ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 野菜  > 
  4. いも  > 
  5. さつまいも  > 
  6. 糖度抜群 あま~い!「紅はるか芋」約5kg(岡村商店)A-113

お礼品ID:1260644

糖度抜群 あま~い!「紅はるか芋」約5kg(岡村商店)A-113
糖度抜群 あま~い!「紅はるか芋」約5kg(岡村商店)A-113
糖度抜群 あま~い!「紅はるか芋」約5kg(岡村商店)A-113

糖度抜群 あま~い!「紅はるか芋」約5kg(岡村商店)A-113

鹿児島県指宿市

ねっとりした食感と焼芋にしたときの糖度が特徴です。

0.0
0
寄付金額10,000円
お礼品発送予定時期
2021/11/01から順次発送
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

紅はるかは別名「紅蜜芋」と呼ばれています。栽培方法が難しく手間がかかるためあまり栽培されていませんでしたが、最近指宿地区では栽培する農家さんが増えてきました。
紅はるかは、一定の温度で熟成させることにより糖度が増すのが特徴です。

■生産者の声
様々なメニューに使えますがオススメの食べ方は焼いもです。
オーブントースターや魚焼きグリルなどでアルミホイルで包んでじっくり焼くと蜜がこぼれ、ねっとりした甘い焼き芋になります。
熟成した芋を焼くとまるでスイートポテトのようです。

■お礼品の内容について
・紅はるか芋(M~2Lサイズ)[約5kg(約20個)]
  原産地:鹿児島県指宿市
  賞味期限:発送日から90日


■原材料・成分
紅はるか芋

■注意事項/その他
※サイズや個数の指定はできません。
※約15度~20度の室温で長期保管できます。
※温度が下がると傷みますので、ご注意ください。
※画像はイメージです。

お礼品詳細

配送種別 通常
提供元 一般社団法人 いぶすき観光デザイン
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 〜2022-03-31
配達外のエリア

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

コンビニ決済

PayPayオンライン決済

キャリア決済

Pay-easy決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

他にもこんなお礼品があります

鹿児島県指宿市からのおすすめお礼品

鹿児島県指宿市のご紹介

  1. 全国
  2. 鹿児島県
  3. 指宿市

豊かな資源が織りなす食と健康のまち

指宿市は、薩摩半島の最南端に位置する花と緑に溢れた食と健康のまちで、世界に類を見ない天然砂むし温泉をはじめ、豊富に湧出する温泉に恵まれております。

市には九州一の大きさを誇る池田湖、薩摩富士の別名で呼ばれる開聞岳、南国ムード漂う長崎鼻、潮の干満で陸続きになる、かおり風景百選の知林ヶ島を有し、また、湧き出る清水に代表され、豊かな水環境を有するソーメン流しで有名な唐船峡の周辺地域は、水の郷百選に認定されています。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.食料供給都市の実現に関する事業

  2. 2.健康産業都市の実現に関する事業

  3. 3.保養観光都市の実現に関する事業

  4. 4.生活充実都市の実現に関する事業

  5. 5.国際共栄都市の実現に関する事業

  6. 6.1~5の指定を市長に任せます

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 中部特集

    中部特集

    日本アルプスと二つの海の恵みいっぱい

  • 野菜特集

    野菜特集

    産地直送! 旬の時期に収穫された農家さん自慢の野菜をお届けします。

  • 四国特集

    四国特集

    自然の恵み、ご当地グルメの宝庫

  • 近畿特集

    近畿特集

    歴史と文化が交わる西日本の中核

ページ上部へ