認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 魚介・海産物   
  4. 惣菜・加工品  > 
  5. 鮮魚   
  6.  > 
  7. クエ   
  8.  > 
  9. 【対馬産】最高級クエ:鍋セット(4~5人前)

お礼品ID:1058012

【対馬産】最高級クエ:鍋セット(4~5人前)
【対馬産】最高級クエ:鍋セット(4~5人前)
【対馬産】最高級クエ:鍋セット(4~5人前)
冷凍

【対馬産】最高級クエ:鍋セット(4~5人前)

長崎県対馬市

対馬で水揚げされた、高級魚クエを鍋セットでご堪能ください。

5.0
1
寄付金額27,000円
  • 離島はお届けできません。また、画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

天然のクエは漁師でもなかなか獲れない「幻の魚」とされ市場に出回りにくいため、高い評価をいただきながらご家庭で味わってもらう機会が極端に少ない魚です。
石川水産で扱うクエは全て一本釣り等で水揚げしてくるものなので、海から揚げたばかりのクエをすぐに調理しマイナス60度で急速冷凍しているので旨みを逃がさず閉じ込めることができます。新鮮なおいしさをお届け出来ると自負しております。

■生産者の声
クエは白身の魚なので、あっさりかと思われるかもしれませんが、滋味が豊かで皮・ひれ・骨から出汁が出で、コラーゲンたっぷりです。
脂がのっている身にだけではなく、クエの皮際のゼラチン質の食感も楽しんでいただきたいです。
特にクエ鍋後、〆の雑炊は絶品です。

■内容量/原産地
クエ(1400g/長崎県対馬産)

■注意事項/その他
●賞味期限は約2か月ございますが、お届け直後は特においしく味わっていただけますので、早めの調理をお勧めいたします。
●お申し込みから1週間程度でお届けいたしますが、海が荒れることもございますので、その場合2週間程度いただく場合がございます。



お礼品詳細

賞味期限 60日
配送方法 クール便(冷凍)
提供元 石川水産
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 9月上旬より順次発送
申込受付期間 ~2019-12-20迄
配達外のエリア 離島
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

Pay-easy決済

コンビニ決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

  • 離島はお届けできません。

お礼品レビュー

※レビューは投稿された時点の内容です。該当のお礼品を選択するための寄付金額などが変更となっている場合があります。

評価:

さるるん

2019年12月17日

魚系鍋では最高の食材ですね 満足です

長崎県対馬市のご紹介

  1. 全国
  2. 長崎県
  3. 対馬市

「国境の島 対馬」

対馬は韓国まで49.5kmの位置にあり、古来より大陸と日本の架け橋を担いながら文化の中継地として、時には国防の最前線として重要な役割を担ってきた国境の島です。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.“対馬のひとづくり”若者でにぎわう希望の島

  2. 2.“対馬のなりわいづくり”地域経済が潤い続ける島

  3. 3.“対馬のつながりづくり”支え合いで自立した島

  4. 4.“対馬のふるさとづくり”自然と暮らしが共存した島

  5. 5.市長おまかせ“しまづくり”

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 関東特集

    関東特集

    豊かな水が広大な平野を潤す 政治経済の中心地

  • 東北特集

    東北特集

    食の恵みがあふれる本州の最北端

  • 北海道特集

    北海道特集

    大自然が育んだ 北の「美味」直送します♪

  • 中部特集

    中部特集

    日本アルプスと二つの海の恵みいっぱい

ページ上部へ