認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 芋焼酎特集

芋焼酎特集

ふるさと納税のお礼品には、芋焼酎の逸品がそろっています。芋焼酎は甘い香りとふくよかな旨味があり、酔いざめが早いと言われています。各地では高品質で個性的な芋焼酎が造られています。

関東地方

茨城県の県南部に位置する牛久市には1716年に創業した蔵元で製造されている芋焼酎があります。牛久特産の紅あずまや紅はるかを使い、丹精込めて造った逸品です。
千葉県白子町には、白子町産の紅あずまを100%使用して醸された本格芋焼酎があります。
神奈川県の松田町には、松田町産の黄金千貫(こがねせんがん)を原料いもにし、北薩摩の霊峰紫尾山系の伏流水を使い、鹿児島の黒麹で醸造することで、いもの風味を最大限に引き出した焼酎があります。豊かな香りとまろやかな口あたりは、女性でも飲みやすいでしょう。

中部地方

富士山と箱根山系に囲まれた、自然豊かな高原都市である静岡県御殿場市には、地元で造られた芋焼酎があります。
印野地区で栽培された、無農薬栽培のさつまいも、紅あずまを使い、富士山の伏流水を仕込み水として減圧蒸留方法で造られています。口あたりがまろやかで、フルーティーな味わいが口中に広がります。
愛知県南部の渥美半島はかつて「甘藷の国」と呼ばれ、さつまいもの一大産地として知られていました。この半島全域を市域としている田原市からは、無農薬栽培で育てられた紅あずまを使った芋焼酎があります。
原料のいもは、無菌状態にある紅あずまの栽培苗を地元の亀若地区の有志が集った「亀若倶楽部」で有機・無農薬栽培で育てました。この紅あずまとアルプスからの伏流水により仕込まれ、さらに割り水も同じ伏流水を使って造られた芋焼酎は、女性にも飲みやすく、豊かな味わいと甘い香りが特徴です。
愛知県清須市には、くせのないすっきりとした芋焼酎があります。昔ながらの製法により、濃尾平野に流れ込む木曽川水系の水といもを使った焼酎があります。焼酎乙類51%、焼酎甲類49%をバランスよくブレンドし、アルコール度12度の口あたりがまろやかな芋焼酎に仕上がりました。

中国地方

島根県との県境に位置する西中国山地の中央にある広島県安芸太田町には、恐羅漢山の名前を冠した本格芋焼酎があります。原料いもの紅あずまは、自然環境に恵まれた安芸太田町で育てられました。いもの香りと風味があり、濃厚な味わいとともに力強さも感じられる仕上がりです。
鳥取県琴浦町からは、特産の高級長いも「ねばりっこ」をふんだんに使った本格焼酎があります。
琴浦町は、鳥取県のほぼ中央、北は日本海に面し、南は秀峰大山(だいせん)が連なっています。この焼酎の特徴は何といっても原料いものねばりっこ。鳥取県の砂丘で育ち、長年かけて開発された究極の粘りをもつ高級長いもを多く使用しています。甘味とコクがあり、アクが少なく肉質が綿密なねばりっこで仕上げた焼酎は、この長いもを贅沢に使った焼酎を造りたいという生産者の想いが込められています。くせがなく、芳醇な香りと味わいをもつ焼酎をぜひ堪能してみてください。

四国地方

徳島県鳴門市には「なると金時」を使った芋焼酎があります。なると金時は、鳴門の砂地で丹精込めて作られています。太陽の光をいっぱい浴びて育ったいもは、蒸すと香ばしいのが特徴で、蒸留後もほのかに香りが漂います。
高知県の室戸市には、素材にこだわり、海岸段丘と呼ばれる西山台地で育てられた金時いもを原料とした芋焼酎があります。仕込み水には室戸の海洋深層水を使用しています。素材の味と香りを大事に造られた焼酎は、豊かであると同時に繊細さと大胆さも兼ね備えた味わいを楽しませてくれます。

九州地方

福岡県の春日市には、福岡県限定販売の芋焼酎があります。1834(天保5)年の創業で、歴史と伝統を受け継いできた蔵元の特徴は、かめ壺仕込みです。原料にもこだわり、無農薬による有機肥料によって育てられた甘藷と、合鴨農法によるあいがも米を使い、森の奥で湧き出る天然水を仕込み水として使っています。
佐賀県中部に位置する江北町には、すっきりとした味わいの芋焼酎があります。原料いもは黄金千貫(鹿児島産)と黒麹を使い、減圧蒸留製法で造られています。45~55℃という低沸点により、原材料由来の成分などが抑えられることから、甘味はできるだけ残しつつも、くせの少ないすっきりとした味わいに仕上げているのが特徴です。
熊本県南部に位置する山江村には、契約栽培されたさつまいも「黄金千貫」のみ使用し、新鮮で傷のないいもだけを手作業により選別した上で、米黒麹と清らかな球磨の地下天然水を使い、無濾過によりいも本来の甘さと香りを引き出した焼酎があります。
宮崎県宮崎市には、お礼品として緑肥栽培によるいもを原料いもとして使用した芋焼酎があります。収穫後のいもの葉やつるを肥料として栽培する、緑肥栽培で育ったオレンジ系さつまいもの紅きららは、肉質が締まり、味が凝縮しています。この紅きららと白麹を使い、単式常圧蒸留し、無濾過で仕上げた焼酎を、さらに数年寝かせた長期熟成古酒は、柑橘系のほのかな香りが漂い、円熟したまろやかな風味に仕上がっています。
鹿児島県の県境に位置する宮崎県都城市には、全量いもで造った芋焼酎があります。全量いもとは、原料のいものほか、麹もいも由来であるということ。米麹を使うことが多い中で、長い研究開発の末に、いもから麹を作りだし「芋麹焼酎」を誕生させました。いもの味わいがよりいっそう引き立ち、純粋さ、穏やかさ、優美さのすべてが備わった焼酎をぜひご賞味ください。
鹿児島県南部に位置する指宿(いぶすき)市からは、ふくよかな味わいと旨味のある芋焼酎を用意しました。杜氏集団として有名な黒瀬杜氏として、半世紀以上にわたり杜氏として焼酎造りに携わってきた黒瀬勉氏による集大成の逸品です。薩摩産の黄金千貫と、麹米に山田錦、麹は河内白麹を使い、一次仕込み(かめ壺)、二次仕込み(ホーロー製タンク)ののち、かめ壺貯蔵しました。濾過を軽めにすることで、ふくよかな旨味と深みのある味に仕上がっています。
鹿児島県南部、薩摩半島に位置する南九州市には、本場の味わいが堪能できる芋焼酎があります。いもの風味が豊かで、飲みごたえのある、芋焼酎好きにはたまらない一品です。白麹を生かした蔵元の代表的な焼酎で、ぬる燗にするとくせになる味わいです。

焼酎は、芋焼酎、米焼酎、麦焼酎、そば焼酎、黒糖焼酎などさまざまな種類があります。なかでも芋焼酎は、いも独特の甘い香りとふくよかな風味、柔らかい飲み口で飲む人を魅了してやみません。
芋焼酎の原料となるいもは、多くはさつまいもですが、じゃがいもや長いもなどもあります。さつまいもの場合、黄金千貫を使っている蔵元や工場が多いですが、アヤムラサキ、ジョイホワイト、安納紅、農林2号などさまざまな品種を使用し、個性的な焼酎を造りだしている蔵元もあります。
焼酎は原料や仕込み、熟成方法などによって風味が大きく変わりますが、麹菌の種類も少なからず影響を与えます。黒麹を用いると、香りが複雑でコクのある重厚な味わいになり、白麹を用いると、香りが穏やかですっきりとした味わいに。黄麹を用いると、華やかでフルーティーな香りに仕上がり柔らかい飲み口になるといわれています。
芋焼酎に合う料理はいろいろありますが、豚の角煮やさつまあげなど、鹿児島の郷土料理はぴったりです。芋焼酎は甘味がありますので、それに負けないコクや甘味を感じられる料理が合うでしょう。天ぷらや刺し身などの素材を生かした料理とも相性がよく、相乗効果を楽しめます。また、ピザやグラタンなど、チーズを使う料理にも意外とマッチします。
ふるさと納税では、多くの自治体がその地域の蔵元が原料や製法にこだわりぬいて造った芋焼酎を用意しています。普段なかなか目にすることのない貴重な芋焼酎もありますので、味わってみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ