認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 パン特集

パン特集

古代エジプトで始まったパンは、ヨーロッパからアジアへと伝えられ、日本にも戦国時代に鉄砲とともに伝来したといわれています。 戦後の生活スタイルの洋風化とともに、米に次ぐ主食として日本人の食卓にもすっかり定着しました。 現在も各地で個性豊かなパンが作られています。お礼品としてもたくさんの美味しいパンをご用意しました。

北海道

小麦やバターなどのパンの原料となる製品の生産が盛んな北海道では、バターをふんだんに利用したパンや、甘みの強い道産小麦の「キタノカオリ」を利用したパンなど、材料と製法にこだわって上質に焼き上げたパンが多く作られています。
キタノカオリは甘みと生地のもちもち感の評価が高い高級国産小麦粉で、吸水性に優れ、噛めば噛むほど甘みを感じられるパンを作ることができます。
北海道では全国の90%以上の小豆を作っていることもあり、あんパンも評判です。中でも100年以上前から変わらず生産を続けている「月寒(つきさむ)あんぱん」は、東京で流行したあんパンの少ない情報を元にして作られました。素材の味をできるだけ生かすことと、昔の職人が守ってきた歯ごたえを伝えることにこだわって作られています。
また、自然豊かな北海道では、薪窯を使ってパンを焼くベーカリーも多いです。20時間以上かけて発酵させた生地を1枚1枚手でのばして薪窯で焼いたピザは、香ばしい香りと、外はカリッとしているのに、中は窯の遠赤外線効果でよりもちもち感の増した食感を味わうことができます。
多くの美味しいベーカリーが存在する北海道ですが、パンを食するためだけに足を運ぶ機会はなかなかないのではないでしょうか?ふるさと納税に寄付すればお礼品として今まで知らなかった北海道のこだわりのパンに出合うことができ、自宅にいながら食べることも可能になります。

東北地方

気候、地形、土質によって品質が左右される小麦は、冷涼で乾いた土地を好み、雨の多い日本では作ることが難しいといわれていますが、全国各地で生産が行われています。
大正時代創業で、地元の人々から愛され続けるお店で作られる伝統の玄米パンは、原料にもこだわっています。地元で作られた玄米と、風味の豊かな北海道産の小豆から作ったあんこがたっぷり入り、もちもちした食感と素朴な味わいが楽しめます。こしあん、つぶあん、ごまあんが入り、バラエティ豊富な味わいを楽しむことができます。冷凍で届いたパンを電子レンジや蒸し器で温めれば、いつでも出来立てのパンが食べられるのです。
同じく、50年以上も地元の人々に愛されている和菓子屋があります。黒砂糖水に小麦粉を混ぜて練り、こしあんを包み込んでこんがり焼き上げ、上から砂糖をまぶしてコーティングしました。昔ながらの製法で作られた、素朴な甘さを感じられるお菓子です。
また、米の生産が盛んで、数々のブランド銘柄のお米を作っている東北地方では、小麦粉ではなく米粉を使ったパンも作られています。ミネラル豊富な水を使い、農薬や人糞肥料、化学肥料を一切使わず、自然の仕組みを十分生かした安心の自然農法で栽培された米粉から作ったパンは、しっとりとしてかつ柔らかい食感が自慢の品です。

関東地方

関東地方でも、地域の特産品を生かしたパンが作られています。
特に、神奈川県産の小麦を製粉した「湘南小麦」で作られたパンは、噛めば噛むほど香りに深みが出て口の中に広がり、芳醇でありながらも、過度ではない爽快感のある甘みへとつながっていきます。小麦、塩、水のみの最低限の材料しか加えずに作ったパンからは、小麦本来の風味と、発酵の香りを存分に感じることができます。
また、同様に湘南小麦で作った生地を2日間かけてゆっくりと発酵させ、遠赤外線の溶岩石窯で焼き上げたパンは、バターや生クリーム不使用で作っていることもあり、天然酵母特有のふんわりと香る良いかおりを楽しむことができます。
湘南といえば、シラスの水揚げが有名な地でもあります。生後20〜50日のイワシの稚魚を総称した呼び方がシラスですが、春、夏、秋と年に3度も旬を迎えます。湘南のシラスは、暖流の黒潮に乗って水深の浅い沿岸近くに来たところを1艘(そう)の船で一気に捕獲し、漁業者自ら加工・直売することが多いことから、鮮度と品質の良いシラスが取れます。そのシラスはほんのりとした甘みが感じられます。
湘南のベーカリーが湘南の素材にこだわって作ったシラス入りのカレーパンは、特産品の1つです。油染みのしないもちもちとしたパン生地の食感と、甘みのあるシラスが入ったことでカレーの味がしつこすぎず、マイルドな味が特徴のカレーパンです。
他にも、埼玉県では国産玄米を100%使用した香ばしい玄米パンを、栃木県では農薬や除草剤、肥料さえも一切使わずに地元の畑の地力のみで育った玄米を使った自家製の天然酵母パンなど、原料にこだわったパンを豊富にご用意しています。

中部地方

静岡県下田市では、昭和に開業したパンと菓子を提供した老舗の店が今も営業を続けています。
平成になってから和菓子とあんパンの専門店となり、現在では10種類以上のあんパンを作っています。こしあんとバターの相性を最良に仕上げた牛乳あんパンは、マスコミにも取り上げられ、全国でも知名度の高いパンです。1つ1つ手作りのあんぱんは、低音で時間をかけてゆっくりと発酵させることもあり、とても柔らかい食感です。中に入れるあんは、和菓子職人によって北海道産のあんを自家製餡し、舌触りはなめらかで、後味もすっきりなものに仕上げました。
地元の食材を厳選して作った地産地消のパンも多く作られています。愛知県田原市では、搾乳から24時間以内にパック詰めすることで搾りたての風味を損なわない新鮮な牛乳が作られており、その牛乳を100%使って作ったパンからも、牛乳の濃厚な風味が味わえます。
また、山梨県富士川市のお礼品では、数々のテレビ番組への出演も果たした有名なパン職人が、地元の素材にとことんこだわって食品添加物や遺伝子組み換え食品なども一切使用せずに焼き上げた、無添加のパンを味わうこともできます。
岐阜県では、地元のブランド牛である飛騨牛と氷魚をトッピングし、小麦粉を独自ブレンドした生地とともに石窯でじっくりと焼いた本格ピザもご用意しています。味付けは、国産の鮎の旨味を凝縮した3種類の特性調味料で行われます。

九州地方

宮崎県のふるさと納税のお礼品には、肉の旨味を邪魔しないシンプルなバケットで挟んだ角煮バーガーをご用意しています。品種だけではなく、飼育方法や餌にもこだわったブランド豚が生産されていて、きめ細かく引き締まっていて甘みがあり、さっぱりとした脂肪が特徴の豚肉は、臭みも感じず、肉汁たっぷりのジューシーな味を楽しむことができます。そんなブランド豚を弱火で時間をかけ、宮崎県産の日向夏のエキスも入れてじっくりと煮込んで寝かせた角煮は、旨味たっぷりのとろとろの肉となります。
また、全国で有名となった長崎県の佐世保バーガーも美味しく召し上がることができます。国産牛を手ごねした肉汁たっぷりのパテは、濃厚なオリジナルケチャップとマヨネーズで味付けされています。
福岡県でも名産品の明太子を表面とパンの中にたっぷりと塗った柔らかい食感のフランスパンや、福岡県産の小麦粉を使用し、地元で人気のベーグルセット、自然豊かな山里の中で、天然酵母や自然発酵種にこだわり、健康に配慮したパン作りを目指した素朴な味わいを楽しめるパンなど、豊富な種類のパンをご用意しています。

あんパン

子供のころから日本人に馴染みの深いあんパンは、日本で作られたオリジナルの菓子パンです。考案したのは明治時代に東京で創業し、パン、和菓子を中心に食品の製造、販売を行なっている現在も有名な製パン会社です。
桜の花を塩漬けにしたものをパンの表面にアクセントとしてつけたあんパンが明治天皇の花見の際に献上され、宮内庁御用達となったことから、全国に「あんぱん」の名が知れ渡ります。
明治天皇が花見をした4月4日は、現在「あんパンの日」といわれています。さらに、日清戦争で日本各地から集められた兵士に支給されたことを契機に、全国的にあんパンが流行するようになりました。
当時は現在パン作りで主流の酵母であるイースト菌が希少だったこともあり、酒饅頭の製法に倣い、酒を利用してパンの生地を発酵させていました。このように和菓子の製法が取り入れられていたことも、まだパンに馴染みの薄かった日本人にあんパンが受け入れられた理由の1つかもしれません。
このブームにより、一般市民の間にも一躍パンが親しまれるようになり、西洋の文化であるパンを日本の和菓子製法を用いて作ったことで、あんパンは文明開化を代表する食べ物の1つとなりました。
しかし、名称以外に情報の届かなかった北海道や青森県では、少ない情報から考案された独自の「あんパン」が作られました。特に北海道の月寒あんパンは、サイズも食感も、パンより月餅に近いものが生まれましたが、貴重なエネルギー源となったため、現地の陸軍からもてはやされ、人気の食べ物となりました。

クロワッサン

クロワッサンは日本の人気なパンの1つでもあります。
「クロワッサン」という言葉はフランス語で三日月という意味で、発祥もフランスといわれていますが、クロワッサンの元になったパンはオーストリアのウィーンが発祥といわれています。
その起源は諸説ありますが、オーストリアが進撃してきたオスマン帝国(現在のトルコ)軍を撃退した際の記念で作られ、クロワッサンが「三日月」の形をしているのは、トルコ軍の国旗に描かれた三日月を食べることで、トルコ軍への勝利を示したからだという説が有力です。
その後18世紀になってマリー・アントワネットが嫁入りした際に連れてきた専属のパン職人が、そのパンを作ったことでクロワッサンがフランスにも広まったといわれています。
均一な量のバターを、伸ばしたパン生地に挟んで折りたたみ、また伸ばしてバターを挟んでは折りたたむという工程を幾度となく繰り返すことで、生地とバターが幾重にも薄い層を重ねることになり、サクサクの食感が実現しました。
この食感を実現するためには、技術と手間が必要となることから、昔はクロワッサンといえば高級なパンというイメージも強かったですが、機械での整形が可能となった現在では、一般家庭でも親しまれるようになりました。
最近ではチョコレートを生地に包んだ「チョコクロワッサン」も人気ですが、正式名称は「パン・オ・ショコラ」という名です。日本で人気のクロワッサンは、濃厚な甘みがあることが多いですが、これは日本での独自のアレンジです。朝食に食べることの多いフランスでは、よりプレーンな味わいのものが作られています。

サンドイッチ

パンに挟むだけで簡単に完成するサンドイッチは世界中で親しまれている料理です。サンドイッチの名前は18世紀初頭のイギリスで名をはせた政治家が由来です。
賭け事が好きなことでも有名だったサンドイッチ伯爵が、賭け事をしながらでも食事が取れるようにと考案したことがサンドイッチの起源といわれています。
さらに、クラブサンドの起源にも賭け事が由来しているという説があります。19世紀末にアメリカのカジノクラブで賭け事をしながらの食事がよりスムーズにできるように、3枚のパンを重ねたサンドイッチを考案したのが、クラブサンドの始まりといわれています。食器を使わなくとも気軽に食べられることから、現在も電車の車内食や飛行機の機内食としてよく食べられています。
日本では2枚の食パンで具材を挟んだものが一般的ですが、プレーンな風味のクロワッサンに切り込みを入れて具を挟んだものや、ハムとチーズを挟んだパンをフライパンで焼き、ソースで味付けをして温かいうちに食べるクロックムッシュ、その上に目玉焼きを盛り付けたクロックマダムなどのホットサンドイッチ等、ベーシックなサンドイッチが簡単に作れることもあり、そこから派生したサンドイッチのバリエーションは非常に豊富に存在しています。

食パン

発酵させた生地を長方形の箱の中に入れて焼いたパンを日本では食パンと呼んでいますが、最初に食パンの製造を始めたのはイギリスという説が有力です。
18世紀ごろから金型に入れて焼いたパンの製造が始まったとされ、イギリスの植民地の拡大に伴い、世界中に広まりました。フランス語では、柔らかいところだけでできたパンという意味の、「パン・ドゥ・ミー」と呼ばれています。昔は富裕層でないと食べることができなかったことから、柔らかく、白いパンは豊かさの象徴とされていました。しかし、製パン工場が造られたことで食パンの大量生産が可能となり、以前よりも高品質なパンが貧困層にも手の届く存在となりました。
明治初期になると日本にもイギリスの食パンが伝わります。この時にヨーロッパで主流な形の山型の白いパンが伝来しますが、主に外国人向けのパンとして作られただけで、一般家庭には普及しませんでした。その後、戦後になってサンドイッチを主食とした占領軍の要望に応じて作られた角形の食パンが一般にも普及するようになります。
欧米では水や塩だけで生地を練って作ることが一般的ですが、日本では日本人の好みに合わせて牛乳やバター、マーガリンなどを入れて焼き上げたものが主流になったため、菓子パンに分類されることがあるほど甘く、他の国で一般的な食パンとは一線を画すものとなりました。

スコーン

イギリスのアフタヌーンティーに欠かせない存在であるスコーンもパンの一種です。イギリスではプレーンなスコーンが主流で、ジャムやイギリスの伝統的なクリームである「クロテッドクリーム」を添えて紅茶を飲む習慣があります。
しかし、スコーンの発祥の地であるスコットランドを中心とした北欧とアメリカでは、ブルーベリーやクランベリーなどのドライフルーツや、ナッツやチョコレートチップを入れた具入りのものが主流です。イギリスのスコーンと比較すると、生地自体にも砂糖を混ぜて甘く仕上げたものが一般的で、ジャムなどは何もつけることなく、そのままおやつとして食べることが多いようです。
そもそもスコーンは、ビスケットの系統をひく焼き菓子が元になっていましたが、19世紀半ばにベーキングパウダーが普及したことにより、現在の立体的な形になりました。パンの一種でありながら、イースト菌を使わずにベーキングパウダーを使って膨らませる製法で作る点は非常に特徴的です。
残念ながら、日本にスコーンがいつ伝来したのかという情報は残っていないようです。最近になって日本でもスコーンが食べられるカフェが増えており、身近な存在になりつつありますが、緑茶のお茶請けとして和菓子を食べることが一般的な日本文化では、イギリス系等のプレーンなスコーンを軽食としていただくよりも、甘く仕上げた北欧系統のスコーンをお菓子として食べる方が受け入れやすいのかもしれません。

米が主食となったアジアとは異なり、ヨーロッパやアメリカでは麦などの穀物から作られたパンが主食として食べられていました。世界のパンの歴史は非常に古いものです。
13万年以上も前から穀物を栽培していた跡が残っています。現在のシリア北部に位置している遺跡で小麦とライ麦が発見されていることもあり、現存する人類最古の農業の跡といわれています。この時代では、麦の外皮が固いために、炒ったり、石で挽いたりして粉状にしたものに水を加えて粥状にして食べていたようですが、紀元前3700~3600年と思われる遺跡からは、粥を何日か放置して自然発酵させ、パン窯のような設備で焼いたパンが発見されています。
さらに、古代エジプトではすでに盛んに作られていたパンを給料や税金の代わりにも使っており、非常に価値のあるものとして扱われていたことがわかります。発酵させて作るパンの技術もすでに確立されていたといわれています。さらに古代ローマの時代には、小麦を挽くための大型の石臼も発見され、パン屋も発掘されています。この時代に確立された技術は中世まで受け継がれ、製法に大きな変化はなかったといわれています。
中世ヨーロッパにおいては小麦のパンが最上級のパンとされ、貴族の間では薄く切ったパンが皿代わりに使われるほど激しく消費されていました。
しかし、農民や貧困層の者たちには手の届くものではなく、小麦に他の穀物を混ぜたり、ライ麦パンを食べたりすることで生活していました。当時は穀物以外の食べ物が不足していたこともあり、パンの原料の価格が高騰すると、パンの重さを軽くしたり、混ぜ物を多くしたりして調整していました。このように、粉をこねてパンを焼く技術と設備を持っていたパン屋は当時の人々にとって欠かせない存在であり、権力を握ることも多かったようです。
18世紀になるとヨーロッパでは徐々に市民の生活レベルが向上し、小麦の生産地が拡大したこともあり、一般の市民レベルであっても食生活の中心がライ麦から小麦に変わっていきました。さらに大型オーブンの発明や製粉技術の発達に伴い、大規模なパン工場が造られます。その後、微生物学の発達により酵母の存在が見つかったことでさらなるパンの大量生産が可能となりました。
日本では、17世紀ごろの安土桃山時代にポルトガルの宣教師によって西洋のパンが伝来していますが、江戸時代初期に日本人がパンを食べたという記録はほとんど残っていないため、この時代でのパンの普及は難しかったと考えられます。
日本にはすでに米が主食として不動の地位を築いていたことや、キリスト教と密接に関連していたことから、バテレン追放令などが出されていた当時の時代背景を鑑みると、公にパンを食べることは困難だったことが予想されます。江戸時代に書かれた料理書や菓子のレシピが記された本にパンの製法が記されていたようですが、これも庶民の生活には使われず、もっぱら外国人が訪れた際にもてなすために使用していたようです。
初めて日本人がパンを焼いたのは江戸時代末期だといわれています。パンが兵糧として有用なのではないかと考えた幕臣によって作られました。この時作ったパンは、自宅にパンを焼くためのかまどを設置するほどの本格的なものでした。
その後、長い鎖国時代を終えた日本には、文明開化の波と共にパンが本格的に持ち込まれますが、やはりコメ志向が強かった日本人にはなかなか受け入れられることはなかったようです。
しかし、日本人の口に合わせて作られたあんパンが発明され、明治天皇に認められ、宮内庁御用達となったことも起因して全国でブームとなり、一躍して「パン」の存在が受け入れられるようになります。それをきっかけに、菓子パンや総菜パンが次々に開発され、独自の発展を遂げていきます。
さらに第二次世界大戦後には、アメリカから多くの小麦粉が援助されたこともあり、パンが学校給食の主食として出るようになると、主食としてもパンが食べられるようになりました。それ以降、日本でのパンの消費量は急増し、現在では朝食にパンを食べることも当たり前の食卓風景となっており、2011年には初めて1世帯当たりの購入額においてパンがコメを上回りました。単身者や核家族の増加によって、コメを炊くよりも手軽に食べられるパンが好まれるようになったのかもしれません。
しかし、日本人にとって長年主食として不動の地位を築いてきたコメの影響は非常に大きいものです。世界でもパンの好みはそれぞれの国の食文化に影響されていますが、伝来したものをそのまま受け入れるのではなく、好みに合わせてアレンジすることの多い日本では、特にそれが顕著に表れています。
ヨーロッパのパンは、主食として嗜まれていたために、余計な味付けはせず、小麦粉の香りや風味を楽しむものが発展しました。また、肉食が中心で硬いものを好んで食べるため、パンも硬く焼いたものが主流となっています。
それに対して日本では、パンが伝来する何百年も前からすでにコメが主食であったため、メインを補う総菜パンや菓子パンとして発展しました。さらに、日本人が昔から好んで食べていたコメや魚は肉に比べると非常に柔らかいものであったため、パンも硬いものではなく、コメを炊くときのように水や牛乳で水分を多くした柔らかいパンが好まれています。
ヨーロッパからの伝来で始まった日本のパン文化ですが、ヨーロッパのパンとは全く異なる独自の発達を遂げています。日本各地で作られているパンは、その地域の気候や特産物を生かして作られた、日本を感じることのできる食品です。原料からこだわったパンや、歴史を感じるパンなど、どれも美味しいお礼品の数々を集めました。ぜひふるさと納税に寄付して、お礼品として各地のパンを味わい、日本に根付いたパンの魅力を感じてみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ