認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. おすすめ特集  > 
  3. 惣菜特集  > 
  4. かまぼこ・さつまあげ特集

ふるさと納税 かまぼこ・さつまあげ特集

かまぼこ・さつまあげ特集

海の幸の魅力をぎゅっと凝縮したかまぼこ・さつまあげをふるさと納税のお礼品に選んでみるのはいかがでしょうか?

北海道

北海道では多くの魚介類が水揚げされており、それらを加工した食品も多い地域です。実は、かまぼこの歴史の中で北海道は重要な位置づけとなっています。北海道はかまぼこ生産が盛んで、道内には練り物専門店がたくさん存在しています。多種多様な魚介類が採れる北海道では、かまぼこの種類も豊富です。なお、関東で「さつまあげ」と呼ばれるものの多くも、北海道では「かまぼこ」と呼ばれることが多いようです。

東北地方

東北地方から歴史がスタートした「笹かまぼこ」はいかがでしょうか。今でこそ全国どこでも食べられる笹かまぼこですが、このルーツは東北地方にあります。宮城県の仙台で笹かまぼこが発祥し、今でも笹かまぼこは仙台の名産品として有名です。笹かまぼこというのは、元々は豊漁で魚がとれすぎたときに余った魚をすり身にして伸ばし、串に刺して成形して焼いたのが始まりといわれています。細長いそのフォルムが笹の葉に似ていることから笹かまぼこと名付けられたと言い伝えられています。

関東地方

関東には「かまぼこの里」ともいわれている名所があり、神奈川県の「小田原蒲鉾」も全国的に有名です。実はかまぼこにはさまざまな種類があり、板についたかまぼこだけでなく、笹かまぼこや伊達巻き、焼きちくわ、なると巻き、つみれ、はんぺん、揚げかまぼこなども全て総称して「かまぼこ」と呼ばれます。一方で「小田原蒲鉾」は、板が付いている蒸しかまぼこであることが条件となっており、品質を守るためにブランドを守る努力を続けています。

中部地方

中部地方は日本海または太平洋沿岸部を中心に漁業や養殖がさかんで、海産物のお礼品がたくさん用意されています。海産物のお礼品というと、カニや生うに、お魚の切り身や干物などを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、魚介の旨味をぎゅっと閉じ込めた加工品、かまぼこやさつまあげもおすすめです。

近畿地方

近畿地方のふるさと納税のお礼品に迷ったら、ボリューム満点のかまぼこやさつまあげはいかがでしょうか。大阪や京都などを中心に、近畿地方では練り物が庶民に愛されてきました。ちなみに、さつまあげとは、魚肉のすり身を成形して油で揚げたものをいいますが、近畿地方ではこのさつまあげのことを「天ぷら」という人が多いそうです。

四国地方

四国地方のお礼品に迷ったら、四国地方の名産品の食品を選んでみてはいかがでしょうか。四国には有名な練り物があります。それが、「じゃこ天」や「じゃこカツ」など、小魚を使った練り物やさつまあげです。「じゃこ天」は小魚や稚魚のすり身を成形したあと油で揚げた練り製品のことです。揚げかまぼこの一種ですが、愛媛県では「じゃこ天」と呼ばれ、愛媛県の郷土料理やソウルフードとしても知られています。

九州地方

九州地方のお礼品には多くのかまぼこ・さつまあげなど魚の練り物が用意されています。それもそのはず、「さつまあげ」の「さつま(薩摩)」とは現在の鹿児島県と宮崎県の一部の地域を指した言葉です。今でこそ日本全国で広く愛されているさつまあげですが、元々はこの地域の郷土料理でした。さつまあげの歴史は古く、まだ沖縄が琉球王国だった時代に、琉球から「揚げる」技法が伝わってきて、現在のさつまあげができたといわれています。九州地方発祥の本場の「さつまあげ」をぜひご賞味ください。

かまぼこやさつまあげ、ちくわなどの練り物は、ご飯のおかずにもお酒のつまみにもなり、しかも届いたらすぐに食べることができます。もちろんそのまま食べてもいいですし、フライパンで焼いたり、レンジで加熱したりするとさらにおいしくいただけるでしょう。

日本全国各地に、たくさんの練り物がお礼品として用意されています。練り物には、かまぼこ、ちくわ、はんぺん、さつまあげ、笹かまぼこ、なると巻きなどさまざまな種類がありますが、共通しているのは、魚肉をすりつぶして形を作り、加熱して固めた水産加工品であることです。そのまま食べたり、汁物やラーメンの具にしたり、サラダの具として使用したり、カンタンに調理できるのが特徴です。
かまぼこやさつまあげは、届いたらすぐにそのまま、または簡単調理で食べられるお礼品です。すぐに食べられるおつまみが欲しい方、食卓に並べる惣菜を一品増やしたい方、ヘルシーな食材を探しているという方にもぴったりですね。たくさんの種類があるかまぼこやさつまあげの中から、自分好みの逸品を探してみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ