認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 山形牛特集

山形牛特集

ふるさと納税のお礼品には、全国各地のブランド肉がそろっています。そのうちのひとつ、山形牛をご存じですか? 夏と冬の寒暖差が大きい山形県で育ち、サシの美しさとおいしさを誇る全国屈指の黒毛和牛です。お礼品として、すき焼き用や焼肉用など料理に合わせた山形牛が提供されています。

ステーキ

ステーキは山形牛本来の味や、山形牛の特徴である脂の甘さを生かす料理法です。ステーキに向いた部位はいくつもありますが、ステーキ用として人気なのはサーロインやヒレ、モモが挙げられます。また近年人気になってきているランプ肉もあります。サーロインは牛肉の最上級部位と呼ばれるほどの肉で、軟らかく風味、味わいともにおいしい部分です。サーロインのサーは貴族を意味するという説もあり、サーがついているほどおいしいのはこの部位だけとも言われます。ヒレは最も高級かつ最も軟らかい部分。脂肪が少ない部分のため、カロリーや健康を気にする人に人気です。モモ肉には内モモ(モモの内側)と外モモ(モモの外側)があり、内側の方の肉質が軟らかくなっています。脂肪は少なくて赤身が多く、たんぱく質や鉄分が多いです。ステーキのほかはシチューなどに使われることが多い部位。ランプ肉は、希少な部分であることからあまり知られていないかもしれませんが、お尻の部分の肉です。サーロインに続く部分で、軟らかい肉質と味のよさが特徴。霜降りよりもおいしいと言われることもある、赤身のステーキです。お礼品にはそんな肩ロースやヒレ、モモ肉やランプ肉などのステーキのほか、ロースなども取りそろえています。また市場にわずかしか出回っていない、米どころ山形県産のもち米を飼料として与えた「もち米給与牛」のロースステーキを用意しています。おいしさを追求して生まれたものです。脂までおいしく、口に入れた瞬間、口いっぱいに深みのある旨味が広がります。山形県産の米「つや姫」との相性も抜群なので、ぜひ一緒に食してみてください。サーロインもヒレも、良質な牛肉はあまり焼きすぎず、レアやミディアムでの調理がおすすめです。

すき焼き

「すき焼き」という料理名が一般化したのは大正中期ごろだと言われています。それまでは牛鍋と呼ばれていました。山形牛の特徴は何と言っても肉の脂がとても甘いことです。その山形牛の甘さを味わうには、すき焼きはぴったりな料理です。できれば最初の一口は、卵をつけずにすき焼きのタレのみで味わってみてください。山形牛ならではの肉そのものの甘味が口の中にじんわりと広がります。そのあと溶き卵につけると、より甘さを増した山形牛のすき焼きを楽しむことができます。高級ブランド牛として名高い山形牛ですが、すき焼き用のお礼品にはその中でも上位であるA5ランクも用意しています。寒暖差の大きい気候風土と良好な飼育環境が、肉の旨味が詰まった脂身を全体に広げ、すき焼きにぴったりのきれいな霜降りに仕上げました。すき焼きには一般的にしゃぶしゃぶと同じ部位の肉が勧められており、サーロインやリブロース、肩肉、肩ロース、モモ肉、ロースなどが有名です。モモ肉は赤身の印象が強い部分ですが、山形牛は適度な霜が入ってしっとりと軟らかくなっています。お礼品としてもそれらの部位が多く提供され、量も300g程度から3kg超えまで広く取りそろえてあります。またステーキ用にもあった山形県産のもち米を与えた「もち米給与牛」のすき焼き用や、「千日和牛」のすき焼き用も提供されています。千日和牛とは、牛や血統、餌全てにこだわり、全国各地から選び抜いた雌牛だけを、寒暖差の大きい山形県で手間暇かけて生後1,000日という長い期間育てたブランド牛です。とろけるような軟らかさとサシの甘さをご堪能ください。

しゃぶしゃぶ

あっさりと山形牛を食べたい人におすすめの食べ方はしゃぶしゃぶです。あっさり、さっぱりした肉が好きな人やカロリーを気にする人に人気な食べ方でもあります。また脂の甘さが楽しめる一方であっさりしているため、ステーキやすき焼きなどと比べて量を食べられる人も多いのではないでしょうか。薄切りのため何枚も食べられて満足感があるのも魅力のひとつです。しゃぶしゃぶ用とすき焼き用の違いは、基本的にはカットされる厚みです。精肉店によってはあえて同じ厚さにカットしていることもあり、一概には言えませんが、基本的にはしゃぶしゃぶ用の方が少し薄くスライスされています。一般的にしゃぶしゃぶにおすすめの部位は、すき焼きとほぼ同じく肩ロースやロース、リブロースやサーロインなどが挙げられます。山形牛やブランド牛のしゃぶしゃぶ初心者なら、まずはモモ肉を試してみてはいかがでしょうか。しゃぶしゃぶと言えばサーロインや肩ロースなどが定番ですが、山形牛のモモ肉は赤身の部分で適度にサシが入っており、山形牛本来の味をしっかり楽しむことができます。また舌の上でとろけるほどの軟らかさが特徴です。高級牛肉でしかできない格別のしゃぶしゃぶを食べたいなら、上質なロースにするとトロトロの食感を楽しめます。しゃぶしゃぶは、まさに「とろける旨さ」という言葉が実感できる食べ方です。トロトロの贅沢なしゃぶしゃぶが食べたい人は霜降りを、ヘルシーに食べたい人はあっさりした霜降りの赤身をと、お好みに合わせて食してください。ふるさと納税のお礼品としては、ロースや上肩ロース、上モモなどの部位に加え、山形牛の中でもA5ランクのしゃぶしゃぶ用などが用意されています。好きな部位をしゃぶしゃぶにして、山形牛特有の脂の甘味をご堪能ください。

焼肉

山形牛の特徴は脂の甘さ、そして和牛の香りです。焼肉はそんな山形牛本来の味と旨味をそのまま味わえる料理法となっています。焼肉用は「しゃぶしゃぶ」や「すき焼き」用の牛肉と比べて、厚めにカットされているのが特徴です。厚みがあるため肉汁が閉じ込められ、旨味を余すところなく堪能できます。素材そのままの味を感じるために、まずは何もつけずにあるいは塩のみで食してみてください。シンプルながらも格が違うおいしさであること間違いなしです。素材の味を堪能しつくしたら、次はタレや醤油、ワサビなどお好みの調味料や味つけでお楽しみください。山形牛の焼肉は、炎の出ていない炭火で焼くのがおすすめ。火が肉に余分な水分を与えず、表面はカラッと中はジュワッと旨味が閉じ込められます。しっかりとした歯ごたえと軟らかさ、余すところなく閉じ込められた肉汁、はじける脂をお楽しみください。お礼品には、焼肉用にカットされた山形牛の肩ロースやモモ肉、厚くカットされた牛タン、サーロイン、ミスジなどの部位が用意されています。ミスジはどの部位かわからない人も多いかもしれませんが、牛の「肩甲骨から手首まで」の部分にあたる肉です。牛の肩(ウデ)の肩甲骨の内側についており、3枚の筋が入っていることから「ミスジ」と呼ばれています。ミスジはあまり動かさない部分のため、軟らかい肉質が特徴で、ウデの部位の中では一番霜降りが入っています。牛1頭からとれる量は少なく、希少な肉でもあります。山形牛のひとつに数えられる米沢牛をはじめ、山形牛に認定された最高ランクの牛肉をお楽しみください。

切り落とし

切り落としとは、特定の部位を使用し、大きさはバラバラですが厚さは均等にカットした肉のことを指します。細切れと混同されることが多いですが、特定部位で厚さが均等な切り落としに対して、細切れは不特定部位で厚さも大きさもバラバラとなっています。切り落としの場合は特定部位のため、「モモ肉切り落とし」「切り落としカタ、ウデ」など部位の表記が入っていることが多いです。基本的にはロースやモモ肉など特定部位をしゃぶしゃぶ用や焼肉用などにカットした際に、残ったものをカットしたのが切り落としとなります。高級ブランド和牛である山形牛の切り落としは、きめ細かい肉質とおいしい食味が自慢です。高級ブランド牛ながらも比較的お手頃価格の切り落としは、家族内や友人たちとのイベント、自分へのご褒美などちょっとした贅沢をしたいときにぴったりです。大きなサイズから小さなサイズまで、肩ロースやバラ、モモ肉、ウデなどさまざまな部位がカットされています。カットの大きさが不ぞろいというだけで、品質に違いはなく、肉質には一切妥協はありません。当然正規の山形牛なので、口に入れた瞬間の脂の甘味やとろけるような食感をしっかり味わうことができます。ふるさと納税のお礼品としては、肩肉やモモ肉などの切り落としが提供されています。切り落としは量が多いお礼品も多く、500gから1kg以上まで、たっぷり味わえます。また使いやすいように小分けになっているお礼品が多いのもポイントのひとつです。しゃぶしゃぶやすき焼きにはもちろん、野菜炒めなど幅広く楽しむことができます。

ハンバーグ

一般的にハンバーグと言えば、牛肉と豚肉両方を素材として加工した合い挽き肉を使うことが多いのではないでしょうか。しかし、牛肉100%や豚肉100%といったハンバーグももちろんあります。一般に豚肉は脂質が多いため、ハンバーグに豚肉を多めに入れると全体的にふっくら軟らかな食感になります。一方で牛肉を多めに使うと、いわゆる「肉感」が強いまたは「肉々しい」と言えるハンバーグになり、比較的硬い食感になるのが特徴です。しかし、使う肉の部位やランク、脂質の良質さによって軟らかさや食感、味はもちろん異なります。家庭で作るハンバーグは、家庭によって入れる野菜やスパイス、つなぎが異なるように、一口に山形牛のハンバーグと言ってもベースとなる山形牛の割合はもちろん、玉ねぎやスパイス、果てはソースまで一つひとつが味になることがわかると思います。ふるさと納税のお礼品としては、深い味わいとまろやかで甘さのある脂質が魅力の山形牛を100%使ったハンバーグや、山形牛と山形県産豚肉を黄金比率で作ったハンバーグなどを用意しています。また山形牛のハンバーグに相性のよいソースも人気の理由のひとつです。山形牛を使ったハンバーグに加え、山形県産のぶどうを使用したワインで作ったソースもあります。ブランド牛のハンバーグは、精肉店だからこそできる贅沢な逸品。お好みに合わせて、深い味わいとまろやかな脂が魅力の山形牛を贅沢に使ったハンバーグをお楽しみください。

日本にはブランド牛、銘柄牛と呼ばれる牛肉がたくさんあります。山形牛やその精鋭とも言える米沢牛をはじめ、松阪牛や神戸牛など全国的に有名ですね。これらブランド牛は産地ごとに気候や風土のみならず飼育方法や餌が異なります。それによって牛肉の風味や食感に違いが出てくるのです。
山形牛とは、山形県内で飼育されている牛のうち、いくつかの基準を満たしているもののみが認められるブランドです。ふるさと納税を利用して、山形県が自信を持って提供する、大自然と美しい水が育てた山形牛を、ぜひご堪能ください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ