ランキングとレビューで探せる認知度No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 地域から探す  > 
  3. 関東地方  > 
  4. 群馬県  > 
  5. 桐生市  > 
  6. 雑貨・日用品  > 
  7. タオル  > 
  8. その他タオル  > 
  9. 御召のアカスリ 国産絹100%のボディタオル トライアルサイズ

お礼品ID:1207519

御召のアカスリ 国産絹100%のボディタオル トライアルサイズ
御召のアカスリ 国産絹100%のボディタオル トライアルサイズ
御召のアカスリ 国産絹100%のボディタオル トライアルサイズ
御召のアカスリ 国産絹100%のボディタオル トライアルサイズ

御召のアカスリ 国産絹100%のボディタオル トライアルサイズ

群馬県桐生市

さとふるアプリdeワンストップ申請対象?

国産絹100%で作られた着物地のボディタオル  御召独特のしぼが優しく肌をケアします

0.0
0
寄付金額10,000円
お礼品発送予定時期
2020年10月中旬よりお申し込み後1~2週間程度で順次発送予定
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

桐生織の伝統技法である 御召(おめし)古くから丈夫な着物地として幅広く使われてきた高級着物地です。
絹糸に強力な撚りを掛ける事で、水に濡らすと縮みます生地の表面は凸凹と独特のしぼが出来、それが優しく肌をケアします。
昔から、絹糸を扱う職人たちに綺麗な肌が多い事は知られていましたが、絹100%の生地ではどうしてもボディタオルのような水に濡らす使用には耐えられない事も分かっていました。それを可能にしたのが、御召の技術です、水に濡らすほどに強烈に固くなりゴシゴシと擦ってお使いできます。
長くご使用いただくコツは、使用前に洗面器などで良く洗い汚れを落とし、顔や体をイキナリ洗うのでなく、洗剤を手に取り手洗いで顔や体の汚れを先に落としてから、水やお湯などで濡らした御召を優しくケアする部分に充てて擦って下さい。


【生産者の声】
国産絹100%です。群馬県の絹使用認定(一部は富岡産絹使用認定)前橋産のぐんま200品種の絹です。
当織物工房にて、職人が手織にて一枚一枚丁寧に織りあげた物です。

■内容量
御召アカスリ (トライアルサイズ)
1枚(30cm×40cm)
■原産地
群馬県前橋市
■製造地
群馬県桐生市
■加工地
群馬県桐生市
■原材料・成分・提供サービス詳細
絹100% (ぐんま200)

■注意事項/その他
※本お礼品はトライアルサイズです。
※裁断のみ仕上げ、生地の端は縫製しておりません。縫製糸に国産絹以外が紛れるの防ぎ、自由なサイズに使用できるようにです。御召なので簡単には解れてきませんが、心配なようでしたら端に出ている糸をハサミで切って下さい。
※強く擦り過ぎると肌が赤くなることがあります、優しくご使用下さい、肌のアレルギーなどある場合には医師と相談の上ご使用下さい。
※使用前に、必ず洗面器などで良く洗いのり等(天然糊)を落としてからご使用ください。
※ご使用後に濡れたままにしないで下さい、カビる事があります。洗った後は良く絞り、陰干しをして下さい。

お礼品詳細

提供元 森秀織物株式会社
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 通年
配達外のエリア

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

コンビニ決済

ID決済

キャリア決済

Pay-easy決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

群馬県桐生市からのおすすめお礼品

群馬県桐生市のご紹介

  1. 全国
  2. 群馬県
  3. 桐生市

桐生市は、群馬県の東南部(東京から直線距離で90キロ)に位置し、赤城山や日光連山に囲まれ、桐生川と渡良瀬川の清流が流れる水と緑に恵まれた山紫水明の地です。

古くから織物のまちとして知られ、奈良時代のはじめには絹織物を朝廷に献上し、江戸時代には「西の西陣、東の桐生」と称されるなど、日本有数の繊維産地として発展しました。

今でも、ノコギリ屋根の織物工場や伝統的建造物が数多く残り、まちなかには国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている地区もあります。

今、“感性”を育む人づくり、“つながり”を生かしたまちづくりをテーマに、「感性育み 未来織りなす 粋なまち桐生」を将来都市像として、都市基盤の整備や群馬大学理工学部を核とした産学官の連携による新産業の創出、さらに豊かな自然などの資源を生かした施策を推進し、住みよいまちづくりに努めています。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 絶滅危惧種カッコソウ保全事業

  2. 桐生八木節まつり事業

  3. 桐生が岡遊園地・動物園整備事業

  4. 群馬大学理工学部の応援及び理工学部との連携事業

  5. 自然保護や環境美化に関する取り組み

  6. 文化財や生涯学習、文化振興に関する取り組み

  7. まちづくりに関する取り組み

  8. 子どもの育成に関する取り組み

  9. 高齢者支援に関する取り組み

  10. 財政健全化に関する取り組み

  11. スポーツ振興に関する取り組み

  12. 使途を指定しない

  13. 球都桐生プロジェクトの推進

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

ページ上部へ