえつけながら、皮をカリッと身をふっくらと焼き上げる調理法)にしてもいいでしょう。釣り体験のお礼品を提案している和歌山県では、骨ごとすりつぶして作る地域名物の揚げ蒲鉾があるほど、この地域の方々にとってはタチウオは馴染みのある魚です。夏から秋にかけてがタチウオ釣りのシーズンですが、寒くなると大型を狙いやすくなると、釣りファンの間では人気のターゲットです。また、九州地方近海で釣れる小型のスズキ、セイゴなどの白身魚は、洋風にアクアパッツァ(魚介類を白ワインやオリーブオイル、トマトと一緒に煮込んだイタリア発の漁師料理)にしたり、南米流にセビチェ(薄造りにした白身魚を塩と柑橘類の果汁でしめ、唐辛子と紫玉ねぎを薬味にして食べるマリネ料理)にしたりしてもおいしくいただくことができます。夏に旬を迎えるスズキは、シーズン中なら薄切りにした身を氷水でしめた「洗い」にしてもいいでしょう。同じく九州地方で狙えるポイントの多いキスは、天ぷらやフライが定番ですが、新鮮なものは刺し身にしてもおいしくいただけます。肉厚で甘みの強さに特徴があり、寿司ダネとして流通するコウイカも九州地方近海で釣れますので、狙ってみてはいかがでしょうか。
キャッチ・アンド・リリースが基本のサーモンフィッシングはこの限りではありませんが、ふるさと納税のお礼品で体験できる釣りプランの多くは、釣った魚をお持ち帰りいただくことができます。
釣りがお好きな方はまだ挑戦したことのないターゲットを狙いに、釣り未経験の方は初挑戦に、それぞれふるさと納税のお礼品で釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ