認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 豆腐特集

豆腐特集

昔から日本各地で作られてきた豆腐。豆腐は日本人の食文化にとってなくてはならないものです。木綿や絹ごしなど製法によってその食感はさまざまです。ふるさと納税のお礼品にも、各地の特色が表れたおいしい豆腐がたくさんあります。普段はなかなか食べられない独自のおいしさをこの機会に味わってみてはいかがでしょうか。

東北地方

豊かな自然が広がる東北地方。東北地方は、全国的にみても大豆の作付面積の大きい県が多く、例えば、宮城県や秋田県の大豆の栽培面積は北海道に次ぐ広さです(※農林水産省都道府県別生産状況より)。そんな東北地方にはおいしい豆腐もたくさんあり、お礼品にも各地の自慢の豆腐が多数用意されています。
例えば宮崎県産の大豆品種ミヤギシロメや秘伝大豆を使用した豆腐のは、蔵王の雪解け水を使用し、さまざまな賞を受賞している豆腐です。製法にもこだわりがあり、一般的な豆腐よりも濃度の高い豆乳から作られています。
また、豆腐と薬味がセットになったお礼品もあり、青大豆や白大豆などを使った、昔ながらのおいしい手作り豆腐です。
その他、自分で豆腐作りのできるキットがあります。木製の豆乳絞り器と大豆など、豆腐作りに必要なものが一式セットとなっています。大豆のうま味がしっかり感じられる東北地方の豆腐を、お礼品として選んではいかがでしょうか。

中部地方

中部地方にもおいしい豆腐がたくさんあります。中部地方では日本を代表する山々に源を発するきれいな水を使用することができるため、おいしい豆腐が多く作られているのです。
例えば、中央アルプスの麓の水を使用して作られた豆腐があります。何世代にもわたって受け継がれてきた伝統の製法で作られ、大豆の甘みを感じることのできる一品です。
また、富士山の伏流水を使用した豆腐のお礼品があり、水や大豆へのこだわりはもちろん、容器にもおいしさを保つためのこだわりが徹底されています。
中部地方で昔から親しまれてきたおいしさを味わってみませんか。

近畿地方

日本で初めて豆腐が食べられるようになったのも近畿地方と言われています。豆腐は、奈良時代の遣唐使などによって中国から伝えられました。当時は、豆腐は主に寺院の僧侶らが食べていたそうです。そういった背景からも分かるように、近畿地方には地域伝統の豆腐がたくさんあります。
例えば、弘法大師空海の御膳にも並んだといわれている伝統的なごま豆腐があります。化学的な添加物を使用しておらず、上品なごまの風味が楽しめる豆腐です。そのまま食べても美味しく、味噌汁などの具としても使用できます。また、黒蜜やきな粉をかけてデザートのような食べ方をすることもできます。高級感のある貴重な味をご家庭で味わってみませんか。
また、高野豆腐の詰め合わせがあります。高野豆腐は、豆腐を凍らせたのち乾燥させて作ります。豆腐をそのまま保存するよりも長持ちするので、昔から保存食として利用されてきました。また、栄養が凝縮されているので、料理に積極的に取り入れたい食品です。高野豆腐のほか、凍りこんにゃくもセットになっているので、いつもとは異なる趣きの料理が楽しめるでしょう。
近畿地方の歴史を秘めた豆腐のおいしさを味わってみてはいかがでしょうか。

九州地方

九州地方のお礼品には、工夫が凝らされた豆腐がたくさんあります。地域のおいしい素材を合わせて作られた豆腐には珍しいものも多くあります。
例えば、味噌に漬けてじっくり発酵させた味噌漬け豆腐があります。チーズやうにを思わせるなめらかな味わいで、クセになるおいしさです。プレーンのほか、唐辛子・生姜・柚子味などがセットになっていて、さまざまな風味を楽しむことができます。
また、ざる豆腐も魅力的です。九州でとれた大豆を使用して作られたシンプルな豆腐です。水にさらさないのが特徴で、固まりきる前に汲み上げてざるにのせておくことにより水分が抜け、うまみがとじ込められます。
地域の方の豆腐に対する思い入れが感じられる、さまざまな味わいの豆腐がそろっています。

木綿豆腐

木綿豆腐は適度な硬さがあり、しっかりとした大豆の濃厚さを味わうことができる豆腐です。木綿豆腐を作る工程は、まず豆乳に凝固剤を加えて固めます。その後一度それを崩し、圧をかけて水分を抜きながら再び固めることで木綿豆腐は完成するのです。そのため、木綿豆腐はかたちが崩れにくく、炒めたり煮たりなどの加熱する料理に適しています。木綿豆腐は植物性の食品ながら、食べごたえのあるのが魅力で、メインのおかずにもなるため重宝します。各地には、それぞれにこだわりが詰まったおいしい木綿豆腐がたくさんあります。
お礼品の中には、木綿豆腐とともに厚揚げや湯葉、生芋こんにゃくなどさまざまな食品がセットになったものがあります。たくさんの食品が入っているため、さまざまなおいしさを存分に味わうことができるでしょう。
どれも地域のこだわりが詰まったおいしいものばかりです。

絹ごし豆腐

絹ごし豆腐はやわらかい食感が特徴的で、舌触りもとてもきめ細かくなめらかです。こういった味わいは、絹ごし豆腐ならではの製法から生まれます。絹ごし豆腐は、木綿豆腐に使用するよりも濃厚な豆乳に凝固剤を加え、そのまま固めて作る豆腐です。
絹ごし豆腐では、木綿豆腐のように押し固める工程がないため、プリンのようなやわらかさが得られます。やわらかさが魅力の絹ごし豆腐は、食感を生かすためにそのまま食べることが多いでしょう。また、優しく加熱するなら調理することもできるので、鍋ものの具材としても欠かせない食品となっています。

豆腐は昔から日本人にとって身近な食べ物として親しまれてきました。地域ごとに独自の製法で作られるなど、地元に根付いた食品となっています。原料の大豆のコクやまろやかさを生かした、さっぱりとした味わいで、さまざまにアレンジして調理することができるため、子どもから大人までおいしく食べることができる食品といえます。お礼品として用意されている豆腐は、量が多めでボリューム感のあるものが多いため、家族で食べてもそれぞれがしっかり豆腐のおいしさを満喫することができるでしょう。
豆腐の起源はとても古く、長い歴史を持っています。豆腐という食べ物が生まれたのは、紀元前2世紀の中国とされています。中国の書物に、豆腐は漢の時代に作られはじめたという趣旨の記載があるのが、その根拠となっていますが、豆腐が生まれたのは唐の時代になってからのことだという説もあります。それは、豆腐についての記述がある文献は、唐の時代になるまでこれ一つしかないというのが理由です。実際のところは定かではありませんが、少なくとも唐の時代に豆腐が作られていたことは確かです。
日本に豆腐が伝わったのもこの頃で、当時の日本は奈良時代でした。正確な記録があるわけではありませんが、中国に派遣された遣唐使によって豆腐が日本に伝えられたとされています。豆腐は初めのうちは寺院の僧侶たちの間だけで食べられていました。しかし、時代が進むにつれて少しずつ貴族や武士の間でも食べられるようになっていきます。そして室町時代ごろになると、豆腐は全国的に広まっていたようです。ただし、この時点でも豆腐を食べていたのは上流階級が中心でした。庶民が豆腐を食べるようになったのは、江戸時代になってからだといわれています。豆腐の料理本も出版されており、豆腐文化が浸透していたことがよく分かります。このようにして日本人の食文化に深く根付いてきた豆腐は、現在でも和食に欠かせない食品として親しまれています。
一口に豆腐といっても、作り方や性質によっていくつもの種類があります。もっとも一般的といえる木綿豆腐は、豆乳を凝固剤で固めたあと、崩してから型に入れて圧縮し、改めてかたちを整えています。木綿豆腐という名前は、豆腐を固める際に木綿の布を使うため、豆腐に布の跡がつくことがその由来です。押し固めることによって水分を抜いているので、硬めの食感になっています。そのまま食べるもよし、アレンジしてもよしの豆腐なので、いろいろな料理として楽しむことが可能です。例えば、木綿豆腐の冷ややっこは食べごたえがあってとてもおいしいし、つぶして和え物にすることもできます。また、木綿豆腐は火を通す料理にも向いているので、炒め物の具材にしたり、豆腐ステーキとして表面を焼いたりしてもよいでしょう。火を通すと少しやわらかくなるので、調理方法によって食感の違いを楽しめるのも魅力です。
そして、やわらかさが特徴の絹ごし豆腐も根強い人気があります。絹ごし豆腐は濃いめの豆乳を使用し、凝固剤で固めるという製法で作られています。絹ごし豆腐がプルンとしたやわらかい食感に仕上がっているのは、木綿豆腐のような押し固める工程がないためです。木綿豆腐に比べて絹ごし豆腐は、水分量がとても多くなっています。絹ごし豆腐は、絹のようになめらかなことから名付けられました。木綿豆腐の名前は製造過程で使用する木綿に由来していることから、絹ごし豆腐も絹を使用していると思われがちですが、そういうわけではありません。
そのほかに、おぼろ豆腐や寄せ豆腐があります。これらは豆乳に凝固剤と苦汁(にがり)を入れたあと撹拌(かくはん)することで、固形分と水分が分離しないようにして固めた豆腐で、木綿豆腐や絹ごし豆腐のように水にさらさず、そのまますくって容器に入れます。おぼろ豆腐の「おぼろ」は豆腐のおぼろげな印象からつけられたもの。寄せ豆腐の「寄せ」は、豆乳に苦汁を入れたあとの作業工程のことをさしています。おぼろ豆腐と寄せ豆腐は基本的には同じ製法ですが、おぼろ豆腐のほうが固める時間がやや短いためやわらかめです。どちらもやわらかくて大豆のうまみがしっかり感じられる豆腐なので、素材の味を生かすために、少し温めて醤油やポン酢などをかけたシンプルな食べ方をするのが一般的です。
近年できた豆腐の種類に充填(じゅうてん)豆腐というのがあります。充填豆腐は、濃い豆乳に凝固剤を入れたあと、それを容器に流し込んで密封します。そのあとで加熱したのち冷却すると豆腐が完成します。密封したうえで加熱しながら豆腐を固めるため、とても衛生的な製法だといえます。保存がきくため、とても便利な豆腐の作り方です。絹ごし豆腐に似た製法であるため、やわらかくてなめらかな味わいを楽しむことができ、「充填絹ごし豆腐」と呼ばれることもあります。充填豆腐は機械によって作られる、比較的新しい製法の豆腐です。
豆腐にはこのようにさまざまな種類があります。それぞれの製法によって食感が異なるため、料理に合わせて効果的な使い方をすることができれば、よりおいしい食事を楽しむことができるでしょう。
豆腐を使った料理にはいろいろなものがありますが、それぞれの土地にも、豆腐を使った伝統的な郷土料理があることはご存じでしょうか。例えば、秋田県には「豆腐カステラ」というお菓子があります。ゆでた豆腐を裏ごしし、卵白や砂糖、片栗粉などを加えて、45分ほどかけて弱火でじっくり焼き上げます。昔からお茶うけなどとして親しまれてきた郷土の味です。
京都府には、豆腐を丸ごと使用した「うずみ豆腐」というご飯の食べ方があります。温めた豆腐を白みそで仕立てた汁の中に入れ、その上にご飯を盛りつけます。からしや三つ葉などを添えて食べることが多く、シンプルながらもしっかり栄養がとれるので、寒い日に手軽に食べるにはぴったりの食事ではないでしょうか。
鳥取県には「どんどろけ飯」という豆腐入りの炊き込みご飯のレシピがあります。最初に、豆腐とともに人参やゴボウ、ねぎなどの野菜を炒めて醤油で味付けをしておき、その具材を米と一緒に炊き上げると、どんどろけ飯の完成です。「どんどろけ」とは鳥取の方言で「雷」を意味し、豆腐や野菜を炒める際の音に由来しています。
香川県には「まんばのけんちゃん」という変わった名前の炒め物があります。「まんば」は高菜の一種とされる野菜のことで、「けんちゃん」はけんちん汁などでおなじみのけんちんのこと。あくを抜いたまんばと豆腐を炒め、調味料で味付けをしたお惣菜で、野菜が少ない冬場によく食べられています。
宮崎県には「がね」という名の豆腐を使用した天ぷらがあります。がねはさつまいもの天ぷらのことで、天ぷらの衣に木綿豆腐をつぶして混ぜるのが特徴です。衣に豆腐を混ぜることにより、冷めてもやわらかくておいしいままの状態を保つことができます。人参やゴボウなどを加えてかき揚げにするなど、さまざまなアレンジを加えて作られています。
沖縄県には、全国的にも有名な「チャンプルー」があります。ゴーヤなどの野菜とともに肉と卵、豆腐などを合わせて炒めたものです。硬めの豆腐を用いるのがポイントで、沖縄では特産の島豆腐を使用しています。ゴーヤの苦味が豆腐のやさしい味わいとマッチして、絶妙なおいしさの郷土料理です。
このように土地ごとに特色のある豆腐料理は、どれも地域の人々の食生活を支える重要なメニューとして大切にされてきました。各地のおいしい豆腐が手に入ったら、こういったその土地ならではの郷土料理を作って食べてみるのも一興です。その土地で作られた豆腐を使えば、地元で食べられているそのままのおいしさを再現することができるでしょう。
同じ木綿豆腐や絹ごし豆腐であっても、それぞれの原料となる大豆などの違いや、職人のちょっとした加減によっても味わいは大きく変わってきます。まして遠く離れた土地の豆腐なら、普段食べている豆腐との違いがはっきりと感じられるものが多いので、いろいろな料理に使って新しい味を楽しむことができそうです。
ふるさと納税のお礼品には、それぞれの地域特有のおいしさが詰まった豆腐が多数そろっていて、硬さや舌触りといった食感、大豆の風味など、さまざまな違いを感じとることができます。豆腐は定番の食品なので、普段は何気なく食べていることが多いかもしれませんが、ふるさと納税のお礼品として豆腐を選べば、いつもはあまり気にとめていなかった豆腐のおいしさを発見できるでしょう。違いが感じられれば、その豆腐だけでなく普段なにげなく食べている豆腐の特徴にも改めて気付くかもしれません。お礼品として豆腐を選べば、そういった新しい感覚で普段の食事を見直すことができるでしょう。
また、お礼品の中には調理済みのものや、豆腐につけて食べるための薬味などがついているものもあります。自分でうまく豆腐を料理するのが難しいと感じる方でも、こういったものなら手軽においしく豆腐を楽しむことができます。いつもとは違った料理が並んでいると、食卓が一気に華やかになります。お礼品の豆腐は複数個がセットになっているものが多いので、家族みんなで食べても豆腐料理を存分に楽しむことができるでしょう。豆腐は食事だけでなくお酒のさかなとして楽しむこともできるので、飽きることなくおいしく食べ切ることができます。ふるさと納税のお礼品の中から豆腐を選び、こだわりの詰まった大豆のおいしさを味わってみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ