100億円還元!2018年12月31日まで!最大10%Amazonギフト券をプレゼント!条件はこちら

認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 惣菜・加工品  > 
  4. 漬物  > 
  5. その他漬物  > 
  6. 守口漬・うり奈良漬 詰合せ 箱入り

お礼品ID:1022057

守口漬・うり奈良漬 詰合せ 箱入り
守口漬・うり奈良漬 詰合せ 箱入り
守口漬・うり奈良漬 詰合せ 箱入り
守口漬・うり奈良漬 詰合せ 箱入り

守口漬・うり奈良漬 詰合せ 箱入り

愛知県清須市

名古屋名産「守口漬」と、うり奈良漬の詰合せ。 箱入り

0.0
0
寄付金額5,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

守口漬、奈良漬の専門店「尾張屋」は、清須市内に明治2年より続く、創業140年以上を誇る老舗の漬物店です。名古屋名産「守口漬」は、この地方でしか収穫されない、細長い「守口大根」を酒粕、みりん粕を調合した漬け粕に、足掛け3年の歳月をかけて漬け込んだ粕漬けです。酒粕の風味が生きた上品な味わいが特徴です。「シャキシャキ」とした歯切れの良さも人気です。奈良漬の定番「うり奈良漬」は、奥深い酒粕の風味と歯切れの良さが人気です。

■生産者の声
尾張屋のある清須市西枇杷島町は、江戸時代には尾張の台所として当時の日本三大青果市場の一つ「小田井の市」が開かれた歴史のある地区です。市場に集まる野菜を奈良漬にし、販売をしたところ大変好評で今に受け継がれております。名古屋名産「守口漬」は、愛知県の伝統野菜でもある細長い「守口だいこん」を酒粕に漬け込んだお漬物です。また、清須ゆかりの織田信長公も好んだとされる「青うり(かりもり)」を漬け込んだ、うり奈良漬も好評です。国産の野菜を原材料に、伝統の味を今に伝えます。

■内容量/加工地
守口漬(国産)、うり奈良漬(国産) 計270g
〔加工地:清須市〕

■原材料
守口だいこん、うり、漬け原材料(酒粕、みりん粕、砂糖、食塩)

■注意事項/その他
※画像はイメージです。

お礼品詳細

賞味期限 3カ月
提供元 株式会社 尾張屋
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 お申込み後、順次発送
申込受付期間 通年
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

Pay-easy決済

コンビニ決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

カテゴリに関連するお礼品

漬物

さとふるでは漬物のお礼品を多数掲載しています。漬物は浅漬けや梅干し、キムチ、ぬか漬け、古漬け、ピクルスなど様々な種類があります。基本的には副菜や箸休めとして召し上がれますが、味噌やマヨネーズとの相性もよく、刻んだ漬物を野菜や魚介類と和えてサラダにするのもおすすめです。また細かく刻んでタルタルソースやチャーハンに入れれば、味に深みが増します。スープやおじやに入れても漬物の味わいを楽しむことができます。そのままでもおいしい漬物ですが、ぜひ様々な料理にご活用ください。
ふるさと納税のお礼品として漬物が届いたら、冷蔵庫で保存してください。開封後は食べる前に切り分けるようにし、密閉容器に入れてできるだけ早くお召し上がりください。
※お礼品や季節・環境によって消費期限や賞味期限が異なりますのでご注意ください。
※お礼品によって調理方法、保存方法、解凍方法が異なる場合がございます。お召し上がりの際にはお礼品の説明等をご確認ください。

愛知県清須市のご紹介

  1. 全国
  2. 愛知県
  3. 清須市

清須市は、愛知県西部、濃尾平野のほぼ中央に位置し、南部は名古屋市に隣接しています。地形は比較的平坦で、庄内川の下流域にあり、ほとんどの地域が海抜10m未満となっています。また、庄内川のほかには新川、五条川などの河川が流れ、豊かな水辺環境に恵まれ、四季折々の風景を楽しむことができます。

歴史ははるか遠く、尾張平野最大の遺跡である朝日遺跡やそれに接する竹村貝塚にみられる弥生時代まで遡ります。また、室町時代の初め守護所下津城の別郭として築かれた清洲城など数多くの歴史資源が各地に残っています。弘治元年には、戦国武将織田信長公が清洲城へ入城し、城下町一帯が「関東の巨鎮」と称され、文化の中心地として、また尾張の要所として栄えた歴史をもっています。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.安全で安心に暮らせるまちをつくる

  2. 2.子育てのしやすいまちをつくる

  3. 3.誰もが健やかにいきいきと暮らせるまちをつくる

  4. 4.便利で快適に暮らせるまちをつくる

  5. 5.魅力に満ちた活力のあるまちをつくる

  6. 6.豊かなこころとからだをはぐくむまちをつくる

  7. 7.つながりを大切にするまちをつくる

  8. 8.指定なし

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

ページ上部へ