認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

鰹のたたき(ポン酢付)       

千葉県勝浦市 寄付金額10,000円
お礼品ID:1000678
鰹のたたき(ポン酢付)

レビュー

  •   4.8
  • (12人の評価)

  • 評価:
あきさんの口コミ 2018年01月13日
ワンストップ申請の対応も良く、お礼の品物の 味も良く、また量もたくさんで、満足でした! ありがとうございました。
  • 評価:
てつやさんの口コミ 2017年12月24日
近くのスーパーで買う鰹とは全然ちがい美味しかったです。 数も多いので助かりました。
  • 評価:
ひらゆさんの口コミ 2017年12月24日
鰹のたたきが大好物ですが、千葉県産は初めてなのですごく期待しています!届くのが楽しみです!
  • 評価:
いかさんの口コミ 2017年11月15日
臭みがなく美味しかった!!
  • 評価:
いちごさんの口コミ 2017年11月07日
もの凄く美味しかったです。
  • 評価:
いちごさんの口コミ 2017年11月07日
とってもとっても美味しいです。 量もたくさんで食べごたえ十二分。
  • 評価:
しろわんさんの口コミ 2017年09月27日
カツオ1匹分の4節が1節ずつの真空パックで冷凍されているので、すぐに食べない分の保存が便利でした。1節が大きいので食べ応えも十分でした。 非常に美味しかったので、また頼みたいです。
  • 評価:
おうまさんさんの口コミ 2017年09月11日
カツオ一本分ということもあり、4切れ分のカツオが届きました。2人暮らしという事もあり、何回にも分けて食べましたが贅沢すぎる量でした。冷凍物であるため、日持ちもある程度はいけましたし、美味しい食べ方の説明を入っており、毎回美味しくいただきました。また是非お願いしたいです。
  • 評価:
鯵夫さんの口コミ 2017年09月09日
はいはい、よろしいんじゃないでしょうか。 冷凍にしては、鮮度を感じさせる強めのピンク色でした。それは真空パックのお蔭もあるようです。受け取る側のことも考え真空パックにしているというのも、保存期間を延ばせるので助かります。美味しく食べてもらいたいと言う生産者の心遣いが感じられました。 解凍後、パックから取り出すと、生臭さは感じませんでした。ほんのりと藁で炙った香りが残っていて、付いているポン酢で食すと、カツオのタタキを喰ったなあ~ そんな勘がありました。 また、寄付させていただきますね。 ありがとうございました。
  • 評価:
ピカイチさんの口コミ 2017年06月01日
品質、量ともに、誠意を感じました。
  • 評価:
ネコカさんの口コミ 2016年07月08日
カツオ一本分で量もあり、何より臭みが全くなく、とても美味しかったです。 スーパーのカツオのたたきだと臭みがあって、沢山は食べられませんが、こちらのものはいくらでも食べられるくらいでした。 また納税して、いただきたいです。
  • 評価:
はるくんさんの口コミ 2016年07月02日
頼んでから、すぐきました。大きいのが来ました。カツオが大好きなのでとても興奮しましあ。 ただ、中に封筒が入っていたのですが、クール便で霜もついていたため書類が濡れていましたので、ビニール袋に入れるなどの改善が必要かもしれません。また、カツオのたたき頼みたいと思います。

ふるさと納税 お礼品レビュー投稿キャンペーン2018年4月度

勝浦港に水揚げされた近海一本釣りかつおを新鮮なままたたきにしました。

勝浦港に水揚げされた近海一本釣りかつおを熟練の職人がおろし炭火で炙り香り付けをし、急速冷凍したこだわりの逸品です。鮮度をそのままに作り立ての味をご家庭にお届けします。
■原産地:勝浦市
■内容量:鰹1匹分(4節)1kg~1.5kg、味付けポン酢20g
■原材料:鰹のたたき:鰹、食塩 味付けポン酢:醤油、醸造酢、米発酵調味料、砂糖、だいだい果汁、魚介エキス、酵母エキス、香料(増粘剤キサンタン)、(原材料の一部に小麦大豆を含む)
■賞味期限:約3ヶ月
■クール便(冷凍)


このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

※離島はお届けできません。

発送時期
お申込みより順次発送
カテゴリ その他魚介類
その他惣菜・加工品
申込受付期間 通年
提供元 株式会社サラヤ保﨑商店
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度
   

豊富な決済方法

千葉県勝浦市のご紹介

都心から東京湾を横切るアクアラインを駆け抜け、太平洋めざして走ること約110分。車窓に勝浦市の里海・里山が流れゆきます。

「里海」・・・
千葉県を代表する漁業のまち、勝浦。自慢のカツオやキンメはもちろん、アワビやサザエなど、豊かな海の幸が勝浦の食文化を支えています。ビーチは住人有志によるクリーン活動によって守られています。
「里山」・・・
海のイメージの強い勝浦市ですが、実は市域の多くの部分が夷隅川上流域にあり、穏やかな田園風景が広がります。稲作を中心に、畑作、果樹園、酪農、養豚、養鶏、養蜂など、それぞれの規模は決して大きくはないですが、多彩な「農」の暮らしが展開されています。
「食」・・・
そんな里海、里山の幸が一堂に集まるのが、400年の歴史を誇る「勝浦朝市」。漁港のほど近く、勝浦市の中心部で水曜日と元日を除く毎日開催されています。鮮魚や干物の他、野菜や山菜など里山の幸が数多く並びます。飲食店を経営する移住者の中には、朝市食材を使ったビストロ料理を提供する方もいます。

互いの風土を綾なす里海と里山。そこに様々な人たちが集っています。そんなお茶の間のような暮らしにふれてみませんか。

ページ上部へ