ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 地域から探す  > 
  3. 近畿地方  > 
  4. 和歌山県  > 
  5. 有田川町  > 
  6. 米・パン  > 
  7.  > 
  8. 精米  > 
  9. 思いを繋ぐ糸川のお米 結意米 【ゆいまい】 10kg(5kg×2袋)

お礼品ID:1338664

思いを繋ぐ糸川のお米 結意米 【ゆいまい】 10kg(5kg×2袋)
思いを繋ぐ糸川のお米 結意米 【ゆいまい】 10kg(5kg×2袋)
思いを繋ぐ糸川のお米 結意米 【ゆいまい】 10kg(5kg×2袋)
思いを繋ぐ糸川のお米 結意米 【ゆいまい】 10kg(5kg×2袋)

思いを繋ぐ糸川のお米 結意米 【ゆいまい】 10kg(5kg×2袋)

和歌山県有田川町

さとふるアプリdeワンストップ申請対象?

清らかな水流れる原風景

0.0
0
寄付金額15,000円
お礼品発送予定時期
2022/09/30から順次発送 ※2022/09/30以降のお申し込みは1週間程度で発送いたします。
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

小粒で透明感があるお米で、丸々とした可愛らしい形をしています。炊き上がりはつやつやとした光沢があり粘りと旨味があってコシヒカリに似た味わいですが、やや硬めのお米です。
混ぜご飯にしてもつぶれにくく、冷めても美味しいので炊き込みご飯やおにぎりお弁当にもおすすめです。

■生産者の声
谷合の小さな集落糸川地区は両手に広がる急勾配の山により比較的雨量が多く、西日を遮る三本松峰が昼夜の寒暖差を生み有田では珍しい田園風景が広がります。
集落の中心を流れる糸川には蛍が飛び交い、通り抜ける水は落差7メートルの滝から有田川水系へと注がれます。
地域と家族の繋がりを大切にする糸川地区では先祖が残した田園風景を残そうと田植えや稲刈りといった行事に地域の人々や集落を離れた若い家族が集い、お互いを助け合いながら毎年作付けを行っています。
現在・過去・未来そして、地域と家族の絆を結ぶ米作り。
長い歴史と田畑を守る集落の人々の思いが詰まった黄金色の実り。
丹精込めた糸川のお米 結意米【ゆいまい】を一度ご賞味ください。

■お礼品の内容について
・結意米 【ゆいまい】(精米)[10kg(5kg×2袋)]
  原産地:有田川町(糸川地区)


■原材料・成分
米【みねあさひ】

■注意事項/その他
こちらのお礼品はお召し上がり頂きやすいよう精米されたお米です。小さな集落で栽培されているため数量限定となります。
収穫時期の天候、生育状況により出荷時期が前後する場合がございます。あらかじめご了承下さい。
長期保管はなるべく避けて、お早目にお召し上がりいただくことをお勧めします。
※画像はイメージです。

お礼品詳細

配送種別 通常
提供元 株式会社 みかんの会
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 通年
配達外のエリア

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

PayPayオンライン決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

和歌山県有田川町からのおすすめお礼品

カテゴリに関連するお礼品

さとふるでは米のお礼品を多数掲載しています。米の調理方法は、水を加えて炊飯器などで炊くのが一般的です。炊いたご飯はおにぎりや、酢飯にしてネタをのせて握ると寿司にもなります。水を多めにして煮るとおかゆもつくれます。炊き込みご飯や、雑炊なども定番料理です。また、パエリアやリゾットなどのように生米を炒めてから炊くという方法もあります。炒めものではチャーハン、揚げものではライスコロッケなど、幅広い料理にお使いいただけます。
ふるさと納税のお礼品として精米した米が届いたら、米びつや密閉容器に入れて、湿気の少ない冷暗所に保存してください。夏期など高温多湿になる季節は、冷蔵庫での保存が安心です。
※お礼品や季節・環境によって消費期限や賞味期限が異なりますのでご注意ください。
※お礼品によって調理方法、保存方法、解凍方法が異なる場合がございます。お召し上がりの際にはお礼品の説明等をご確認ください。

和歌山県有田川町のご紹介

  1. 全国
  2. 和歌山県
  3. 有田川町

温暖な気候に恵まれた町、有田川町(ありだがわちょう)。現在の有田川町は、平成18年1月に吉備町・金屋町・清水町の隣接する3町の合併により誕生した、人口約26,000人(2021年3月31日現在)の町です。

和歌山県の中央部の北よりに位置し、町の名前の由来である有田川が東西に流れています。山林が多く、古くから1次産業が盛んで、「有田(ありだ)みかん」をはじめとする柑橘類の生産や、日本一の生産量を誇る「ぶどう山椒」の栽培などが活発に行われてきた地域です。

農林業などが盛んというと、山間部を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実は有田川町は、特急電車で新大阪駅から1時間30分、関西国際空港から車で約50分というアクセスのよさが魅力の一つ。高速道路のインターチェンジを中心に個性豊かな飲食店が多く出店されるなど発展を続けており、町内外からたくさんの方にお越しいただいています。

ふるさと納税の使い道情報

  1. だれもが生き生きと暮らせる福祉社会の実現事業

  2. 地域の特性を活かした産業・観光の活性化事業

  3. 自然と共生し、快適に暮らせる生活基盤の整備事業

  4. 可能性を伸ばしまちを豊かにする教育・学習の推進事業

  5. 住民参加とさまざまな交流により開かれたまちづくり事業

  6. 町長お任せコース

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

ページ上部へ