ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 地域から探す  > 
  3. 東北地方  > 
  4. 福島県  > 
  5. 田村市  > 
  6. 酒・アルコール  > 
  7. ビール  > 
  8. その他ビール  > 
  9. 【樽生!クラフトビール】ホップジャパンWhite【3L】

お礼品ID:1306184

【樽生!クラフトビール】ホップジャパンWhite【3L】
【樽生!クラフトビール】ホップジャパンWhite【3L】
【樽生!クラフトビール】ホップジャパンWhite【3L】
【樽生!クラフトビール】ホップジャパンWhite【3L】

【樽生!クラフトビール】ホップジャパンWhite【3L】

福島県田村市

さとふるアプリdeワンストップ申請対象外

『樽生』クラフトビールで決まり!小麦由来の柔らかな口あたりとフルーティーな香り。

0.0
0
寄付金額30,000円
お礼品発送予定時期
お申し込み後1~2週間程度で順次発送予定
  • 離島はお届けできません。また、画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

冷蔵
「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

自分へのご褒美に、大切な方への贈り物に、今年の夏ギフトは『樽生』のクラフトビールで決まりです!
田村市では、日本全国のブルワリーから産地直送で「樽生ビール」を提供するサービス「ビールの縁側」を展開する原田産業株式会社と連携。
本格派クラフトビールを『樽生』でお届けします!

ビール造りに欠かせない原材料である麦芽。通常は大麦のみを使いますが、このWhiteは小麦のものも併せて使用しています。

小麦由来の柔らかな口あたりとフルーティーな香り。夏の暑い時期にピッタリのビールです。

田村市産のホップを贅沢に使用した、『樽生』のクラフトビール、この機会にぜひどうぞ!

■お礼品の内容について
・【樽生!クラフトビール】ホップジャパンWhite[3L]
  原産地:福島県/製造地:田村市
  消費期限:製造日から6ヶ月


■注意事項/その他
※本製品はお酒です。20歳未満の方のお申込みはご遠慮ください。
※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。
※画像はイメージです。

■原材料:お礼品に記載
※アレルギー物質などの表示につきましては、さとふるサポートセンターまでご連絡ください。

お礼品詳細

配送種別 冷蔵便
提供元 ホップジャパン
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 通年
配達外のエリア 離島

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

コンビニ決済

PayPayオンライン決済

キャリア決済

Pay-easy決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

  • 離島はお届けできません。

福島県田村市のご紹介

  1. 全国
  2. 福島県
  3. 田村市

福島県の東側にあるあぶくま高原、そのほぼ中央に位置する田村市は、美しい青空と緑豊かな自然に恵まれ、平安時代の武将「坂上田村麻呂」の伝説が多く残る歴史と文化の薫る高原都市です。

国内有数の鍾乳洞である「あぶくま洞」や「入水(いりみず)鍾乳洞」など、数多くある天然の造形美は訪れる人の心を魅了します。

福島県は全国有数の米処。田村市は標高400mに位置し、昼夜の寒暖差が大きいため市内で育つお米は旨みが詰まっています。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.ふるさとの宝 みらいに羽ばたく子どもたちへ(子育て支援施策の充実)

  2. 2.ふるさとの命 水と緑を後世に(自然環境の保全と継承)

  3. 3.ふるさとの源 郷土を支える基盤づくり(地域の活力増進)

  4. 4.ふるさとの樹 みらいを担う人づくり(教育・文化・スポーツ振興)

  5. 5.ふるさとの夢 子どもたちが夢を叶えるために(奨学資金への活用)

  6. 6.市政全般で活用

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

ページ上部へ