認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 水特集

水特集

『ふるさと納税』のお礼品には、牛肉やお米、新鮮野菜、海鮮などの食品をイメージされている方が多いのではないでしょうか? そんな食品をよりおいしく食べるために欠かせないのが、安全でおいしい水。食材のおいしさを存分に堪能するために、調理にもおすすめできる各地のおいしいミネラルウォーターや天然水を集めました。

北海道

自然豊かな北海道の水はおいしいことで評判です。「平成の名水百選」に選ばれたうちの一つに、北海道の中央にそびえる最高峰の大雪山旭岳の湧水があります。大量に降り積もった雪が春の暖かさによって解け、少しずつ大地にしみこんで濾過され、天然水として恵みをもたらします。大地に徐々に溶け込むためミネラルも豊富に含まれます。
北海道の湧水や地下水がおいしいのは、他の地域とは異なる特異な堆積物と火山岩類で形成された地層がフィルターの役割を果たしているからです。
また、北海道にはブナの原生林が生い茂る島もあり、そこで蓄えられたミネラルウォーターも有名です。
お礼品の中には、ミネラルウォーターとその地域特産のラーメンやお米がセットになっているものもあります。調理する際に一緒に届いた水を使えば、さらにおいしく召し上がれるでしょう。

関東地方

関東地方で特に有名なのは、栃木県の「尚仁沢湧水」です。付近一帯を樹齢数百年にも及ぶブナの群生林に覆われた自然豊かな山の中で、十数カ所から湧き出る清らかな水です。この地で作られた農産物とセットにしたお礼品もご用意しています。
東京都内や東京都に隣接した地域でもまだまだ自然豊かな場所は残っています。雨水が長い時間をかけてゆっくりと地層に浸透する過程で、土壌がフィルターの役割を果たすとともにミネラル成分なども豊富に溶かされていきます。そうしてできた地下水を汲み上げたミネラルウォーターにも負けないおいしい天然水をご用意しました。
海に囲まれた自然豊かな房総半島からは、採水からボトリングまでのすべての工程を県内で行ったこだわりの水を産地直送します。100メートル以上の深井戸から採水した原水を磨きぬき、さらに房総沖の海洋深層水から作られたにがりを添加して、日本人が飲みやすいと言われている硬度50mgの軟水に調節した水です。

中部地方

中部地方は富士山や日本アルプスなど自然豊富で、環境省の「名水百選」でも多くの水が選ばれています。
富士山の麓には、富士山の地下水が湧き出た水が多く存在します。富士山は7層の玄武岩の層から成っているため、その層を通って湧き出る富士山の水は特にバナジウム濃度が高いと言われています。
また、長野県の北アルプスでは雪解け水が地層を通ってろ過され、名水として湧き出しています。北アルプスは、「花崗岩(かこうがん)」から成る山が多く連なっています。花崗岩は水溶性の成分が少ないため、この地層でろ過された湧水は鉄分・マンガン・カルシウムなどの含有量が少ない、まろやかな口当たりで飲みやすい軟水です。
各地のミネラル豊富な温泉の原水もボトリングしています。高アルカリ性で軟水のため、舌触りやのど越しのまろやかなおいしいお水です。

四国地方

グリーンランド沖で冷やされた海水は深層へもぐりこみ、南極を回って北上、太平洋で表層へ出て北大西洋に戻ってまた潜り込むという大循環が、片道2000年をかけて起こっています。光の届かない深層の水が表層へ湧き上がる場所は、全世界の海域で0.1%しか存在しないと言われており、高知県でその現象が起こっています。室戸岬の東側は、陸から急に水深が深くなり壁のようになっています。この壁に深層からの海流がぶつかり、蓄積されたミネラルを含んだ深層水が表層まで湧き上がります。陸や大気からの科学物質の汚染にさらされる機会が極めて少なく、細菌も少なく安全な水と言われています。そんな室戸岬沖で汲み上げた海洋深層水100%のなめらかなミネラルウォーターをご用意しました。
愛媛県と高知県との県境には、県立自然公園に指定された四国カルストがあります。四国カルストにたくさんある竪穴の底にたまった水が、鍾乳洞を伝って湧き出してきた水は、最低でも40~50年たまって無菌となっているため、非加熱で提供される自然のままの水です。

九州地方

九州地方は、火山地域特有の多くの水が湧き出しています。阿蘇カルデラ内でも特に有名なのが、「白川水源」です。毎分60トンと豊富な水が湧き出すのは、阿蘇の山々で蓄えられた雨水が、カルデラの地下を長距離に渡ってくぐった後に湧き出しているためと言われています。地下にしみこんだ水は土壌を通ってろ過され、微生物に分解されてきれいになります。さらに、長い年月をかけて地下を流れる過程で大量のミネラルが溶け込んでおり、他の名水と比べても硬度が高く飲みごたえのある水です。
また霧島連山では、長年の噴火によって堆積した地層にシリカが多く含まれており、雨水がその岩盤層にゆっくりとしみ込んでろ過され、湧き出た軟水は自然が育んだ天然水です。
他にも、「名水百選」に選ばれた「竹田湧水群」と、黒岳の原生林から湧き出す「男池湧水群」から採水した天然水や、日本では希少な硬水の温泉水、ホタルやヤマメや鮎が生息する自然豊かな地や、鞍岳(くらだけ)で採水したミネラルウォーターなど、九州地方にはさまざまな名水があります。

天然水は、文字通り原水をそのまま採水し、ろ過や加熱殺菌のみで不純物を取り除いただけの水です。それに対して、加熱以外の殺菌方法を行ったり、味を調えたり、ミネラル成分を後からに加えたりするなど、人工的に手が加わった水はミネラルウォーターと呼ばれています。ミネラルが含まれているかどうかは、両者の違いではありません。天然水にも自然のミネラルが含まれている場合が多いです。
ふるさと納税のお礼品では、天然水やミネラルウォーターを豊富にご用意しています。どれも各地のこだわり抜いた水で大変おいしいものですが、含まれるミネラルや、地層を通って湧き水になった方法も異なり、それぞれに特徴があります。硬度や自分のお好みから選んでみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ