ページ上部へ

ランキングとレビューで探せる認知度No.1ふるさと納税サイト

ランキングとレビューで探せるふるさと納税サイト

お礼品ID:1214309

御召のアカスリ ぐんまの絹 100%シルクのボディタオル
御召のアカスリ ぐんまの絹 100%シルクのボディタオル
御召のアカスリ ぐんまの絹 100%シルクのボディタオル
御召のアカスリ ぐんまの絹 100%シルクのボディタオル

御召のアカスリ ぐんまの絹 100%シルクのボディタオル

群馬県桐生市

0
さとふるアプリdeワンストップ申請対象
?
さとふるアプリdeワンストップ申請対象
?
御召のアカスリ ぐんまの絹 100%シルクのボディタオル
御召のアカスリ ぐんまの絹 100%シルクのボディタオル
御召のアカスリ ぐんまの絹 100%シルクのボディタオル
御召のアカスリ ぐんまの絹 100%シルクのボディタオル

使ってみて初めて実感できる日本人の知恵。昔ながらの伝統的な着物生地で優しくケアしましょう

0.0
0

寄付金額20,000円

お礼品発送予定時期
2024-06-06より順次発送
※生産・天候・交通等の事情により遅れる場合があります。
  • 画像はイメージです。
  • 注意事項をご確認ください。
「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

「昔は、機やさんで従業員も職人も着物地の端切れで体洗ってツルツルになってたな~特に御召生地がいいんだ!」
そんな職人の何気ない会話から始まった、御召アカスリ復活。
使ってみて初めて実感できる日本人の知恵。
日本有数の製糸場を誇るぐんまの養蚕農家地域で生産された国産絹を贅沢に使用して手織りで作りました。
きばたで出荷しますので、お湯に入れるとあら不思議!見る見る生地が縮んでいき、とても絹100%とは思えない伸び縮みをするウォッシャブルタオルに変身!石鹸をたっぷりと泡立てて初めは優しく使って下さい。
お勧めは、手で体の汚れを落とした後に、御召生地に少量のソープを付けて優しく撫でる様に洗って下さい。

■生産者の声
かかとやひじなどかさつく部分などは数回使っただけで、国産のシルク成分が優しくお肌を守っているのを実感できると思います。
大変ありがたい事ですが、手織りで丁寧に作っているので数が沢山作れないのですがお申し込みが続いており常に品薄な状態です。

■お礼品の内容について
・御召のアカスリ ぐんまの絹[1枚(120cm×40cm)]
  原産地:群馬県前橋市/製造地:群馬県桐生市/加工地:群馬県桐生市


■原材料・成分
国産シルク100% 絹糸ブランド・ぐんま200

■注意事項/その他
使用前に、洗面器などでゆすぎ縮めてからご使用ください。
使用後は、必ず水で洗い陰干しをして下さい。
お肌に合わないと感じた時は、使用を止めて下さい。
※使用画像の一部に他の色が写っておりますが、お届けするのは白色1枚です。

お礼品詳細

配送種別 通常
提供元 森秀織物株式会社
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 2021-02-19〜
配達外の
エリア

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2週間程度

お支払方法

  • クレジットカード決済

  • コンビニ決済

  • ID決済

  • キャリア決済

  • Pay-easy決済

  • ※自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。
  • ※Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。
  • ※お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • ※このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
  • ※提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
  • ※お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

お問い合わせ窓口など

他にもこんなお礼品があります

群馬県桐生市からのおすすめお礼品

さとふるアプリdeワンストップ申請

この自治体はワンストップ特例申請をオンラインで行えます。

※さとふるアプリからのみ申請可能です
※ワンストップ特例申請書の提出は不要です

閉じる

お礼品レビュー

0.0

群馬県桐生市のご紹介

  1. 全国
  2. 群馬県
  3. 桐生市

桐生市は、群馬県の東南部(東京から直線距離で90キロ)に位置し、赤城山や日光連山に囲まれ、桐生川と渡良瀬川の清流が流れる水と緑に恵まれた山紫水明の地です。

古くから織物のまちとして知られ、奈良時代のはじめには絹織物を朝廷に献上し、江戸時代には「西の西陣、東の桐生」と称されるなど、日本有数の繊維産地として発展しました。

今でも、ノコギリ屋根の織物工場や伝統的建造物が数多く残り、まちなかには国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている地区もあります。

今、“感性”を育む人づくり、“つながり”を生かしたまちづくりをテーマに、「感性育み 未来織りなす 粋なまち桐生」を将来都市像として、都市基盤の整備や群馬大学理工学部を核とした産学官の連携による新産業の創出、さらに豊かな自然などの資源を生かした施策を推進し、住みよいまちづくりに努めています。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 絶滅危惧種カッコソウ保全事業
  2. 桐生八木節まつり事業
  3. 桐生が岡遊園地・動物園整備事業
  4. 群馬大学理工学部の応援及び理工学部との連携事業
  5. 自然保護や環境美化に関する取り組み
  6. 文化財や生涯学習、文化振興に関する取り組み
  7. まちづくりに関する取り組み
  8. 子どもの育成に関する取り組み
  9. 高齢者支援に関する取り組み
  10. 財政健全化に関する取り組み
  11. 使途を指定しない
  12. スポーツ振興に関する取り組み
  13. 球都桐生プロジェクトの推進

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集