認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 もつ鍋特集

もつ鍋特集

ふるさと納税のお礼品に、おいしくてスタミナのつくもつ鍋を選んでみませんか? もつ鍋は肉料理でありながら低カロリーで鉄分やコラーゲンなどの栄養も豊富。使われる部位やだしなどは地域ごとにさまざまな違いがあり、お礼品にも個性豊かなものが数多くそろっています。各地域ならではのもつ鍋をぜひ味わってみてください。

北海道

数多くの炭鉱があった北海道は、古くからもつ鍋がさかんに食べられていた地域です。もつ鍋は、1945年ごろから仕事を終えた炭鉱労働者たちが手頃なスタミナ補給の手段としてよく食べていました。当時は、ホルモンの他に豆腐や野菜などの具材を入れて味噌ベースのスープで煮込み、石炭ストーブや七輪で調理していたと伝えられています。現在でもその歴史は脈々と受け継がれており、北海道のいたるところで、がんがん鍋など個性豊かなもつ鍋を味わうことができます。ふるさと納税のお礼品には新鮮な海の幸を取り入れたぜいたくなもつ鍋がそろっているので、ぜひ、チェックしてみてください。
たとえば、森町(もりまち)の明太子のもつ鍋はいかがでしょう? 国産の新鮮な牛モツに北海道噴火湾産の明太子ばらこを合わせていて、プリッとしたモツならではの弾力が心地よく、明太子と昆布だしがよく染み込んだスープはチーズとご飯を入れて和風チーズリゾットなどのようにしてもおいしく食べられます。お好みで唐辛子を入れてもいいでしょう。セットにはシメ用のちゃんぽん麺もついているので、あとは野菜だけそろえれば、すぐに食べられます。分量も3~4人前と多めなので、ぜひご家族で、またご友人とともにご賞味ください。

大阪府

大阪府でももつ鍋は古くから食べられてきました。大阪のもつ鍋は小腸や大腸以外にもスジやハツ(心臓)などさまざまな部位を入れるのが特徴です。具材にも、キャベツやニラ、豆腐、ゴボウ、キムチ、厚揚げ、玉ねぎなどが入ることもあるので、ご自宅で調理する際にお好みで入れてみてください。また、ニンニクや唐辛子などが味付けに加わることもあるため、アレンジとして加えてみるのもいいでしょう。ふるさと納税のお礼品にも、他の地域のもつ鍋ではなかなか味わえない部位を使ったものが数多く用意されています。
まずは、阪南市のもつすき鍋に注目してみてください。こちらは3種の牛モツを韓国産唐辛子とこだわりの調味料でじっくりと煮込んだ大阪風もつ鍋です。韓国のテッチャン鍋をヒントに作られた味は、上品でありながらまろやかな甘さがあるのが特徴です。具材にはアカセン*やハツといった大阪ならではの3種の牛モツが使われており、それぞれ独自の食感を楽しむことができます。
*牛や羊など反芻(はんすう)動物の胃は4つの部屋に分かれていて、それぞれ第一胃(ミノ)、第二胃(ハチノス)、第三胃(センマイ)、第四胃(アカセン<マイ>またはギアラ)と呼びます。
定番の小腸を関西風の味つけで楽しむなら阪南市の大阪風もつ鍋をチェックしてみてください。プリプリした甘味のある小腸を、こだわり醤油と国産しょうがを使った関西和風だしで味つけしています。すりごまと輪切り唐辛子がついているので、お好みに合わせて味つけすることができます。シメにはセットになっているオリジナルの中華麺がおすすめです。
ボイルされたもつ鍋をお探しなら茨木市(いばらきし)のものもおすすめです。牛の中でも特にもつ鍋に適した部位を一つひとつ丁寧にボイルしたものが届きます。セットにはハチノスも含まれているため、珍しい部位が食べてみたいという方にもおすすめです。

福岡県

北海道同様に炭鉱で栄えた町が多く、もつ鍋発祥の地として知られる福岡県。具材に使われているのは小腸や大腸などの部位が中心ですが、地域によってはハチノスやセンマイなどの入ったミックスもあるのが特徴です。これは、冷凍技術が未発達の時代に傷むのが早いモツを早めに処理するため、さまざまな部位がミックスされた状態で販売されていたことに由来するといわれます。シメには同じく九州の名産であるちゃんぽん麺が使われることが多く、お礼品にも本場の味を手軽に楽しめるものが多数そろっています。
まずは、中間市の若杉牛のもつ鍋セットに注目してみてください。この鍋の最大のこだわりはもつ鍋に使われているスープです。醤油ベースのスープに地元の酒屋から仕入れた酒粕をプラスすることで、香り高くも味わい深い特徴的なスープに仕上がっています。具材にも臭みのないホルモンのみを使用し、モツならではのぷりぷりした食感が楽しめるアカセンやハツなどの部位をミックスしています。寒い冬場には付属の柚子胡椒や鷹の爪を加えて辛みをきかせてみるのもいいでしょう。
豚のモツを使ったものなら志免町(しめまち)のもつ鍋も見逃せません。地元で半世紀以上にわたり親しまれている精肉店から、豚の直腸と秘伝のタレがセットで届きます。直腸は、他の部位に比べると肉に厚みがあり、弾力が強くジューシーなのが特徴です。下ごしらえもしっかりされているので、鍋にタレと一緒に投入し、ひと煮立ちさせるだけですぐに食べられます。

佐賀県

福岡県と同じく古くからもつ鍋が親しまれていた地域である佐賀県。実は初めに福岡でもつ鍋を提供した店も佐賀県の肉屋から肉を仕入れており、佐賀県にとってももつ鍋は馴染み深い鍋物のひとつとして定着しています。
すっきりした味わいが好みの方は白石町のもつ鍋セットにも注目してみてください。こちらは地元で20年以上親しまれている老舗の鍋店のもつ鍋セットです。モツには地元産の黒毛和牛を中心に小腸だけを使用し、創業以来変わらない特製のスープをそのまま使用しています。すっきりと食べやすい味わいで、女性の方にもおすすめです。シメ用にはちゃんぽん麺が付いています。
さまざまなスープを試したい方は唐津市のもつ鍋セットをチェックしてみてください。柔らかくて味の濃厚な黒毛和牛のミックスが、味噌と醤油の2種類のスープで味わえます。モツの分量が500g×2パックと多く、シメのちゃんぽん麺も5玉付属しているので、しっかりとした食べ応えのものをお探しの方にもおすすめです。
お祝い事に使えるものをお探しの方には、同じく唐津市のもつ鍋とモモスライスのセットはいかがでしょう? 佐賀産のミックスホルモンをかつおやこんぶ、ホタテなどのだしのよくきいた醤油味のスープで煮込むものです。作り方のレシピが付属しているので、もつ鍋の専門店ならではの味わいを簡単に自宅で再現することができます。セットのモモスライスはしゃぶしゃぶやすき焼きにして食べるのもいいでしょう。

長崎県

長崎県のもつ鍋は、他の地域では使わないような珍しい部位が味わえるのが特徴です。牛の品種にこだわったものも数多くあり、肉の味にこだわりたい方にもおすすめです。
松浦市では珍しい丸腸を味わうことができます。丸腸とは牛の小腸を切り開かずにそのまま裏返して腸の外側に付いている脂を内側に閉じ込めたものです。弾力のある食感は噛めば噛むほど独特の甘味が広がり、もつ鍋にしてもジューシーな味わいが楽しめます。味付けされていない本格的なモツなのでさっと下ゆでし、辛味噌やニンニクのきいたスープで煮込んで調理しましょう。他のもつ鍋の具材にしてみるのもおすすめです。セットには大腸や胃袋なども含まれているので、一部はホルモン焼きにしてみるのもいいでしょう。
地元産の上質な肉牛をお探しの方は、時津町(とぎつちょう)の長崎和牛のもつ鍋にも注目してみてください。長崎和牛は、長崎県の大自然の中でできるだけストレスをかけないように丹精込めて育てられた肉牛です。2013年に内閣総理大臣賞を受賞したこともある地域ブランドで、そんな長崎和牛のモツをシマチョウ(大腸)、センマイ、ハツ、アカセンなどさまざまな形で食べられるようにまとめたセットです。スープには醤油味と味噌味の2種類が付属しており、ニンニクや唐辛子など強い風味のあるものと合わせることでいっそうおいしく食べることができます。
腸を思う存分楽しみたい方には、佐世保市の国産牛もつ鍋セットもおすすめです。肉の専門店が提供する小腸と大腸、丸腸のセットで、いずれも丁寧な下処理がほどこされている上、もつ鍋用のスープが付属するのですぐに食べられます。

内臓を使って作る、一風変わったもつ鍋。今や定番の鍋料理のひとつとなりましたが、いつごろから食べられるようになったのかご存じでしょうか? もつ鍋の起源や誕生した時期については諸説ありますが、一般に普及するようになったのは戦後になってからともいわれます。
もつ鍋は元々さまざまな地域で別々に食べられていた料理だったため、同じ料理であっても地域ごとの豊富なバリエーションが存在します。入っている野菜やだしが違うのはもちろん、地域によってはハチノスやセンマイ、ハツなどといった、その地域ならではの部位を味わうこともできるため、いろいろな肉を楽しみたいという方にもおすすめの料理です。
戦後の復興期から変わらず、人々に親しまれ続けているもつ鍋。その魅力は、低カロリーでありながらも腹もちがよく、だれもが食べやすい料理という点にあります。下処理の仕方や牛や豚の品種によっても味が変化するため、ぜひ、地域ごとのもつ鍋を食べ比べてみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ