認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3.  > 
  4. 諸長 【平成29年産米】魚沼産コシヒカリ特別栽培米5kg

諸長 【平成29年産米】魚沼産コシヒカリ特別栽培米5kg       

新潟県魚沼市 寄付金額10,000円
お礼品ID:1034438
  • 諸長 【平成29年産米】魚沼産コシヒカリ特別栽培米5kg
  • 諸長 【平成29年産米】魚沼産コシヒカリ特別栽培米5kg
  • 諸長 【平成29年産米】魚沼産コシヒカリ特別栽培米5kg
  • 諸長 【平成29年産米】魚沼産コシヒカリ特別栽培米5kg

レビュー

  •   
  • (0人の評価)

ふるさと納税 お礼品レビュー投稿キャンペーン2018年5月度

甘くてもちもちとした食感!農薬と化学肥料の使用量を通常の5割以下で栽培された、魚沼産コシヒカリです。

魚沼地域は1000メートルを超す山々に囲まれた山間地です。昼夜の温度差が大きい山間部ならではの気候が、米の旨味となるデンプンの夜間消耗を抑えて食味の良いおいしいお米を育てます。
一般財団法人日本穀物検定協会の食味ランキングにおいては、高品質を示す特A評価を28年間獲得していました。独特の粘りと、噛みしめるほど口の中に広がる旨みと甘みがとても強いのが特徴です!
さらに、安心・安全への配慮から農薬と化学肥料の使用量を慣行栽培の5割以下におさえて栽培されたこだわりの魚沼産コシヒカリです。先人から受け継がれてきた米づくりの技と、作り手が種まきから収穫まで手間をかけ丹精に愛情と熱い思いを込めて育まれた逸品を是非お楽しみください。

■生産者の声
株式会社諸長は、2017年8月8日に新潟県内初となります精米HACCPの認証を取得いたしました。産地魚沼にある精米工場にて、魚沼コシヒカリを食べて育ち、魚沼コシヒカリを熟知した技術者達が、大型精米機で丹念に産地精米しております。精米の食品安全・品質管理・衛生管理・食品防御に真摯に取り組み、お米の美味しさに安心安全を添えてお届けいたします。

■内容量/原産地
魚沼産コシヒカリ特別栽培米5kg

■原材料
原料玄米/魚沼産コシヒカリ10割

■注意事項/その他
・お米の保存方法
精米は温度、湿度(水分)、においなどの影響を受けやすく、保存の期間、場所(状態)によって品質が変化します。ご家庭では密閉容器に移し替え、冷蔵庫での保存をお勧めします。入れられない場合は冷暗所で保存してください。
・保存容器について
容器は定期的に清掃してください。清掃不足は虫の発生原因になります。お米は使い切ってから、新しいお米を入れてください。
・水濡れ注意
お米は水分を吸収しやすく湿ったお米はカビや細菌が繁殖し変色の原因にもなります。
・ひび割れ注意
天日や風にさらすと水分が蒸発し、お米がひび割れます。また、炊き上がりがダンゴ状になることがあります。
・移り香注意
お米はにおいが付きやすいので洗剤、芳香剤、灯油などのにおいの強いものの側には置かないでください。
・ご飯の保存方法
ご飯を炊飯器で長時間保温すると、黄ばみやにおいが出たり味が落ちることがあります。一度で食べ切れる量を目安に炊飯しましょう。残ったご飯の保存には冷凍保存をお勧めします。
※画像はイメージです。

【さとふるからのワンポイント・アドバイス】
※お届け後は、なるべくお早めに召し上がりください。(おいしく召し上がれる目安は室温で精米年月日より1~2ヵ月程度です。)
※品質に問題があった場合、お礼品到着後1週間を目処にサポートセンターまでご連絡ください。

このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

賞味期限 1ヶ月
発送時期
2018-03-22~
カテゴリ
申込受付期間 通年
提供元 諸長
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度
   

豊富な決済方法

このカテゴリに関連するお礼品

新潟県魚沼市のご紹介

ようこそ魚沼市へ!

魚沼市は新潟県の南東部に位置し、冬は3mを越す積雪がある日本でも有数の豪雪地帯です。

四季折々の自然の恵みが、自慢の「魚沼産コシヒカリ」や芳醇な香りと味のふくらみのある「地酒」、清流魚野川の「天然鮎」など、良質で魅力的な食材を生み出してきました。

機会がありましたら魚沼市にお越しいただき、自然を体験し、出湯に浸かり「魚沼の食」、「魚沼の自然」をご堪能ください。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

ページ上部へ