ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 調味料  > 
  4. はちみつ  > 
  5. 坂井養蜂場 昔ながらの蜂蜜 550g 2本組

お礼品ID:1089941

坂井養蜂場 昔ながらの蜂蜜 550g 2本組
坂井養蜂場 昔ながらの蜂蜜 550g 2本組
坂井養蜂場 昔ながらの蜂蜜 550g 2本組
坂井養蜂場 昔ながらの蜂蜜 550g 2本組

坂井養蜂場 昔ながらの蜂蜜 550g 2本組

福岡県大牟田市

自然溢れた大牟田市で養蜂をし、蜂蜜を採取し、地元産にこだわった天然で純粋100%の国産蜂蜜です。

0.0
0
寄付金額18,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

大牟田市は海と山に挟まれた町であり、自然が溢れております。坂井養蜂場は、その大牟田市で40年以上養蜂に携わっており、地元産(大牟田産)にこだわった国産蜂蜜を寄付者様に提供しております。また、地元のみならず日本の各地からもお申し込みを頂いており、たくさんの寄付者様に、召し上がって頂いております。

■生産者の声
自然溢れた大牟田市の山中又は、山のふもとで養蜂業を営んでおり、毎年春になるとミツバチが旬の花々の蜜を運んで来てくれます。純粋な地元産(大牟田産)100%の蜂蜜です。ミツバチが運んでくれる自然の恵みを、どうぞご賞味ください。

■内容量/原産地
国産蜂蜜 550g×2
原産地:福岡県大牟田市

■賞味期限
製造日より2年

■注意事項/その他
・画像はイメージです。
・天然の産物であるがゆえに結晶(白く固まる)することがあります。保存方法としては直射日光を避け常温で保存し、開封後はお早めにお召し上がりください。1歳未満の乳児には食べさせないでください。

お礼品詳細

提供元 坂井養蜂場
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 2019-10-23~
申込受付期間 通年
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

Pay-easy決済

コンビニ決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

福岡県大牟田市からのおすすめお礼品

福岡県大牟田市のご紹介

  1. 全国
  2. 福岡県
  3. 大牟田市

『人が育ち、人でにぎわい、人を大切にする ほっとシティおおむた』

大牟田市は、明治時代以降、三池炭鉱と石炭化学コンビナートの隆盛とともに急速な発展を遂げ、わが国の産業・経済の発展に大きく貢献したまちです。

炭鉱は平成9年に閉山しましたが、平成27年7月、日本の近代化を支えた三池炭鉱宮原坑、三池炭鉱専用鉄道敷跡、三池港は、世界的にその価値が認められ、明治日本の産業革命遺産として世界文化遺産に登録されました。

今、大牟田には豊かな自然、暮らしやすい生活環境、高齢者を支える優しさがあります。そして、企業、仕事があり、何よりかけがえのない「人」がいます。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.おおむたっ子 いきいき応援事業

  2. 2.地域の宝を生かした賑わいのあるまちづくり

  3. 3.みんなでつくる健康・福祉のまちづくり

  4. 4.都市と自然が調和した快適なまちづくり

  5. 5.大牟田の歴史・文化を後世に伝える

  6. 6.市長におまかせ

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 中部特集

    中部特集

    日本アルプスと二つの海の恵みいっぱい

  • 四国特集

    四国特集

    自然の恵み、ご当地グルメの宝庫

  • 調味料特集

    調味料特集

    定番から、地域ならではの一品まで 旨さを際立たせる

  • 近畿特集

    近畿特集

    歴史と文化が交わる西日本の中核

ページ上部へ