認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 饅頭特集

饅頭特集

好きな和菓子のひとつに「饅頭」を挙げる方も多いのではないでしょうか。しかし、単に饅頭といっても、しっとりしているもの、カリカリのもの、独自の餡を包んだものなど、味や食感も豊富で、まだまだ全国には知らない饅頭がたくさん存在しています。ぜひ、ふるさと納税を通して、日本各地の饅頭と出合ってみませんか。

北海道

肥沃な大地と環境に恵まれた北海道では、新鮮な農作物が収穫されています。饅頭の餡の中に野菜をたっぷりと練りこんだものも作られています。色が鮮やかで糖度が高い「えびすかぼちゃ」や北海道産のさつまいもをペースト状にして餡に練りこみ、生地で包んだ饅頭があります。
饅頭の中には、甘さがまろやかでしっとりとしたかぼちゃの餡がたっぷりと詰まっており、具材本来の濃厚な甘味と優しい食感を感じることができるため、小さなお子さんにも喜ばれる一品です。

東北地方

柔らかな蒸気でじっくりと蒸しあげる、独自の製法で作った饅頭は、しっとり、もちもちとした絶品の皮になります。
しっとりよりも、歯ごたえのある饅頭がお好みの方には、皮を油で揚げた饅頭がおすすめです。カリカリの香ばしい生地の中には、しっとりとした漉し餡(こしあん)が包まれています。
饅頭の中に入っているのは、普通の餡だけではありません。たとえば、そば粉を長いもととっくりいも(サイズは小さいが粘りの強いいも)で混ぜ、独自の食感と甘さに仕上げたものを包んだ饅頭もあります。
和洋菓子店で作られる饅頭は、和菓子店の饅頭とはまた違った饅頭を味わえます。
他には、イチジクの甘露煮を白餡と包んだ焼き饅頭などがあります。

関東地方

千葉県は落花生の生産が盛んで、落花生を使用した饅頭があります。
また、千葉県は、関東平野の良質な大豆や小麦、塩が入手しやすい場所だったため、醤油造りも発展しました。
甘じょっぱい醤油を生地に練りこんだ饅頭は、醤油の香ばしい香りがほのかに漂い、上品な餡の甘さと絶妙に調和しています。
ふっくらとした饅頭を串に刺し、甘辛い味噌だれを両面につけた「焼きまんじゅう」は、こんがりと香ばしい甘味噌の香りが口いっぱいに広がり、餡の入っていない素の饅頭を使っているため、県内の上質な小麦粉から作られた、ふかふかの食感を堪能できます。
他には、ブランドの足柄茶を生地の中に練りこんだ饅頭が作られています。饅頭自体がうぐいす色で、ほのかなお茶の風味を感じることができ、餡の小豆も控えめで落ち着いた味です。

中部地方

現在の石川県である加賀藩主の前田利家は、千利休の直弟子であったために、この地では茶湯文化がさかんとなり、庶民の生活にも和菓子の文化が広まりました。仏教文化とともに普及したため、法事などの重要な行事で和菓子が振る舞われることが多く、地域ごとに見た目にもこだわったさまざまな和菓子が作られました。
たとえば、フルーツや抹茶などの色とりどりの具材に「宝達葛(ほうだつくず)」を加え、和風ゼリーで包んだ「水饅頭」は見た目にも涼やかで美しい名産品です。
宝達葛は、石川県の厳しい寒さの中で育つ、450年の歴史を持つ伝統的な食材で、純度と品質の高さで知られています。
他には、味噌饅頭、しそ饅頭、玉子饅頭、田舎饅頭、うぐいす饅頭、温泉まんじゅうの6種類の温泉饅頭を、昔ながらの製法で作られた饅頭や、外はカリッと、中はもちっとした食感が病みつきになるかりんとう饅頭などがあります。

近畿地方

近畿地方では、今も昔ながらの優しい味のする饅頭が作られています。
たとえば、上質な自然薯に地元の伝統の醤油を練りこんだ生地で漉し餡を包んで蒸し揚げた饅頭は、醤油の香ばしい風味と餡の甘さが調和し、あっさりとした食べやすいおいしさです。
滑らかな漉し餡をパイ皮で包んだ焼き菓子である「パイ饅頭」は、まろやかな餡の和風なおいしさとサクサクとした洋風の食感を同時に楽しめます。
地域に伝わる「雪華姫」という伝説にちなんで作られた饅頭もあります。梅をすりこんだ甘酸っぱい餡を真っ白な餅で包んだことで、中にある薄ピンクの餡が外側から透けて見えます。白い粉を振りかけたまん丸のフォルムはまるで雪玉のよう。見た目にもかわいらしい饅頭です。
また、木曽川の注ぐ三重県では、昔から良質な海苔が作られ、伊勢神宮に奉納されるほどの品として発展してきました。そんな海苔をふんだんに使って、磯の香りを感じる饅頭も作られています。

中国地方

もみじの形をした「もみじ饅頭」は、厳島神社で有名な宮島が発祥の地で、景色の美しい観光地の「紅葉谷」にちなみ、もみじをかたどったカステラ生地の中に餡を入れた饅頭です。漉し餡以外にも、粒餡やクリーム、抹茶、フルーツ、チョコレートなど、沢山の味が揃っています。

四国地方

直径2cmほどと非常に小さいことが特徴の饅頭は、約200年の伝統があり、お茶菓子として広く親しまれてきました。水を使わずに、卵だけで練った軟らかな風合いの生地の中には、厳選された国産の小豆の餡が詰まっています。
また、鳴門金時を贅沢に使用した饅頭は、さつまいもの風味とほくほくとした食感を楽しむことができます。

九州地方

「千鳥饅頭」は、1630(寛永7)年創業の和菓子屋で作られている代表的な焼き饅頭として有名です。北海道産の厳選された豆をザラメで炊き上げ、米飴やはちみつを手ごねで混ぜた白餡で包みこみ、黄金色に焼き上げました。
また、「甘酒饅頭」は、皮の中に甘酒を使用しているため、もちもちふっくらとした食感が楽しめます。
「チーズ饅頭」も有名で、製造している専門店も多く、バリエーションも豊富です。

饅頭とは、小麦粉などを練って作った生地で餡子などの具材を包んだ和菓子のこと。栗饅頭のように外側をカリッと焼くものや、蒸してもっちりとした食感を楽しめるものなど、たくさんの種類があります。頬張れば、優しい甘味が口いっぱいに広がり、ほんのりとした懐かしい記憶に思いを馳せることができるお菓子です。
饅頭は、「万寿」とも書くように、吉事にふさわしい食べ物とされてきました。紅白饅頭として配られたり、地方によっては結婚式のおめでたい席で撒かれたり、引き出物に使われることもある、縁起のよい和菓子です。
また、落語や小噺の小道具としてもよく登場するように、昔から多くの人の間で親しまれる和菓子のひとつでもあります。
現在は、和菓子屋だけではなくスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどにも並んでいるため、好きな時に食べることのできる身近な存在となりました。
しかし、一口に饅頭といっても、材料や作り方、形状の違いによって数え切れないほどの種類が存在する奥の深い食べ物です。
たとえば、皮には「小麦粉」だけでなく、「米粉」「そば粉」「もち米」を使ったり、「葛」や「自然薯」「酒麹」を混ぜたりすることもあります。皮にどんな材料を使うかで、いろんな食感を楽しむことができます。
また、中に包む餡も、「漉し餡」か「粒餡」だけではなく、「うぐいす餡」に「栗餡」「抹茶餡」など、バリエーション豊富に用意されています。野菜などをペースト状にしてくるんだ饅頭もあります。
まだ砂糖が貴重だったころには、餡にすりおろした長いもなどの野菜を混ぜたおかずのような饅頭も作られていました。
素材だけではなく、調理方法もさまざまで、蒸すだけではなく、揚げたり、タレをつけて焼いたり、葛粉を用いて作った生地を水に浸した「水まんじゅう」もあります。
どの和菓子店でも、その地域の特色を生かし、工夫を凝らした独自の饅頭を考案しています。作る際に季節性やイベントを題材にしたり、地元の特産品を材料にして作ったりと、工夫が凝らされています。
その結果、各地で独自の変化を遂げたオリジナルの饅頭は多く、生産地と密接に関わり、その地に縁のある饅頭が作られてきました。
饅頭は、その地域を反映する食文化のひとつなのです。
時代や流行りにあわせて工夫を凝らした饅頭が作られてきたため、日本各地には、まだまだ私たちの知らない多くの饅頭が存在していることでしょう。
しかし、なぜ饅頭はこんなにもバリエーション豊富でメジャーな和菓子として全国に広まることができたのでしょうか。
饅頭が日本にやってきたのは鎌倉時代のことといわれています。当時の日本では仏教の発展に力を入れており、新仏教のひとつであった禅宗も、僧侶を宗(中国)に留学させ、仏教とともにさまざまな文化や習慣、思想を持ち帰りました。その際に饅頭などの和菓子(当時は中国の点心と考えられていた)も伝来したといわれています。
饅頭は、九州に上陸した後、禅宗の寺院を経て武家を中心に広まりました。しかし、当時はまだ和菓子というよりは「精進物」という形態をとっており、羹(あつもの)として汁をかけて食べるものだったようです。その後、次第に宗の思想を取り入れた「酒饅頭」や、小麦粉を丸めたものを蒸したピン(十字)の手法を取り入れて、京都や江戸を中心に全国に広まりました。各地でさまざまな変化を遂げた結果、現在のように餡を入れた甘い饅頭が完成したのは江戸時代前期になってからのようです。しかし、昔ながらの製法で作られる饅頭も残っており、現在も200年以上変わらない伝統の饅頭を食べることもできます。
饅頭は、粉を練って作った皮で餡を包むというシンプルな製法で作られる和菓子です。そのため、職人一人ひと人が自由な発想や工夫を盛り込むことができ、これまでにない饅頭が次々と生み出されているのです。饅頭は、日本人の創意性が現れた和菓子なのです。しかし、新しい饅頭が次々と生み出されてもなお、昔ながらの饅頭も変わらず普遍的に愛され続けています。
昔ながらの饅頭も決して古いというわけではなく、新しい饅頭のベースとなっているのです。そのため、作る人の数だけおいしい饅頭が生み出されているということができます。
長い歴史の中で少しずつ新しさを取り入れ、常においしいものとなってきた饅頭は、現在、「和菓子」という1つのジャンルを超えた存在になっています。
明治維新後、洋菓子が当たり前に食べられるようになった日本では、食卓の上で和菓子と洋菓子が共存するのが一般的な風景となりました。お菓子の世界でも、型にハマらない洋風和菓子が作られるようになっており、和菓子と洋菓子の境界が曖昧になりつつあります。洋風の要素をとりいれた饅頭も作られています。
新しい饅頭が食べられるのもうれしいことですが、定番の伝統的な饅頭の存在は、新しい饅頭を生み出すのに影響しています。季節や時代を敏感に表現する饅頭からは新しさを感じ、長い歴史の中で伝統をつないできた饅頭はホッと安らげる存在です。
饅頭は、懐かしさと長い歴史を感じさせながらも常に進化を続け、私たちの生活に潤いを与えてくれる和菓子です。
せひ、ふるさと納税を通して、今まで知らなかった全国各地の饅頭と出合ってみませんか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ