認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 甘酒特集

甘酒特集

自然由来の甘味があり、濃厚な味わいが楽しめる甘酒。甘酒は古来より親しまれ、現代においてもたくさんの人に愛されている飲み物です。ふるさと納税のお礼品の中には、各地で造られた甘酒が多数用意されています。各地のおいしい甘酒をこの機会に味わってみてはいかがでしょうか。

東北地方

東北地方では、おいしい甘酒がたくさん造られています。同じ東北の中でも、地域によって甘酒の味わいはさまざまなので、気になるものを選べば普段とは少し変わったおいしさを堪能できるでしょう。
たとえば、古代米を使用した珍しい甘酒のお礼品があります。古代米を玄米のまま使っており、一般的な甘酒に比べてコクが強いのが特徴です。
また、米と米麹を発酵させて造った甘酒があります。冷たいままでもおいしく飲めるため、季節を問わずお楽しみいただけます。
さらに、伝統的な甘酒もあります。昔ながらの製法で手間暇かけて造られており、素材本来のおいしさが楽しめる甘酒です。

関東地方

甘酒ゼリーのお礼品があります。甘酒をイメージし、職人が真心を込めて手作りしたゼリーです。程よい甘さに仕上げられているので、子供でも大人でもおいしくいただけます。
関東地方のお礼品として甘酒ゼリーを選んでみれば、これまでに食べたことのないような新しいおいしさに出会えるはずです。

中部地方

おいしいお米がたくさんとれる中部地方には、甘酒もたくさんそろっています。
たとえば、酒蔵が造った本格甘酒があります。地元の米農家が栽培した特別なコシヒカリを磨き上げることにより、麹の甘さを引き出した甘酒です。
また、米農家が丹精込めて造った甘酒があります。豊かな自然の中でこだわって造られたお米が使用されていて、自然由来の優しい甘味と米粒の食感が味わえる甘酒です。

近畿地方

近畿地方には、古くから親しまれてきたおいしい甘酒があります。
たとえば、「生の甘酒」とよばれる製品があります。保存料を添加せず、加熱処理も行っていない甘酒です。
他には、さまざまなフルーツの果汁で味つけした飲みやすい甘酒もあります。フレーバーがたくさんあり、白桃や柚子、生姜などさまざまな味がそろっているのが魅力的です。

四国地方

四国地方の自然の中で育った原料を使った甘酒をこの機会にぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。
たとえば、粉末タイプの珍しい甘酒が用意されています。生姜入りの甘酒なので、ホットで飲むと体を芯からしっかりと温めてくれることでしょう。粉末タイプなので、どんなときでも気軽に甘酒のおいしさを楽しめます。

九州地方

九州地方にもまたさまざまなタイプの甘酒がそろっています。
たとえば、いちごの品種「あまおう」をたっぷり配合したオリジナルの甘酒があります。甘酒そのものは昔ながらの製法で手作りされているので、いちごの自然な酸味と程よくマッチした味わいです。
他には、ノーマルタイプの甘酒に加え、玄米や抹茶を使用したセットがあります。
また、長崎県には牛乳と米麹のみを使用して作った珍しい甘酒もあります。

甘酒は古くから多くの日本人に愛されてきた飲み物です。ふるさと納税のお礼品としても、各地域のさまざまな甘酒が用意されています。地域によっては、独特の製法で造った珍しい甘酒を提供しているところもあるので、この機会にぜひ味わってみてはいかがでしょうか。お礼品として甘酒を選べば、こだわって造られたおいしさを堪能することができるでしょう。仮に甘酒が苦手だという方であっても、昔ながらの優しい味わいに仕上げられた甘酒ならおいしく飲める可能性が高いです。
甘酒の起源は、古墳時代にまでさかのぼるといわれています。朝鮮半島から渡来人がやってきたことにより、「一夜酒」の製法が伝えられ、これが現代の甘酒につながっています。一夜酒は米芽を糖化剤として蒸し、米を糖化して造るものでした。そして『日本書紀』には、甘酒により近い存在である「天甜酒(あまのたむざけ)」に関する記述が残っています。さらにその後、平安時代には貴族が甘酒を飲んでいたことがわかっています。このころ、飲まれていたのは冷やした甘酒でした。甘酒は温かい飲み物というイメージが強いかもしれませんが、古くは冷やして飲むのが主流でした。そして、室町時代には甘酒を販売する人もあらわれるようになります。当時は甘味料が少ない時代だったため、甘酒は大衆飲料として人気を博しました。さらに、江戸時代になると、甘酒を売る商売がさかんになりました。甘酒は夏の疲れた体を回復させるのによいとされ、庶民の間に広く普及していきます。このころ、夏になると暑さで体調を崩したり死亡したりする人が増えることが問題となっていました。そのため、幕府も甘酒を健康によい飲み物として奨励し、価格を上げすぎないようにとのお触れも出していたようです。「甘酒」という名称が実際に初めて使われたのは、慶長年間に作られた書物の中の記述です。江戸時代には、「甘酒」が夏の季語として親しまれるようになりました。
とはいえ、明治に入ると欧米の食生活が入ってきたことにより、甘酒の文化は衰退してしまいます。また、酒税法により、自分の家で自由にお酒を造ることができなくなったことで、甘酒が人々の生活から遠ざかるようになりました。近代になって甘酒の成分が改めて見直されるようになり、人気が回復してきています。スーパーマーケットやコンビニエンスストアでも甘酒を販売するところは多く、さまざまな商品の開発もさかんに行われています。
甘酒を造る方法は、麹を使用する方法と酒粕を使用する方法の2つに分かれます。麹を使用する方法においては、材料となる米麹を造るところから始まります。まず、玄米を精米し、米を磨く工程があります。麹の力をしっかり発揮させるためには、米をよく磨くことが重要です。そして、その米を水洗いしたら一晩水につけてよく吸わせます。翌朝、その米を高温で蒸し上げ、麹菌を振りかけます。甘酒を造る場などでは、温度や湿度を完全にコントロールすることができる自動製麹機などを使用し、約2日間かけて米麹を造ります。ここまでが終わると米麹の完成です。米麹ができたら、甘酒の仕込みに移ります。タンクに米麹と蒸した米、そして水を入れます。温度をおよそ55℃程度で保ちながら一晩置き、糖化発酵させます。翌朝になれば、おいしい甘酒が完成します。米麹を使用した甘酒はアルコール分が含まれていません。そのため、小さなお子さんや妊婦でも安心して飲むことができます。お礼品として用意されている甘酒の多くは、米麹から造ったものです。手間暇がかかる製法ですが、その分素材をしっかりと生かした本来の甘酒の味を堪能できます。
さらに、酒粕を使用する方法は、麹を使用するよりも簡単に甘酒を造ることができます。まず、酒粕を一晩水につけておき、水と酒粕を馴染ませます。翌朝、水と酒粕が混ざった液体を鍋に溶かし、砂糖や塩を加えて味を調整すれば、甘酒の完成です。家庭でも簡単に甘酒を造ることができる製法なので、多くの人に親しまれています。ただし、酒粕を使用した作り方ではアルコール分が残ってしまうため、お子さんやお酒が弱い方には適していません。加熱してしっかりとアルコール分を飛ばせば、そういった方でも飲むことができますが、少し手間がかかります。
一般的に、市販の甘酒にはアルコール分がほとんど含まれていません。そのため、現代において甘酒は清涼飲料水に分類されます。甘酒と見た目が似ている飲み物として「どぶろく」がありますが、どぶろくはアルコール飲料です。アルコール分が入っていないにもかかわらず、甘酒に「酒」の文字が入っているのはその製法に大きな関係があります。米麹を使用した甘酒の製法は、日本酒を造る工程の途中までと同じです。日本酒としてアルコール分が含まれる前に造るのを止めているといえばわかりやすいでしょう。こういったことから甘酒とよばれています。ただし、酒粕を使用した甘酒の場合、アルコール分が含まれている場合もあるので要注意です。お子さんに甘酒を飲ませるときは、製法やラベルの表示を確認したうえで与えるようにしたほうがよいでしょう。
甘酒はそのまま飲んでもおいしいですが、自分でいろいろとアレンジを加えるのもおすすめです。たとえば、甘酒と生姜を合わせて温めれば、冬の寒い時期でも体を温めて元気にすることができるでしょう。また、甘酒は豆乳を合わせてもおいしいです。濃厚な優しい味わいに仕上がります。さらにはちみつを入れれば、まろやかな風味を加えることも可能です。なお、お礼品の中にはもともと甘酒をおいしくアレンジしたものもあります。上手にアレンジできるかどうか心配な場合は、そういったものを選ぶとよいでしょう。甘酒の独特の風味があまり得意ではないという方でも、アレンジを加えた甘酒ならおいしく飲める場合も多いです。
また、甘酒は料理に入れたり、デザートに添えたりして活用することもできます。甘酒を使用することでいつもとは一味違ったおいしさを追加してみてはいかがでしょうか。甘酒の粒々とした舌触りがよいアクセントとなりますよ。お礼品の中には甘酒ゼリーなど、甘酒の風味を生かした加工品もあります。そういったものを選んでみれば、甘酒のアレンジや活用方法の幅を広げるきっかけとなるかもしれませんね。甘酒は、いろいろな食材と組み合わせることができるので、自分なりのアレンジを考えてみてはいかがでしょうか。
甘酒は古くから日本人に親しまれてきた飲み物ですが、食生活が欧米化するにつれて普段の生活から遠ざかるようになってしまった側面があります。しかし、甘酒はこのようにさまざまなアレンジが可能です。アレンジ方法によっては、洋風の飲み物として楽しむこともできるでしょう。甘酒は日本で独自に受け継がれてきた飲み物ですが、最近では海外からも注目を集めています。とはいえ、海外では簡単に甘酒を手に入れることはまだまだ難しいでしょう。このように考えると、甘酒は日本人だからこそ気軽に飲めるものと言えます。甘酒は日本人の元気を支えてきた飲み物でもあるので、ぜひ積極的に飲んでみましょう。甘酒の独特な風味が苦手だという人もいますが、慣れてくるとそれがおいしく感じられるようになってくる場合が多いです。甘酒を積極的に体にとり入れることで、これまで以上にパワフルな毎日を送れる可能性があります。甘酒は温めても冷やしても飲めるので、1年を通しておいしく飲むことができますよ。さまざまなアレンジ方法を組み合わせることで、他にはない自分だけのおいしい飲み方を探してみましょう。
お礼品として用意されている甘酒は、瓶に入っているもの、パック状のもの、粉末のものなど、いろいろなタイプがあります。瓶に入っているものなら、届いたらすぐにコップに注いで飲むことができます。パック状のものは冷凍されている場合もあり、シャーベットのような感覚で飲むことも可能です。なお、生の甘酒であればパック状になっているものがほとんどです。生の甘酒は酵素などがそのまま生きているので、よりしっかりと甘酒本来の栄養を体にとり入れることができます。また、粉末タイプであれば、ご自宅以外でも気軽に甘酒を持ち運ぶことができるので便利です。職場や旅行の滞在先でもお湯を準備すれば、好きなタイミングで甘酒を味わうことができます。甘酒を選ぶときは、こういった形状の違いに注目するのもひとつの方法です。
ふるさと納税のお礼品として甘酒を選べば、製法にこだわって造られたおいしい甘酒を堪能することができます。どれも地域の素材を知り尽くした地元の人によって造られているので、とびきりのおいしさに仕上げられているものばかりです。麹を寝かせる時間やちょっとした配合量の違いによっても、甘酒のおいしさは大きく変化します。普段飲んでいる甘酒と、微妙な味の違いを比べてみるのも楽しいですね。お礼品で好みに合う甘酒を見つけることができれば、その後は購入して飲める場合も多いです。お礼品でなければなかなか他の地域の甘酒を飲む機会はないのではないでしょうか。お礼品として甘酒を選べば、そういった方でも気軽に他の地域のおいしい甘酒を知るきっかけを得ることができます。ふるさと納税のお礼品として甘酒を選び、新たなおいしさに出会う機会を作ってみてはいかがでしょうか。きっと満足できる甘酒に出会えるでしょう。ふるさと納税のお礼品として甘酒を選び、特別なおいしさをぜひ堪能してみましょう。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ