認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 工芸品特集

工芸品特集

2000年以上の歴史を誇る日本では、文化とともに、全国各地で多くの工芸品が継承されてきました。古くから伝わる伝統工芸を継承していくのは大変なことですが、大切なことです。さらに現代においても、昔から伝承された文化をより良いものにしようと切磋琢磨し、また新しい工芸品がどんどん生まれています。ステキなお礼品に巡り合えた方は、ふるさと納税に申し込んでみてください。

北海道

森林資源が豊富な北海道では、木を原料にした工芸品や、伝統の技を生かしたガラス細工など、北海道の空気が感じられ、匠の技が光る品質の高い工芸品に巡り会うことができます。おしゃれな実用品も数多くそろえており、一つ一つにこだわったハンドメイドの一点モノが多いところも魅力です。

自然豊かな北海道では、道産の木材を使った木工芸の生産も盛んです。特に、「白木の女王」とたたえられる美しい木目で知られるタモ材は、世界でもロシアや北東アジアの一部にしか生えておらず、日本では北海道の国有林などの一部にしかない貴重な資材です。また、厳しい寒さの中で時間をかけて生長する拡張高い色調と、重厚感あふれる木目が特徴のブラックウォールナットなど多様な木製品が製造されています。貴重な国産材を使って作られた工芸品も多数ご用意しました。

また、かつて日本全体の毛皮生産の約95%が北海道で生産され、毛皮農場も多く存在しました。繁栄の理由は、昔から寒さ厳しい北海道では、動物の皮を衣類や生活の道具として用いる文化があり、寒冷な気候がミンクの養殖に適していたこと、そして漁業が盛んでミンクの飼料となる魚肉が手に入りやすかったためです。毛皮産業が下火となった現在では職人の数は大幅に減っていますが、世界に誇れる毛皮の良質な加工技術は現在でも継承されています。

東北地方

東北地方は都から遠く、冬は雪に埋もれてしまうこともあり、古くから独自の文化が発展してきました。

日本随一の漆の産地の東北地方では、地域ごとにさまざまな漆器の技術を伝承してきました。特に日本最北端の伝統漆器「津軽塗」は、天然木の津軽ヒバにさまざまな色を塗り重ねて約50もの工程を経て作られるため、一つとして同じ物のない複雑で美しい文様が特徴です。

また、自然豊かな東北地方では、漆器の他にも天然木を原料にした工芸品が多く、植物染料での染め物や、植物の皮で編んだカゴ細工などがあります。伝統工芸品として有名な奥会津編み組細工は、雪国だからこそ生み出された工芸品の一つです。元々は農作業や山仕事に使う道具であり、雪に閉ざされた間の仕事として親から子へと受け継がれた技術で、材料の採取から完成まですべて手作業で行われます。

また、東北地方には日本の近代化を支えた鉱山も多く存在し、特に古くから金銀の産出が豊かな秋田県では手工芸品が発展しました。0.3mm以下の純銀の線をより合わせて作られるアクセサリーは、国内外で人気の高い繊細な手工芸品です。

関東地方

関東地方は養蚕業の主産地として栄えたこともあり、各地で織物の文化が根付いています。また江戸時代以降になると、武家政治の中心地として文化や経済が栄えた江戸に全国各地から優秀な技師が集められ、職人町を作って手工業が発展したことにより、それらをベースに独自の発展を遂げた工芸品が現在も残っています。

中でも「村山大島紬」は、関東地方の文化の発展を感じられる工芸品です。江戸時代の初めに生産されていた縞模様の織物に、南蛮貿易によってもたらされた織り方を取り入れ、明治時代には、群馬県で発展した染色技法を用いるようになり確立しました。東京都の無形文化財に指定されていますが、現在では織ることができる方の少ない希少な工芸品です。

栃木県指定無形文化財の「武者絵のぼり」は、軍記物語などに登場する豪傑や武将を描く浮世絵の様式の一つである「武者絵」ののぼりで、端午の節句に子供の健康と成長を願って立てられます。江戸時代から15代続く紺屋の技術をいかし、型染と手書きの二つの技法で制作されています。

また、関東地方では他にもさまざまな工芸品が作られています。中でも高崎県で生産されるだるまは、全国の生産量の80%を占めています。これは冬の乾燥する気候が適していたからで、江戸時代から農閑期に盛んに生産されました。近年まで開催されていた、日本三大だるま市の一つである少林山七草大祭りには、毎年約24万人もの人が訪れています。

中部地方

冬に積雪の多い北陸地域を中心に、中部地方では、農作業ができない間の副産物として数々の工芸品が発展してきました。
森林環境の豊かな中部地方では、木の樹液である漆もたくさん採取できることから、多くの漆器が伝統工芸品として国から指定を受けています。例えば、木工品の加工、製造の職人の技術伝来とともに始まったと言われ、木の素材そのものを活かすことが特徴の「山中塗」や、丈夫さが特徴であることから全国各地で使われ、その技術がバイオリンなどにも活かされている「輪島塗」や、国内生産の塗り箸の80%のシェアを占め、近年ドラマが放送されたことであらためてその技術に注目が集まっている「若狭塗」など、それぞれの生産地で特徴的な発展を遂げています。
また、良質な陶土がある中部地方では、焼き物の生産も発展しています。中でも色とりどりの絵付けが目を引く「九谷焼」は、1873年のウィーン万博で有名になって以降、国内のみならず、海外でも人気の焼き物です。平安時代末期から始まった日本六古窯の一つでもある「越前焼」は、自然の釉を活かした温かみのある素朴さが魅力で、国内外にファンが多いです。
他にも中部地方の特産物を活かした美しい工芸品の緻密な細工など、現在も製造業で日本を牽引している中部地方の技術力の確かさを感じるお礼品の数々を取りそろえています。

近畿地方

京都は長い歴史風土に恵まれた文化を背景に、多くの工芸品が継承されてきました。今回は、そのような京都を中心に数々の名品が生まれた近畿地方の工芸品を集めました。

伝統工芸品「鈴鹿墨」は、鈴鹿の山々に生えた松から作った墨が発祥と言われています。原料に事欠かないことや、地理的にも気候的にも墨づくりに相応しい環境であったことから、発色が良く上品で深みのある大変滑らかな高級墨が生み出され、書道家に愛用されるのはもちろんのこと、染料としても使用されています。

同様に伝統工芸品の「伊勢型紙」は、着物の生地を染める際に用いる文様の型で、千年以上の歴史を誇ると言われています。図案師が考案した図柄を加工した和紙に、彫刻刀で一つ一つ掘り抜く作業には、根気と高度な技術が必要です。染めるために使われた型紙は保存され、新たな図案の元となるため、着物の柄は長い歴史の中でより良いものへと変化し続けてきました。お礼品

「切絵象巖(しょうがん)」は、薄い土の板に切り絵を埋め込む新しい陶芸技法で、土本来の温かみや重厚な雰囲気を感じさせながらも、陶画とは思わないほど鮮やかで繊細な作品です。陶器作品の可能性を大きく広げたことから、世界でも注目を集めています。

他にも近畿地方では、歴史ある算盤から作られたものや、古墳からも出土するほど古くからある金物など、多くの工芸品をそろえています。

中国地方

面積のほとんどが山地の自然豊かな中国地方では、国産材を使った木工芸品や手すきの和紙などの伝統工芸品が多く継承されています。また、伝統を継承するために新しい技術も生まれました。

江戸時代の厳島神社建設の際に集められた宮大工の彫刻技術、ロクロ技術から芸術品として生まれたのが、伝統工芸品に指定された「宮島細工」です。そして、その発祥の過程において派生した工芸品が他にもあります。それが「戸河内刳物(とごうちくりもの)」です。宮島細工の材料である材木を供給していた戸河内村で、ノミやカンナなどの専用の刃物を用いて作られます。

全16工程をすべて手作業で行って作られるお玉杓子の「浮上お玉」が特に有名です。鍋の汁物に使った際、底から浮き上がってくることから縁起物として親しまれています。また、目のクリっとした愛嬌のあるヒラメの大皿も手作りで作られる一点モノです。江戸時代から伝承されている技術を感じながら食事を楽しむことができます。

伝統工芸をもっと気軽に楽しみたいという声に応えて誕生した技術もあります。現代の印刷技術で蒔絵のもつ独特の雰囲気を再現した最新の技術です。限定の緻密な柄をボールペンに印刷し、仕上げに金粉をまく作業は手作業で行うため、世界に一つしかない製品が出来上がります。昔からの技術の継承ももちろん大切ですが、伝統が途切れないために新しい技術を発展させることも必要だと思わせてくれます。

四国地方

森林資源が豊富な四国地方では、木でできた下地や漆を原料にした漆器や出打物などを中心に、さまざまなお礼品をご用意しています。

四国地方初の伝統工芸品に指定された「香川漆器」は、古くからの漆器技法とタイや中国から伝来した技法を併せて作ったのが発祥と言われています。その技術を受け継いで優雅さを楽しめる後藤塗、漆の層を彫り出して美しい模様を描く彫漆、香川漆器創始者が考案した、黒い素朴さが味わえる象谷塗(ぞうこくぬり)、漆の上から文様を彫り、色漆を埋め込む蒟醤(キンマ)など、多くの漆器が生産されており、作られる器の種類は全国一豊富なことで有名で、その総称を香川漆器と呼んでいます。

「伊予桜井漆器」は、江戸時代に庶民が使う安価な食器だった桜井漆器が元でしたが、重箱の角を櫛歯型に組み合わせた新たな技法を取り入れて完成し、全国に名をとどろかせました。その後、輪島、山中、越前、会津、海南から招いた職人たちの技法を合わせた五つのルーツを持つ珍しい漆器です。

また四国地方では、昔から雨が良く降る気候のため良木に恵まれており、森林資産が豊富な地域です。木材を全国に搬出する際に古くから打刃物が必要とされてきたため、金物の文化が花開きました。特に有名なのは、400年物歴史のある「土佐出打物」です。職人が鍛冶から刃付け、仕上げまでを一挙に引き受けるため、自由度の高い刃物を作り上げることができることが特徴です。

九州地方

九州地方は本州最南端で諸外国とも交流があった地理的な要因や、島で独自の文化が花開いたことから、他の地域とはまた一味違う加工品の文化が育まれています。そんな九州地方で作られたお礼品の数々をご用意しました。

九州地方では特に独自の織物の文化が有名です。「知花花織」は、アジアの国々との国際貿易の拠点だった琉球王朝の文化の中で花開いた、模様が浮き出る独自の織物です。植物で染色した色鮮やかな絹糸には、現代でもそのまま使えるほどかわいいです。奄美大島で発祥した「本場大島紬」は1300年以上の歴史を誇り、美しい黒の光沢のある絹糸から織られました。また、中国の製法を元に独自の発展を遂げた「博多織」は、現在のライフスタイルに合わせた新しい品も作られています。

また九州地方では、朝鮮の陶工の技術を取り入れた焼き物が独自の発展を遂げています。朝鮮出兵の際に連れ帰った陶工に焼かせたのが始まりと言われている「高取焼」は、七色の釉(ゆう:陶磁器に光沢を出すための薬品)のかけ具合で表情が変わる繊細な技術が特徴で、茶器としても名を高めています。同様の方法で発祥した「上野焼」は、生地が薄く軽量なことや、釉の種類が多いことが特徴で、窯の中で釉が溶けることにより唯一無二の模様が生み出されます。桃山時代からの古い伝統を持つ「唐津焼」も、朝鮮陶工の技術を取り入れて生産を拡大。粗い土で作られた器は素朴で力強く、料理を盛ることで完成する「用の美」を備えると言われます。

ふるさと納税では、日本各地の工芸品を取りそろえています。工芸品には、その地の特産物や技術、土地や気候の特性が色濃く反映されているので、工芸品を調べてみることにより、各地の文化や歴史がどのようにして発展してきたのか、その土地にどのような特性があるのかを知ることにもつながります。

北海道では木を原料にした工芸品が多く作られていますし、漁業が盛んなことや、寒い気候が影響し毛皮産業が盛んに行われ、産業が下火になった今でもその技術は継承されています。東北地方や北陸、北関東などの積雪地帯では、農閑期を活かして多くの伝統的な工芸品が生産されてきました。関東地方では江戸時代以降、伝統工芸品が歴史的にも文化的にも大きな発展を遂げていますし、中部地方では現代の製造業にも通じる技術力の高さを感じる多くの工芸品が作られています。また、近畿地方では歴史的にも中心地だった京都をメインに、各地の技術が発展していることがわかります。森林資源が豊富な中国地方や四国地方では、漆器や木工芸品が多く作られており、本州の最南端に位置する九州地方では、近隣国の影響を多大に受けて、元々あった地元の文化に取り入れて独自の工芸品が発展しています。このように日本各地の工芸品を知ることは、日本各地の文化や歴史を知ることにもつながります。

また、日本の工芸品の中でも特に優れたものは、経済産業大臣によって「伝統的工芸品」に指定されています。これは「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」という法律によって定められているものです。「伝統的工芸品」とはすなわち、「工芸品の特長となっている原材料や技術・技法の主要な部分が今日まで継承されていて、さらに、その持ち味を維持しながらも、産業環境に適するように改良を加えたり、時代の需要に即した製品作りがされたりしている工芸品」を指しています。

伝統的工芸品に指定されるには満たすべき要件があります。まず、「主として日常生活で使われるもの」でなければなりません。ここでいう「日常生活」とは、一般家庭で使われるもののことを指すため、一生に数回しか使わないという冠婚葬祭なども含まれます。工芸品は使えば使われるほど、使いやすさや完成度が向上すると言われています。次に、「製造過程の主要部分が手作り」であることです。製品の一つ一つが手作業で作られることで、安全でより使いやすい形状や寸法になっていきます。次に、「伝統的技術または技法によって製造」されていることです。工芸品の技術や技法は工場生産とは違い、一朝一夕で完成するものではありません。そのため、100年以上の時をかけ、多くの作り手が試行錯誤や改良を重ねることで初めて確立されると言います。そのため、常に発展途上の最中であり、完成された形というのは実は存在しないのかもしれません。次に、「伝統的に使用されてきた原材料」であることが求められます。作り手の技術と同様、原材料についても100年以上の時をかけて継続し、吟味された原材料が使われます。なお、入手が困難になってしまった材料については、継承を続けるために工芸品自体の持ち味を変えない範囲で転換することも「伝統的である」として認められています。そして、「一定の地域で産地を形成」してきたことが最後の要件です。10企業以上または30人以上の製造者が関係し、産地全体の産業として成立しているかどうかが必要になってきます。

平成29年11月時点で、経済産業大臣が指定する伝統的工芸品は、全国に230品目と言われています。伝統的工芸品を品目別に見ると、織物の指定が一番多く、次いで木を原料にした陶磁器や、木工品・竹細工の順に指定されていることがわかります。

日本には森林資源が多いこともあり、漆を使った工芸品が各地で盛んになっています。特に漆器は、海外では「Japan」と呼ばれていることからもわかるように、日本を象徴する工芸品となっています。6000年も前の遺跡から漆塗りの櫛が出土していることからも、日本では縄文時代の頃から漆の使用は始まっており、各地で独自の進化を遂げた漆器が、16世紀にはすでに日本を代表する工芸品となっています。

漆は湿気や熱、酸、アルコール、塩分にも強く、耐水性や防腐性、防虫効果があるため、身を守るためにも適した素材です。お重が漆器でできているものが多いのも、抗菌作用があることが理由です。また、接着剤としても用いることができるので昔から重宝されてきました。「くっついたら離れない」という意味で、祝い事やお使い物にも使用されています。

また、漆の木は東南アジアにも広く分布されていますが、最も上質なものは日本の漆と言われています。日本の漆にはウルシオールという主成分が特に多く含まれ、ゴム室が少ないという特徴から、外国に比べても特に美しい漆器が出来上がると言われています。

このように日本では、各地の特徴を生かした数々の美しく、使いやすい工芸品が生産されてきました。日本に住んでいても、自分の住んでいる地域であっても、今まで知らなかった工芸品も多くあったかもしれません。しかし、出会えるきっかけができたことも、各地域の名産品と消費者を結ぶというふるさと納税があったからです。ふるさと納税のお礼品を知ることが、日本をより深く知ることにつながっていきます。ステキな工芸品に出会いたいという方は、ぜひふるさと納税に申し込んでみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ