認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 トマト特集

トマト特集

初夏から秋にかけて楽しむことができる「トマト」。一昔前までは旬の季節しか食べられなかったトマトですが、栽培技術が進歩した結果、今では年間を通しておいしいトマトが食卓に並びます。そのまま生で食べても美味、加熱しても美味、そんな魅力たっぷりのトマトを、ふるさと納税のお礼品の中、日本各地から集めました。

北海道

ヨーロッパでは有名なことわざがあり、「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるほど、トマトの栄養価は知られています。
そんなトマトの出荷量では、北海道は全国第2位に輝いています(※平成28年農林水産省 作物統計より)。北海道の広大かつ自然が豊かな環境のもとで育まれたトマトは、日本各地へと出荷され、日本国民から愛されている野菜と言っても過言ではないでしょう。
これだけ多くのトマトを栽培している北海道では、作られているトマトの品種も多く、糖度の高いトマト「フルーツトマト」もたくさん栽培されています。
フルーツトマトの広告などで「糖度〇度!」などの記載がありますが、実はフルーツトマトには「糖度何度以上がフルーツトマト」という明確な基準はありません。ちなみに、市販されているフルーツトマトの一般的な糖度としては、8度から10度が多く、通常のトマトであれば5度から6度が多いです。
また、参考までに他のフルーツの糖度はというと、いちごが8度から9度、スイカは9度から13度、メロンは13度から18度となっており、フルーツトマトの糖度はいちごやスイカに匹敵するほどの高さだということがわかります。
もちろん糖度の高いフルーツが甘いとは言い切れませんが、甘みの成分が高いという証明にはなります。
北海道のように広大な土地を有しトマト農家もたくさんあるエリアでは、ともに競合し切磋琢磨することにより、他県にも負けないおいしいトマトの栽培が可能となるのです。
トマト栽培が盛んに行われているため、品種も多く、トマトの種類によっては加工に向いているトマトや生食に向いているトマトなど、一言でトマトと言ってもその種類は膨大です。
知るほどに奥深いトマトですが、ふるさと納税では北海道で生産されているトマトをお礼品として受け取ることができます。
自宅にいながらにして北海道産トマトが味わえるのは、ふるさと納税ならではの魅力です。
なかなか北海道にはなじみがないという方も、ふるさと納税を通して北海道のトマトを味わってみてはいかがでしょうか?

関東地方

関東地方では、関東ローム層の水はけの良い上質な土地と温暖な気候に恵まれているため、良質なトマトが栽培されています。
これだけの良い環境が整っている関東地方ですが、実は農家の中ではトマトは主力農産物ではなく、裏作として栽培しているだけというところもありました。
しかし時代とともに、トマトにはたくさんの栄養が詰まっており、調理次第ではその可能性を無限に広げられるということが認知され始めると、農家においても徐々にトマト人気に火が付いていきました。
今では生育限界である冬以外でトマトを栽培している農家も多く、関東地方はトマトの生産量で全国上位を占めています。
これほどまでにトマト栽培に力を入れている関東地方だからこそ、栽培技術の向上やさらなる品種改良に余念がありません。積極的に最新技術を導入していくことにより、トマトの「味」「食感」「色合い」もより良いものへと進化していきます。
また、もっとも肝心な土壌の改良にも心血を注いでいます。
トマトだけではなく、おいしい野菜を栽培する上で欠かすことのできない肥料、特にトマトにおいては、その完成度が出来に大きく影響を与えます。
農家はこの肥料作りに関して、牛・豚・鶏など、さまざまに動物性飼料を変えて試行錯誤しながら作り上げています。
これほどまでに丹精込めて作られたトマトは、関東地方でしか味わえないみずみずしさと甘さを兼ね備えています。
ふるさと納税では、納税という形で地域貢献をしながら、そのお礼品として関東地方産のトマトを存分に味わうことができるのです。
トマトにはフルーツと同様にさまざまな品種があり、ひとつひとつで食感も甘さも異なります。関東地方のトマトを味比べしてみるのもよいかもしれません。

中部地方

本州の中心に位置する中部地方は、日本海に面している新潟県・富山県・石川県・福井県、太平洋に面している静岡県・愛知県、内陸部に位置する山梨県・長野県・岐阜県の総称です。
大きく3つに分けられるため、日本海に面する日本海側気候、太平洋に面する太平洋側気候、そして内陸部の中央高地式気候と、それぞれ寒暖が入り交じり、寒暖差によって高品質なものができるトマトにとっては恵まれた環境となっています。
トマトだけではなくフルーツにも言えることなのですが、寒暖差は甘くておいしいトマトを作る上で欠かせない条件のひとつです。
昼間の太陽の光が差している時間帯にトマトはたっぷりと光合成をして栄養を蓄えます。
そして、その栄養をもとに太陽が隠れている夜を過ごすのですが、この夜間に涼しい気候であると、トマトも積極的に活動をする必要がないため、最低限のエネルギー消費で済みます。
つまり、蓄えた栄養を外に出すことなく、内に蓄えておくことができるため、収穫した際にもおいしいトマトができあがります。
農家の方たちを含む作り手の努力だけではなく、自然の恩恵も受けて育まれるのが中部地方のトマトです。
ふるさと納税を通して地域貢献を行うことにより、そのお礼品として中部地方産のトマトが自宅へと届けられます。
中部地方でも地域によってはトマトの味や食感が異なるため、各地域のトマトを食してみるのは実に贅沢と言えるでしょう。この機会に中部地方のトマトを味わってみてはいかがでしょうか。

近畿地方

近畿地方では近年珍しい発表がなされました。
大学の研究チームがゼブラ柄のトマトの育成に成功したというのです。農家の方たちだけではなく、地元の大学なども参加してトマトの今後について考えて研究をすることにより、今までになかった新しいトマトが誕生しています。
これは近畿地方のみならず、日本各地でそういった活動が見られ、今後のも引き続き明るい未来が見えるようです。
品種改良を加えることにより、トマトの大きさや見た目だけではなく、味や栄養素にも変化をもたらせます。
今までに栽培されてきたトマトと比べると何倍も甘いトマトも誕生しているため、トマトは野菜のイメージを超えて、むしろフルーツだという認識へと変化してきました。つまり、料理においてお菓子の領域にもトマトが登場する機会が増えることを意味しています。
今後はあらゆるタイプのトマトが私たちの食卓に並ぶ可能性があるため、トマトについての知識を身につけておくのも良いかもしれません。
最近では、通常のトマトよりも糖度の高いフルーツトマトも誕生しており、トマトが「アイスクリーム」や「ゼリー」や「寒天」などでも登場するようになりました。
フルーツトマトを使用することにより、トマトが苦手な方や野菜が嫌いな子供でもおいしく食べられます。
ふるさと納税では、近畿地方になじみがないという方でも、地域貢献を通してお礼品としてトマトが自宅まで送られます。
近畿地方産のトマトには、甘くてジューシーなトマトがたくさんありますので、この機会にふるさと納税を活用してみてはいかがでしょうか。

四国地方

瀬戸内海に面した四国地方では、年間を通して温暖な気候に恵まれており、安定したトマト作りができます。
このように温暖な気候に恵まれた地域で栽培されているトマトもあれば、雪国のように寒冷地域で栽培されているトマトもあります。
栽培されているエリアの違いは、トマトが持つ「味」「食感」「甘み」などの個性の違いに表われます。
四国地方では、南国育ちと言っても良いくらいに太陽の光を浴びた健康的なトマトが多く、どれも「うま味」「甘み」「酸味」をバランスよく味わうことができます。
トマトは生で食べるのもおいしいですが、熱を加えるなどして、あえて酸味を強くしてもおいしくトマトを食べる上で欠かせない調理方法です。
トマトの酸味を生かした料理としては、トマトのスープやマリネなどが挙げられます。酸味の強いトマトをあえて使用することも多く、トマトの旬のシーズンには欠かせない料理です。
また、トマトは料理だけではなく、「日本酒」「焼酎」「ワイン」の原材料としても活躍しており、その独特な「味」や「香り」、さらにさわやかな「のどごし」はトマトでしか出せないものです。
甘みの強いトマトはフルーツとして、酸味の強いトマトは料理やアルコールの原料としてなど、さまざまな用途に使用できるトマトですが、適切に保存しておかないと鮮度が落ちてしまいます。他の野菜を早く成熟させてしまうエチレンガスを発生するため、トマトはビニール袋などに入れて保存するようにしましょう。
ふるさと納税を活用することにより、四国地方で栽培されているトマトを自宅で味わうことができます。
納税という形で地域貢献をしながら、そのお礼品としておいしいトマトが食べられるのはうれしい限りです。

九州地方

九州地方といえば、言わずと知れた「トマト大国」です。
トマトの生産量で第1位に輝いている熊本県を筆頭に、各県でもトマトの生産に力を入れています(※平成28年 農林水産省 作物統計より)。
九州地方には、ここでしか栽培できない希少なトマトが存在します。それはフルーツトマトの元祖とも言われている種類のトマトであり、塩分濃度の高い土壌で栽培されることにより、従来のトマトとはまた異なる独特な風味や香りを演出します。
もともとはあたり一面が海だった場所が今では農場となっているため、大地の恵みと海からの栄養が贅沢なまでに凝縮された土壌が形成されています。
このような塩分濃度の高い土壌で栽培されているトマトの特徴として、水分を吸収しにくいという性質があります。トマトにとってみずみずしさのもとである水分の吸収が抑えられるということは、マイナスではないかと思う方もいるかもしれませんが、実はフルーツのような甘みを作り出すためには必要な過程なのです。
水分が多すぎてしまうと甘みやうま味までもが水分に吸収されてしまうため、トマトができあがるころにはみずみずしさはあるものの、うま味や甘みは控えめなトマトが完成します。
しかし、塩分濃度の高い土壌で育まれたトマトは、プリッとした食感だけでなく、まるでフルーツのようなうま味とジューシーな甘みを兼ね備えています。
ふるさと納税を行うことにより、九州地方産のトマトをお礼品として受け取ることができます。
あまり九州地方に行く機会がないという方は、ぜひトマトの本場と言われる九州地方産のトマトをふるさと納税のお礼品で味わってみてはいかがでしょうか。今までに食べたことのないトマトの「食感」「甘み」を感じることができるにちがいありません。

ミニトマト

「プチトマト」の呼称でも親しまれているミニトマトですが、特にどちらが正しい呼び名ということもありません。小粒のトマトの総称として「ミニトマト」や「プチトマト」という名称が使われています。
では、名称以外でミニトマトとトマトの間に違いはあるのでしょうか?
実はトマトとミニトマトでは、大きさに違いがあるだけでなく、味にも違いがあるのです。
トマトの大きさと甘さには関係性があり、小粒になればなるほど甘みが増す傾向にあると言われています。
あくまで傾向ではありますが、普通の大きさのトマトの味とミニトマトの味を思い出してみると、「確かにそうかも」と思う部分もあるのではないでしょうか。
このミニトマトの高い糖度を生かして、いちごの代わりにショートケーキにトッピングされるなど、もはやスイーツの扱いを受けるまでになっています。
農家の方たちや地元住民の努力の結果、野菜としてだけではなく、デザートやフルーツ的感覚で食べられるまでに成長したミニトマトは、今では食卓に並ばない日はないと言っても過言ではないほど人気の野菜となりました。
数えきれないくらいの品種も誕生し、今後も新たなトマトやミニトマトが誕生することが期待されています。
ふるさと納税を活用することにより、地域への貢献ができるだけではなく、お礼品として日本各地のトマトやミニトマトをいただくことができます。
自宅にいながらにして、各地で特産品・名産品と呼ばれているトマトが味わえるのは、ふるさと納税ならではの楽しみと言えます。みなさんもこの機会に、いつもとは一味違ったトマトを食べてみてはどうでしょうか。

トマトジュース

みなさんはトマトを使った食べ物というと何を思い浮かべるでしょうか?
もっとも使用される頻度が高いと言えるサラダ、チーズとの相性も抜群なピザ、酸味の利いたラタトゥイユ、トマトのうま味を凝縮しソースにしたパスタなど、あらゆる食材にトマトが登場します。
その中でもトマトの特徴を最大限に引き出した食品といえば、「トマトジュース」が挙げられるでしょう。
トマトの成分として「リコピン」や「β-カロテン」が豊富に含まれていることは有名ですが、それらの栄養をしっかりと補給できるのがトマトジュースです。
もちろん種類によっては甘みを調整しており、トマトが苦手な方でも子供でも飲める工夫がなされています。最近の研究でもトマトの栄養価の高さは証明されており、さまざまな食品にトマトが登場するようになりました。
トマトをジュースという形で毎日の食生活に取り入れることにより、無理なくトマトを摂取することができ、同時に水分補給もできるため、まさに一石二鳥な食品と言えるでしょう。
ふるさと納税では、日本各地の「トマト」「トマトジュース」を扱っており、納税という形で地域貢献を行うことにより、そのお礼品としてトマトやトマトジュースをいただくことができます。
今までトマトジュースを飲んだことがないという方でも、きっと飲みやすいトマトジュースが見つかるはずです。
ふるさと納税を通して、日本各地で選りすぐりのトマトジュースを飲んでみませんか?

夏の野菜を代表する「トマト」。
今では栽培技術も進歩したため、夏や秋以外の季節でもトマトを味わうことができるようになりました。
また、科学技術の進歩の成果もあり、トマトの品種は世界的に見ても数千種類におよぶと言われています。
そんなトマトの歴史は古く、日本でのトマトの歴史は17世紀にまでさかのぼります。
オランダ人により日本へと伝わってきたトマトは、初めは今のように食用ではなく、そのかわいらしい見た目から観賞用の植物として人々から愛されていました。
その後、欧米諸国から食用としてトマトは日本へと輸入され始めたのですが、当時のトマトはにおいもきつく、日本人には敬遠される野菜でした。
しかし、19世紀末になると、アメリカから日本人でも食べやすい品種が輸入され始め、その味に感銘を受けた人々はトマトの栽培を本格的に始めました。
日本各地でトマトの栽培が行われると、急速に国内でもトマトの需要が高まり、一躍人気の野菜へと成長しました。
時を経てトマトは、生食としてサラダなどで提供され、ジュースやケチャップなどの加工食品としても提供されるようになりました。
そんなトマトの品種は数千種類におよびますが、3つに大別されます。
丸玉系
その名の通り、丸い玉の形をしたトマトのことをいいます。
果皮の色によりさらに赤色系統と桃色系統に分けられ、赤色系統は身がしっかりしており輸送や保存には適していますが、主に加工用として使用されることが多いです。
また、桃色系統は皮が薄く甘いことが特徴で、赤色系統とは異なり生食用として使用されることが多いです。
丸玉系のトマトは、私たちが普段よく目にするトマトの形をしています。
ファースト系
あまり聞きなれないファースト系ですが、実はビニールハウスなどで栽培されているトマトの大多数がこのファースト系だと言われています。
ファースト系の形状ですが、トマトの先端が少しとがっている特徴のある形をしています。
みずみずしさというよりは、プリッとした果肉であり、甘みが凝縮されたトマトが多いです。
最近では品種改良なども行われており、いわゆるファースト系を代表する先端のとがったトマトは見かけなくなりました。
見た目だけではなかなか判断できなくなってきたため、ファーストトマトという名称で販売されているかどうかで見分けましょう。
ミニトマト系
これはそのままミニトマトを指しています。
大きさでいうと2~3センチほどですが、種類によっては「大きさ」「うま味」「甘み」「形状」などが異なります。
中には「ミニトマトかな?」と思ってしまうような、見た目では判断できないミニトマトも存在します。
トマトには種類がたくさんあり、「甘み」や「酸味」の程度で調理の仕方も食べ方も異なります。
トマトの通な食べ方はいくつかありますが、トマトは採れたてほど鮮度が高く、もっとも「うま味」と「コク」が凝縮されています。採れたては少しだけ実がしっかりとしていて硬く感じることもありますが、甘みと酸味のバランスがちょうどよく、オリーブオイルをかける、または塩をふるなどして食べるのがおいしくいただく秘訣です。それから日が経つと熟してくるため実がやわらかくなります。食感の好みで食べるタイミングを変えてみるのも良いかもしれません。
また、変わり種ではありますが、「ドライトマト」もオススメです。これはトマトを乾燥させたものになりますが、市販ではなく自宅で作ることもできます。
オーブンで1時間ほど熱を加えることにより、手軽にできてしまう簡単な料理です。
乾燥させることで日持ちが良くなり、携帯しておやつ代わりに食べることもできます。
トマトの潜在能力は高く、「生食」「加工」どちらでもトマトの良さは失われません。
ふるさと納税では、日本各地の厳選されたトマトをお礼品として受け取ることができ、自宅にいながらにして全国のトマトを堪能できます。
トマトジュースやトマトソースなどの加工品から、トマトの食べ比べセットまで、あらゆるトマトのお礼品が用意されています。
ぜひこの機会にふるさと納税のお礼品をご活用ください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ