認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 コロッケ特集

コロッケ特集

ふるさと納税で家族みんなで楽しめるコロッケのお礼品を選んでみてはいかがでしょうか。定番のじゃがいもや牛肉以外にもさまざまな食材を使ったバリエーション豊富な各地のコロッケを集めました。

北海道

北海道では、良質なじゃがいもが種類豊富にとれ、その中でも男爵芋はホクホクとした食感が楽しめます。北海道産の良質な牛乳を使って作られたクリームコロッケのクリームの中に、北海道産のスイートコーンやカニ、ホタテなどを入れたコロッケは、北海道の自然の恵みを存分に感じることのできる品です。
北海道で育った黒毛和牛は、生後10カ月程度で出荷されるため柔らかくてジューシーで、余分な脂身がなくヘルシーなことが特徴です。そんな和牛を使って作ったコロッケは、牛肉本来の味を余すところなく堪能できます。コロッケはミニサイズなのでお弁当にも最適です。
海産資源にも恵まれた北海道では、魚介類をふんだんに使ったコロッケも作られています。特に魚のすり身を使った魚介コロッケは、創業当時から地元の人に愛された人気の味です。昔ながらの伝統を感じさせる素朴なおいしさが楽しめます。

東北地方

東北地方の厳しい環境の中で育てられ、2年間を過ごした和牛は、冬の寒さから身を守るために自然に脂身が凝縮され、とてもきめ細かく、サラッと溶けるような軽やかな口どけとなります。未経産の雌牛にこだわり32カ月以上の時間をかけてゆっくりと育てた極上の和牛は、旨味が豊かで肉質も柔らかく評価の高い牛です。また、2010年に誕生したばかりの話題の四元豚は、4種の豚をかけ合わせ、それらの長所を受け継いでいます。ジューシーで柔らかな肉質で、臭みがなく、甘味と酸味のバランスのよい濃厚な味わいが楽しめます。こだわりの肉から作られたコロッケも極上の一品となっています。
東北地方沿岸は水産業も盛んです。新鮮な魚介類をすり身にして入れたり、だしをとったりして、魚本来の旨味を生かしたコロッケも作られています。

関東地方

大正時代から戦前にかけ、神奈川県を中心に関東地方一帯で幅広く作られていた里いもは、ねばりが強く、まろやかな甘味と旨味、ねっとりとした食感が人気です。この里いもを主として作られたコロッケは、ねっとりとした食感が特徴です。ミネラル豊富な湧水と県の名産に選ばれた茶葉を飼料に取り入れて育った和牛に加え、お米を材料に使用するなど、地元の食材にこだわって作られています。
関東地方では、お肉を贅沢に使ったコロッケも人気です。麦類を中心にしたヘルシーな飼料を与えたことで、きめが細かく、くせのない赤身に育ったブランド豚の肉で作ったコロッケは、サクッとした歯ごたえの後、ジューシーな旨味が口いっぱいに広がります。
古くから田植えの合間に田んぼの畦を利用して作られていた大豆は、甘味、旨味が強いのが特徴です。種皮の茶色い茶豆を茹でてつぶし、玉ねぎやひき肉と混ぜて作ったコロッケは、大豆のほんのりとした甘味や豊かな風味、程よく残る大豆の食感が楽しめる一品です。

中部地方

岐阜県で生産される「飛騨牛」は、コロッケにしてもジューシーで、ソースをかけなくともおいしく食べられる贅沢な一品となります。富山湾沖でとれた新鮮な白エビを殻ごとたっぷり入れたコロッケは、白エビの香ばしい香りと素材の旨味が生きています。金目鯛が全国有数の水揚げ量を誇る静岡県では、新鮮な金目鯛を煮付けにし、こだわりの衣と油で揚げたコロッケを手作りしています。ゴロッとした金目鯛の食感とたっぷりの煮汁が染み込んだ食べ応えのある一品です。
コロッケの主原料にキャベツをふんだんに使用したコロッケは、キャベツ本来のシャキシャキとした食感を楽しめます。カレー味に仕上げたことで幅広い年齢層の方に人気です。里いもの品種の一種である唐いもは、もっちりとして滑らかでホクホクした食感が特徴です。コクのある濃い風味と食感を生かしたコロッケは、じゃがいもで作ったコロッケとはまた違うおいしさを味わうことができます。

近畿地方

京都市、奈良市は牛肉文化の根付いた地で、コロッケにも「伊賀牛」や「能勢黒牛」、「近江牛」などのその地で生産された国産和牛を贅沢に使用していることが多く、ジューシーな味わいを楽しむことができます。合挽肉でなく、牛肉100%にこだわったコロッケも多く、牛肉本来の甘味のある味が感じられます。しっかりと味付けした牛すじを入れたコロッケも人気です。軟らかく煮込んだ牛すじは、口の中でとろける食感を楽しめます。
低カロリーなのに栄養豊富な鹿肉を使った珍しいコロッケも作られています。山の恵みの中で成長した天然の食材の味を贅沢に堪能してください。
関西風のコロッケは甘い味付けがされているのが特徴です。甘味は脂肪酸と結びつくことで旨味を引き出すため、油で揚げた甘いコロッケはまさに病みつきになる味です。

四国地方

「四万十牛」は、四万十川の清らかな自然水と、地元で作られる稲葉を食べて育ち、柔らかくて甘味のある肉となります。厳しい審査を通って四万十牛と名乗ることのできる牛は、毎年非常に少なく、希少な品種です。四万十牛を贅沢に使って作ったコロッケも絶品で、幅広い年代から人気があります。
新鮮な小魚を骨や皮ごとすり身にして油で揚げた練り製品で、江戸時代から作られている愛媛県の郷土料理「じゃこ天」に、玉ねぎなどの野菜とパン粉を加えてコロッケ風に仕上げた品も用意されています。サクサクとした衣の食感の後に、ふわふわでジューシーかつ甘味のある味が楽しめるご当地グルメです。
高知県で創業から60年以上続くアットホームな洋食店で作られているクリームコロッケは、タレも自家製で作り、ひとつひとつ時間をかけた数量限定のコロッケです。

九州地方

九州地方は、肉用牛と豚の生産が各県で盛んに行われています。温暖な気候と広大な自然に恵まれた土地の中でのびのびと育った黒毛和牛は、上質な肉質と風味が特徴ですので、旨味を贅沢に感じられるコロッケが作られています。九州産の黒豚は、肉のキメが細かく、柔らかくて歯切れもよい、甘味がありながらもさっぱりとした味が特徴です。黒豚のみを使用した、素材のおいしさを感じられるコロッケが作られています。豚のバラ肉をトロトロになるまで煮込んで角煮にし、衣の中に詰め込んだコロッケも、サクッとした後に肉のとろけるような食感と、だし醤油の甘味が利いた風味を味わうことができる人気の品です。
長崎県のグルメとして有名な皿うどんや、阿蘇地方を中心に伝統的に作られている高菜、きのこがたっぷりのグラタンコロッケなど、九州地方各地の特産品を具材にしたユニークなコロッケも作られています。

コロッケは、潰した具材をパン粉で包んで揚げて作る人気のお惣菜です。作り方は非常にシンプルですが、中に入れる具材や作り方によって味や食感が変わる奥の深い食べ物です。
地域ごとの特徴も感じられる奥の深い料理であるコロッケ。食べたことのないようなユニークなコロッケや、ブランドの肉をふんだんに使った贅沢なコロッケなど、全国各地でさまざまなコロッケが作られています。ぜひふるさと納税を通じて各地のコロッケを味わってみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ