ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3.   
  4. 調味料  > 
  5. そば   
  6. 醤油   
  7. 味噌   
  8. ドレッシング  > 
  9. 那須塩原ブランド品セット(全4種)

お礼品ID:1118273

那須塩原ブランド品セット(全4種)
那須塩原ブランド品セット(全4種)

那須塩原ブランド品セット(全4種)

栃木県那須塩原市

那須塩原ブランド認定品詰め合わせをお送りします。

5.0
1
寄付金額10,000円
お礼品発送予定時期
お申込みから1~2週間程度で順次出荷予定
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

那須塩原市で「那須塩原らしさ」「独自性」「信頼性」「安定性」などの認定基準に基づき認定した「那須塩原ブランド品」をお送りします。

■内容量/製造地
野州支那そば(麺80g) 3食
田舎つくり伝承味噌(1kg) 1個
那須野むらさき(200ml) 1個
ドレッシング(150ml) 1本
製造地:すべて那須塩原市

■原材料
お礼品のラベルに記載
※アレルギー物質などの表示につきましては、さとふるサポートセンターまでご連絡ください。

■賞味期限
出荷日よりすべて2ヶ月

お礼品詳細

提供元 公益法人那須塩原市農業公社
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 通年
配達外のエリア

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

コンビニ決済

PayPayオンライン決済

キャリア決済

Pay-easy決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

栃木県那須塩原市からのおすすめお礼品

お礼品レビュー

※レビューは投稿された時点の内容です。該当のお礼品を選択するための寄付金額などが変更となっている場合があります。

評価:

しゅふ

2020年12月06日

すべて美味しかったです 特にお味噌が甘みがあり美味しかったです なくなったら探して買おうと思います

栃木県那須塩原市のご紹介

  1. 全国
  2. 栃木県
  3. 那須塩原市

栃木県の北部に位置し、那珂川と箒川に挟まれた土地にある街です。街の中には東北新幹線、宇都宮線などの鉄道や国道4号線東北自動車道などの道路が通っていて、栃木県北の交通の拠点になっています。農業・酪農がともにさかんで、特に酪農の生乳産出額は全国でも上位に位置しており、首都圏への食料供給基地としての役割も担っています。また、那須の山々や那須野ヶ原の大地などの豊かな自然、塩原温泉や板室温泉などの豊富な温泉は、住んでいる人たちや多くの観光客に癒し・安らぎを与えてくれます。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.新型コロナウイルス感染症対策事業

  2. 2.気候変動対策に関する基金

  3. 3.那須塩原市子ども・子育て夢基金

  4. 4.牛乳等による地域活性化推進事業

  5. 5.塩原温泉渓谷修景伐採事業

  6. 6.世界に羽ばたく子どもたちの支援事業

  7. 7.自然環境に関すること

  8. 8.生活環境に関すること

  9. 9.教育文化に関すること

  10. 10.産業観光に関すること

  11. 11.保健福祉に関すること

  12. 12.事業の指定なし(市長におまかせ)

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 東北特集

    東北特集

    食の恵みがあふれる本州の最北端

  • 調味料特集

    調味料特集

    定番から、地域ならではの一品まで 旨さを際立たせる

  • 醤油特集

    醤油特集

    日本の食を彩る 地元自慢の確かな味わい

  • 近畿特集

    近畿特集

    歴史と文化が交わる西日本の中核

ページ上部へ