ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 地域から探す  > 
  3. 関東地方  > 
  4. 千葉県  > 
  5. 多古町  > 
  6. 米・パン  > 
  7.  > 
  8. コシヒカリ  > 
  9. 【令和4年産】多古米コシヒカリ 精米10kg(5kg×2袋)

お礼品ID:1030393

【令和4年産】多古米コシヒカリ 精米10kg(5kg×2袋)
【令和4年産】多古米コシヒカリ 精米10kg(5kg×2袋)

【令和4年産】多古米コシヒカリ 精米10kg(5kg×2袋)

千葉県多古町

さとふるアプリdeワンストップ申請対象?

日本の米づくり100選に選ばれた多古米コシヒカリです。

4.8
18
寄付金額14,000円
お礼品発送予定時期
2022-09-15より順次発送 以降 お申込みより約1週間程度での発送予定
  • 離島はお届けできません。また、画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

多古町は昔から良質米産地として知られ、江戸時代に食味のよさから幕府に献上されたと言い伝えられ、平成2年には日本の米づくり100選にも選ばれています。

粘土質な多古町の水田地帯は、太古の昔、湖があったとされ、魚介類など有機物が堆積した肥沃な土壌が多古米の美味しさを支えています。

■生産者の声
JAが集荷、販売する多古米の多くはJAが管理・運営するライスセンターで、火力を一切使わない風力乾燥により調整され、低温倉庫で保管しますので年間を通して品質が安定しています。

■内容量/原産地
多古米コシヒカリ(精米):5kg×2

■原材料
玄米(単一原料米)

■注意事項/その他
直射日光を避け、風通しがよい冷暗所で保管ください。
到着後1ヶ月以内の消費をお勧めいたします。

【さとふるからのワンポイント・アドバイス】
品質に問題があった場合、お礼品到着後1週間を目途にサポートセンターまでご連絡ください。

お礼品詳細

賞味期限 精米日より1ヶ月
提供元 かとり農業協同組合
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 2022-09-10~2023-08-31
配達外のエリア 離島

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

コンビニ決済

PayPayオンライン決済

キャリア決済

Pay-easy決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

  • 離島はお届けできません。

千葉県多古町からのおすすめお礼品

カテゴリに関連するお礼品

コシヒカリ

コシヒカリは、幅広い世代から愛される日本のお米の代表格です。新潟県、福島県、長野県といった米どころの他にも、福井県、富山県、岐阜県、京都府など、多くの地域で栽培されています。
コシヒカリが生まれたのは第二次世界大戦の終わり頃。十分な食料が確保できなかった当時、病に強く、一度にたくさん収穫できるコシヒカリは重宝されました。他品種との掛け合わせも行われ、多くのブランド米も誕生しています。あきたこまち、ヒノヒカリ、ひとめぼれ、森のくまさんなどはコシヒカリの子品種です。
もっちりとした食感や粘り、強い旨味が特徴のコシヒカリ。和食はもちろん洋風のおかずとも相性がよく、冷めても風味を損いません。炊き立てをそのまま食べても、おにぎりやお弁当に入れてもおいしく召し上がれます。様々な方法で、コシヒカリの美味しさをご堪能ください。
※お礼品や季節・環境によって消費期限や賞味期限が異なりますのでご注意ください。
※お礼品によって調理方法、保存方法、解凍方法が異なる場合がございます。お召し上がりの際にはお礼品の説明等をご確認ください。

さとふるでは米のお礼品を多数掲載しています。米の調理方法は、水を加えて炊飯器などで炊くのが一般的です。炊いたご飯はおにぎりや、酢飯にしてネタをのせて握ると寿司にもなります。水を多めにして煮るとおかゆもつくれます。炊き込みご飯や、雑炊なども定番料理です。また、パエリアやリゾットなどのように生米を炒めてから炊くという方法もあります。炒めものではチャーハン、揚げものではライスコロッケなど、幅広い料理にお使いいただけます。
ふるさと納税のお礼品として精米した米が届いたら、米びつや密閉容器に入れて、湿気の少ない冷暗所に保存してください。夏期など高温多湿になる季節は、冷蔵庫での保存が安心です。
※お礼品や季節・環境によって消費期限や賞味期限が異なりますのでご注意ください。
※お礼品によって調理方法、保存方法、解凍方法が異なる場合がございます。お召し上がりの際にはお礼品の説明等をご確認ください。

お礼品レビュー

※レビューは投稿された時点の内容です。該当のお礼品を選択するための寄付金額などが変更となっている場合があります。

評価:

TAKIO

2021年12月25日

甘みがあり美味しいお米です。

評価:

おやじ

2021年09月15日

間違いありません。

評価:

コタローパパ

2021年07月19日

お米だけで食べ過ぎてしまう! かなりリピしてます!

評価:

もと

2021年03月17日

美味しいので、また、リピートしたいです。

評価:

ごはん大好き

2020年12月25日

知人からのおすすめで過去購入したことのある多古米をふるさと納税で発見!個人的には新潟のお米より美味しいのではないかと思います。 我が家は土鍋で炊いていますが、炊いた時の香りもよく、お米本来の味というか風味、甘味が感じられ、おかずいらずとはまさにこのこと。このお米の時はダイエットも忘れついおかわりしてしまいます。お米の味にうるさい主人だけでなく、子どもたち、特に最近食べる量がぐんと増えた小学校高学年の娘にも大好評です。 自分の家だけではなく、親戚にお裾分けしたり、リピートしています。

評価:

キクチるんるん

2022年04月24日

去年より高くなってしまって 今年は 少ない量で頼みました。 多古米は いつも美味しくいただいてます。いつもは 安さ重視ですが これだけは 年に1度の贅沢品だと思ってます。 ありがとうございます。

評価:

TAKIO

2021年12月25日

噂で美味しいと聞いていたのですが本当に美味しかった。

評価:

おやじ

2021年09月15日

間違いありません。 おすすめです。

評価:

おやじさん

2021年06月27日

多古米が美味しいとの評判で頼みました。 美味しくいただいています。 無くなったらリピートしたいです。

評価:

yana

2020年12月31日

我が家で食べるお米は、いつもふるさと納税の返礼品にお世話になっています。2019年に初めてこちらのお米をいただき、美味しかったのでそのまま1年間お世話になりました。今年に入って、他県の返礼品も試してみようと何カ所か選んでみたのですが、うーん・・・という感想が続き、最終的にまたこちらのお米に戻ってきました。炊き上がりのお米はつやつやで、食べるとモチッとしていて甘みもあります。おにぎりにしても美味しいので、お弁当にも合っているお米だと思います。お礼品のレビューではないですが、定期便みたいな制度があると助かるなぁ、と思います。

千葉県多古町のご紹介

  1. 全国
  2. 千葉県
  3. 多古町

日本の表玄関「成田国際空港」の東側に位置する多古町は、豊な自然と文化に恵まれ歴史に育まれた町です。食味日本一にも輝いた「多古米こしひかり」や、全国屈指の生産量を誇る「大和芋」、肥沃な農地で生産される野菜や特産品の数々が皆様をお迎え致します。

町のほぼ中央には、穏やかな川面をみせる「栗山川」が、南北にゆったりと流れます。川沿いには「あじさい遊歩道」が続き、菜の花やコスモス畑の中に「道の駅あじさい館」がにぎわいを見せています。

町の中心部「多古台」では、住宅団地やバスターミナル、幼保連携型認定こども園の整備が整うなど、「世代を超えて みんなで暮らしつづけたい 多古町」の実現に向け、活気に満ちた住みよいまちづくりへの歩みを着実に進めております。

緑豊かな自然と新鮮な農産物、きれいな空気、そして至福の時間を味わいに、ぜひ、多古町へお越しください。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 空港と共生・共栄するまちづくり

  2. 共に支え合う、みんなにやさしいまちづくり

  3. 活気と賑わいのある自慢できるまちづくり

  4. 自然と調和した安全・安心なまちづくり

  5. 学びと生きる力を育むまちづくり

  6. みんなが主役のまちづくり

  7. いずれのまちづくり事業でもよい

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

ページ上部へ