認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 コーヒー特集

コーヒー特集

コーヒーは嗜好品のひとつではありますが、飲むのを習慣にしている方も多いと思います。今までに出合ったことのないコーヒーの魅力に出合えるのがふるさと納税のメリットです。お礼品を通して新しいコーヒーを発見し、奥深さを知ることができると思います。

東北地方

マイクロロースター(焙煎士)やスペシャルティコーヒーが熱い都市といえば、東北地方の仙台が有名です。仙台では毎年「Sendai Coffee Fes」が開かれ、東北地方や東京からスペシャルティコーヒーを扱うコーヒーショップが出店します。このイベントは仙台の春の風物詩にもなっています。
青森県では、湧き水を使った自家焙煎コーヒー「奥入瀬(おいらせ)珈琲」や、カフェインレスのコーヒーなど、様々な選択肢があります。ふるさと納税は遠く離れた地域でつくられるものを気軽に試せるメリットもふるさと納税の魅力です。

関東地方

流行が集まる東京を中心とする関東には豆を自家焙煎して売り出す個人のコーヒーショップがたくさんあります。とくに、その地域の名前をつけた自家焙煎コーヒーが多くみられます。茨城県の「つちうらコーヒー」や千葉県の「我孫子(あびこ)コーヒー」、埼玉県の「戸田ブランド」などです。それぞれこだわりの産地から豆を輸入し、店内で焙煎します。最高級のコーヒー豆といわれるブルーマウンテンを使ったもの、ハワイの有名コーヒーブランド「コナ」のブレンドなど、豆へのこだわりがあります。珍しいコーヒー豆を試してみたいという人は、戸田ブランドのとても貴重なコーヒー豆「ピーベリー」がおすすめです。
また、手軽に飲めるドリップバッグもおすすめです。パッケージを開けてお湯を注ぐだけでこだわりの自家焙煎が味わえますし、急な来客のおもてなしにも向いています。
夏の暑いときには水出しコーヒーや、アイスコーヒー用に焙煎した豆などもあります。
お礼品には季節ごとに味わう豆や焙煎を変え、その奥深さを楽しみながら、いつもより少し贅沢なコーヒーを味わってみてはいかがでしょうか。

中部地方

貴重なコーヒー豆を探している方は、山梨県のお礼品として用意されている「コピ・ルアック」というコーヒー豆が人気です。コピ・ルアックはインドネシアのジャコウネコの胃の中で熟成を進め採取した豆で、希少価値が非常に高いコーヒーとされています。また、日本を代表する山である富士山の名前をとった、山梨県の「富士山麓ぶれんど」は発送の前にコーヒー豆を焙煎するので、煎りたての豆を自宅で味わえます。焙煎するときには富士山の溶岩と一緒に豆を焙煎するというこだわりがある、珍しいコーヒーです。
家に豆を挽く道具がない場合はコーヒーミルと豆がセットになった豆と粉から選べる静岡県の「プティ・クラージュ」山梨県のお礼品がおすすめです。
コーヒーの種類がたくさんあって迷う方には、愛知県北名古屋市のお礼品になっているコーヒー豆3種セットがおすすめです。自家焙煎したスペシャルティコーヒーの中から味のバランスを考えて豆を詰め合わせているので、自宅で毎日違った味のコーヒーを楽しめます。

近畿地方

近畿地方お礼品では、珍しい焙煎方法や焙煎の深さを複数から選べるお礼品など、バラエティ豊かです。中でも濃縮されたボトル詰めのコーヒーやすぐに飲めるアイスコーヒーなどのお礼品が目立ちます。焙煎士による濃縮コーヒーやアイスコーヒーなどは、いつものコーヒーより特徴的な味を楽しみたいというときにぴったりです。
豆から本格的にコーヒーを淹れたいという人には、大阪府阪南市の焙煎所のブレンドの詰め合わせのほかに深煎り・中煎り・やや浅煎りなど細かく焙煎の深さが選べるので、より自分好みのコーヒーを味わえます。
ブレンドではなく個性的なコーヒーが好きだという人には、和歌山県のお礼品になっている「シングルオリジン」がおすすめです。通常はいくつかの豆をブレンドし、飲みやすい味に仕上げますが、シングルオリジンは豆を1種類だけで味わうので、その豆本来の味を楽しめます。特徴的なコーヒー豆やこだわりを持ってつくられたコーヒーを手に入れられるのも、ふるさと納税のお礼品ならではのメリットです。

中国地方

中国地方のふるさと納税では、コーヒーとその地域の銘菓がセットになったお礼品が多いです。鳥取県で親しまれている創業37年の「澤井珈琲」は。抹茶とチーズのタルト、クッキーなどのお菓子がセットになっています。同じく鳥取県の「ロイヤルコーヒー」には、3種類のオリジナルブレンドとモカにアーモンドクッキーと紅茶、カレーがセットになったおもしろい詰め合わせがあります。コーヒーと紅茶が入っているセットは珍しいので、どちらも一度に欲しい方にぴったりです。また、島根県雲南市の名物「金福だんご」とコーヒーがセットになったお礼品は、和と洋のコラボレーションが楽しめます。少し変わったお菓子がいいという人は、わさび味のクラッカーがセットになったお礼品いかかでしょうか。島根県では山陰地方の恵まれた気候を活かし、古くからわさびの栽培が盛んに行われています。わさびの爽やかな酸味と辛味は想像以上にコーヒーとの相性がいいので、ぜひ試してみてください。

四国地方

国産の炭や水を使ったお礼品を選ぶことで地産地消を促して生産者を応援し、地域活性化を助けることができます。高知県の四万十珈琲が焙煎・ブレンドする「土佐備長炭焙煎珈琲」では、手軽に炭火焙煎のコーヒーを楽しめるドリップパックとしてお礼品に採用されています。レギュラータイプと有機栽培にこだわったタイプ、またはミックスした詰め合わせが選べます。コーヒー豆にこだわりたい人には、スペシャルティコーヒーを扱っている「コーヒーショップTOP」のお礼品がおすすめです。農園単位で選ばれたコーヒー豆は個性がしっかりとありつつ、ブレンドすることで飲みやすく、コーヒー好きでも満足できる仕上がりになっています。浅煎りのブレンド豆に高知県産のしょうがを混ぜた、珍しいジンジャーコーヒーとのセットや、ドリップバッグの詰め合わせなどから選べます。焙煎度合いの違ったコーヒーを楽しみたい人は、愛媛県の「Loca-cafe(ロカカフェ)」のコーヒーがおすすめです。深煎り・中深煎り・中煎りと、気分によってコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

九州地方

豊かな食文化で知られる福岡県は、知る人ぞ知るコーヒーの街です。市内にはいくつもの焙煎所やコーヒースタンドがあり、福岡コーヒーフェスティバルやスペシャルティコーヒーの勉強会といったイベントが開かれるなど、コーヒーの街として注目されています。
九州のふるさと納税には有機栽培やフェアトレードのコーヒー豆も多くあるので、コーヒーの流通や栽培に関心がある人は、そのようなお礼品を選んでみてはいかがでしょうか。とくに珍しいのが、大分県と宮崎県のお礼品に採用されている、JAS認定のオーガニックコーヒーです。宮崎県の「豆蔵」のコーヒーは豆の挽き方が3種類用意されているので、ドリップやフレンチプレスなどお好みの抽出方法に合わせて選べます。大分県の「ヤカトコーヒー」では、有機栽培のコーヒーが手軽に味わえるようにドリップバッグになっています。また、カフェインが気になる人にぴったりのお礼品もいくつか種類があります。カフェインレスの水出しコーヒーもありますが、あまり知られていないハーブコーヒーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

コーヒーは現在、第三の流行の波(サードウェーブ)が来ているといわれるほど再び大きな注目が集まっている分野です。近年コーヒーの生産現場や流通事情などに着目したスペシャルティコーヒーが注目され、豆の生産者やコーヒーを淹れるバリスタなどの「つくり手」にフォーカスされるようにもなり、ハンドドリップやマイクロロースター(焙煎所)も注目されています。
高品質な豆が世界中で求められるようになり、生産から販売までが可視化される「トレーサビリティ」や、途上国の生産者や労働者に見合った対価を与える「フェアトレード」が重視されています。ふるさと納税を通してスペシャルティコーヒーやフェアトレードのコーヒーをお礼品として受け取れば、間接的に世界のコーヒー事情をサポートできます。それは同時に、日本国内で高品質なコーヒーを広めようと活動しているバリスタや焙煎士といった人たちを応援することにもなります。コーヒーの奥深さを知ることで嗜好品以上の価値を感じられるのではないでしょうか。ふるさと納税をきっかけに、コーヒーを通して各地域の魅力を知ってみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ