認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 豆腐特集

豆腐特集

昔から日本各地で作られてきた豆腐。豆腐は日本人の食文化にとってなくてはならないものです。木綿や絹ごしなど製法によってその食感はさまざまです。ふるさと納税のお礼品にも、各地の特色が表れたおいしい豆腐がたくさんあります。普段はなかなか食べられない独自のおいしさをこの機会に味わってみてはいかがでしょうか。

東北地方

宮城県からは、県産の大豆品種ミヤギシロメや秘伝大豆を使用した木綿豆腐、絹ごし豆腐、湯葉や豆乳などの詰め合わせが届きます。製法にこだわり、一般的な豆腐よりも濃度の高い豆乳から作られています。
福島県の豆腐と薬味がセットになったお礼品もあります。青大豆や白大豆などを使った、昔ながらのおいしい手作り豆腐です。ごま豆腐もついてくるので、普通の豆腐とは一味違った味わいを楽しむことができます。
山形県のお礼品には、自分で豆腐作りができるキットがあります。木製の豆乳絞り器と大豆など、豆腐作りに必要なものが一式揃います。大豆は地域で栽培されたこだわりの味が楽しめるものなので、おいしい豆腐が出来上がります。

中部地方

長野県のお礼品には、中央アルプスの麓の水を使用して作られた豆腐があります。何世代にもわたって受け継がれてきた伝統の製法で作られ、大豆の甘みを感じることのできる一品です。木綿豆腐とともにおぼろ豆腐やごま豆腐がセットになっています。
静岡県には富士山の伏流水を使用した豆腐のお礼品があり、水や大豆へのこだわりはもちろん、容器にもおいしさを保つためのこだわりが徹底されているのがポイントです。特別に作られた容器に入っているので空気や光を完全に遮断することができ、一般的な豆腐に比べてかなり長期間の保存が可能になっています。地域で食べられているおいしさをそのまま味わうことができるうれしいお礼品です。

近畿地方

日本で初めて豆腐が食べられるようになったのは近畿地方です。
和歌山県のお礼品には、弘法大師空海の御膳にも並んだといわれている伝統的なごま豆腐があります。化学的な添加物を使用しておらず、上品なごまの風味が楽しめる豆腐です。そのまま食べても美味しく、味噌汁などの具としても使用できます。また、黒蜜やきな粉をかけてデザートのような食べ方をすることもできる万能の豆腐です。
兵庫県には、高野豆腐の詰め合わせのお礼品があります。高野豆腐は、豆腐を凍らせたのち乾燥させて作ります。豆腐をそのまま保存するよりも長持ちするので、昔から保存食として利用されてきました。また、栄養が凝縮されているので、料理に積極的に取り入れたい食品です。高野豆腐のほか、凍りこんにゃくもセットになっています。

九州地方

福岡県や熊本県のお礼品には、味噌に漬けてじっくり発酵させた味噌漬け豆腐があります。チーズやうにを思わせるなめらかな味わいで、クセになるおいしさです。プレーンのほか、唐辛子・生姜・柚子味などがセットになっていて、さまざまな風味を楽しむことができます。
佐賀県のお礼品のざる豆腐は、九州でとれた大豆を使用して作られたシンプルな豆腐です。水にさらさないのが特徴で、固まりきる前に汲み上げてざるにのせておくことにより水分が抜け、うまみがとじ込められます。味付けのオリーブオイルがよく合います。

木綿豆腐

木綿豆腐は適度な硬さがあり、しっかりとした大豆の濃厚さを味わうことができる豆腐で、かたちが崩れにくく、炒めたり煮たりなどの加熱する料理に適しています。
豆腐や油揚げ・豆乳など大豆製品を詰め合わせたお礼品もいろいろありますが、豆腐の中でも代表的な木綿豆腐は、メインの豆腐としてセットに入っていることが多いので、木綿豆腐が好みだが単品では物足りないという方は、他の食品との詰め合わせを選ぶと良いでしょう。

絹ごし豆腐

絹ごし豆腐はやわらかい食感が特徴的で、舌触りもとてもきめ細かくなめらかです。
やわらかさが魅力の絹ごし豆腐は、食感を生かすためにそのまま食べることが多いでしょう。また、優しく加熱するなら調理することもできるので、鍋ものの具材としても欠かせない食品となっています。
絹ごし豆腐のお礼品としては、作り立てのおいしさを楽しむことができる特別製のパックに入ったものがあります。出来上がったときの品質をそのままに長期保存できるため、必要なときにいつでも新鮮な絹ごし豆腐を食べることが可能です。

豆腐は昔から日本人にとって身近な食べ物として親しまれてきました。地域ごとに独自の製法で作られるなど、地元に根付いた食品となっています。原料の大豆のコクやまろやかさを生かした、さっぱりとした味わいで、さまざまにアレンジして調理することができるため、子どもから大人までおいしく食べることができる食品といえます。お礼品として用意されている豆腐は、量が多めでボリューム感のあるものが多いため、家族で食べてもそれぞれがしっかり豆腐のおいしさを満喫することができるでしょう。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ