認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. りんご・梨  > 
  4. 【日本最高級大玉果物の1つ】新高梨(4kg)

【日本最高級大玉果物の1つ】新高梨(4kg)       

高知県芸西村 寄付金額15,000円
お礼品ID:1015832
【日本最高級大玉果物の1つ】新高梨(4kg)

レビュー

  •   4.8
  • (6人の評価)

  • 評価:
きよちゃんさんの口コミ 2018年07月31日
大玉のくだものは、大味だと思っていましたが甘味も強くとてもおいしくいただきました。 だだ、ウチは夫婦2人暮らしなので1玉を食べきるのに2~3日かかってしまい、味やみずみずしさが多少落ちてしまうのが残念です。 しかも4玉もあるので、おすそわけしたりしたのですが、本当は人にあげるのもイヤでしたよ。(笑) でも送った先には大好評でした。 なので、ある程度鮮度を保ちつつ長期保存できる方法を教えて頂けたらなあと思います。 このような梨は、スーパーや果物屋さんでもお目にかかる事は難しいのでは? たとえ見つけても、ものすごくお高いのではと思います。 また、今年もリピートするつもりです。 もう少し納税額が低いと良いですね。
  • 評価:
yasumasaさんの口コミ 2018年07月01日
こんなに大きな新高梨は初めてなので、期待大です。楽しみにしています。
  • 評価:
セイロンさんの口コミ 2017年11月23日
4kgとあったので、たくさん入っているのかと思いましたが、届いてみると4個と予想より少なく最初は残念に思いました。 ところが、持ってみるとずっしりと重く、手のひらに収まらないくらい大きくてかなり食べ応えがありました。一回じゃ食べきれないのでいつも半分ずつ食べていました。 形も良く、みずみずしくてとても美味しかったです。ぜひ皆さんにも味わってほしいです。
  • 評価:
パッチクンさんの口コミ 2017年11月15日
大きい無が届きビックリ致しました。スーパーでは見つかりません。味もジューシーで食べ応えが何とも言えません。感激いたしました。
  • 評価:
ナッセさんの口コミ 2017年10月30日
寄付を完了してから10日ほどで届きました。子供の頭くらい大きな梨が4つ入っていて、インパクト大!しかも1つ1つ丁寧にフルーツキャップと包装紙で包まれていて、贈答用としても大変重宝しそうです。 味のほうも、これまた申し分なし。 その大きさから勝手に大味なイメージを持っていましたが、たっぷりの果汁は濃く甘く、香りも芳醇で、切っている時から「甘いにおいがする~!」と子供が大騒ぎ。食感も、梨らしいシャリシャリ感が強く、いわゆる洋梨系の柔らかい食感が苦手な家族全員が「これぞ梨!!」と大絶賛でした。大人2人・幼児2人の4人家族では1回に1個食べきれないかな?と思っていましたが、むしろ取り合う勢いで、あっという間に完食しました。残り3つも大切に食べたいと思います。生産者の皆様、ありがとうございました。これからも応援しています。
  • 評価:
のんたんさんの口コミ 2017年10月07日
とても大きい梨でびっくりしました。味も大変甘くて歯応えもありとても良い品だと思いました。

ふるさと納税 レビュー投稿キャンペーン2018年8月度

その姿、風味から果物の王様とも呼ばれ、日本最高級大玉果物の1つ

新潟県の「天ノ川」と高知県の「今村秋」の交配から生まれたもの。
その姿、風味から果物の王様とも呼ばれ、ものによっては1kgを超えるものもあります。日本最高級大玉果物として人気を博している新高梨をご賞味ください。

■注意事項/その他
※賞味期限はあくまでも目安です。
※天候・生育状況等の事情により、お礼品の準備および発送時期が前後する場合がございます。ご了承願います。

※「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意※
返礼品の発送は、お支払い確認後となります。
お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

内容量 4kg
原産地 高知県
賞味期限 1週間前後
発送時期
2018-09-15~2018-11-05
カテゴリ りんご・梨
申込受付期間 ~2018-10-31迄
提供元 響屋(JA)
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度
   

豊富な決済方法

高知県芸西村のご紹介

2004年、芸西村は合併をしないと決めました。

私たちはこの村に愛着と誇りを持っています。

白く輝く砂浜と風に揺れる青々とした松原が続く「琴ヶ浜」、昔ながらの製法で伝承される「黒砂糖づくり」、日本一の農村を目指して整備された芸西平野の「ビニールハウス群」。

先人たちが築き、守ってきた多くを次の世代に受け継ぐため、村民のみなさんと共に工夫して課題に立ち向かっています。芸西村の挑戦に、皆様の応援をお願いします。

ページ上部へ