認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. クッキー・焼き菓子    洋菓子    その他菓子類  > 
  4. ふじのりんごのクリームパイ(10個入り)

ふじのりんごのクリームパイ(10個入り)       

青森県藤崎町 寄付金額10,000円
  • 冷凍
お礼品ID:1026684
  • ふじのりんごのクリームパイ(10個入り)
  • ふじのりんごのクリームパイ(10個入り)

レビュー

  •   5.0
  • (3人の評価)

  • 評価:
paparinさんの口コミ 2018年05月09日
アップルパイが好きな義娘に贈りましたが好評でばくばく食べたようです。また贈ってもいいかなと。
  • 評価:
キヨちゃんさんの口コミ 2018年03月15日
オーブントースターでちょっと焼いてから食べると、サクサク、パリパリで 本当に美味しかった。甘すぎないのもいいですね。 リピートしたいので、ぜひ続けてください。
  • 評価:
あささんの口コミ 2017年12月25日
パイのさくさく感がとても美味しく、りんごとクリームの甘さ控えめのバランスがとても好みでした。

ふるさと納税 お礼品レビュー投稿キャンペーン2018年6月度

シンプルにパイとカスタードだけのふじのりんごのクリームパイ

厚めのパイにふじりんごを包み、焼き上げ、荒熱が取れたらカスタードクリームを注入します。普通のクリームパイですと、水分を止めるためにりんごと一緒にスポンジ生地も入れて焼き上げますが、シンプルにパイとカスタードにりんごの三位一体を味わって頂く為に、三種の素材以外は使っていません。
通常照りだしのために卵を塗ったり水飴やジャムを塗ったりとしますが、パイの食感を残す為に焼入れの際に砂糖でのキャラメリゼにしております。
シンプルだからこそのふじさきのふじのりんごの美味しさを味わって頂けると思います。

■生産者の声
アントルメ佐藤菓子店の人気品になっている『ふじのりんごのクリームパイ』。 
りんごは紅玉ではなくふじを使用、酸味は紅玉より少なく焼き崩れも少ないので、しっかりとりんごの果実感を味わって頂けると思います。シナモンやお酒を使っていないので、苦手な方にも安心して召し上がって頂けると思います。

■内容量/原産地
ふじのりんごのクリームパイ(10個入り)/藤崎町(青森県産りんご使用)

■原材料・成分
ふじりんご、小麦粉、バター、バターオイル、脱脂粉乳、食塩、糖類、卵、乳化剤、砂糖、植物性油脂、牛乳、ゼラチン、トレハロース、増粘剤、香料、保存料、色素、ペクチン、リゾチーム

■賞味期限
冷凍で3ヵ月

■注意事項/その他
※すぐに召し上がらない時は、冷凍での保存をお勧めします。
※解凍には冷蔵庫で一晩です。
※解凍後の賞味期限は、3日となります。
●美味しい召し上がり方
パイが湿っている時はオーブントースターで3分~5分(パイが焦げない程度)温めていただくと、焼きたてのパイのようになります。 
焼き目の強い部分や弱い部分がございますが、味には影響ございませんのでご了承ください。

このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

※離島はお届けできません。

在庫残り5点





配送方法 クール便(冷凍)
発送時期
2018年1月上旬ごろより、お申込みいただいた順に順次発送
カテゴリ クッキー・焼き菓子
洋菓子
その他菓子類
申込受付期間 通年
提供元 アントルメ佐藤菓子店
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度
   

豊富な決済方法

このカテゴリに関連するお礼品

青森県藤崎町のご紹介

藤崎町は、青森県津軽平野のほぼ中央に位置し、総面積は37.26平方キロメートルで、町域には山岳・原野がなく、地質は第4紀沖積層に属する、農業に適した肥沃な土壌に恵まれています。気候は、津軽平野の中では比較的温暖で、水と緑に囲まれた豊かな自然が四季折々に彩りを添えるなど、変化に富んでいます。

☆藤崎町はりんご「ふじ」発祥の地

~生産量世界一のりんご「ふじ」のルーツはここにあり~

現在、世界一の生産量を誇るりんごの品種「ふじ」は、津軽平野のほぼ中央に位置する藤崎町で生まれたりんごです。昭和13年、藤崎町に「農林省園芸試験場東北支場」が創設され、寒冷地の園芸作物に関する広範な研究が行われ、数々の目覚ましい成果を生み出しました。その最大の成果が「ふじ」の育成です。昭和14年に「国光」を母、「デリシャス」を父として交配が行われ、昭和26年に初めて実を付けました。昭和37年、日本を代表する富士山と藤崎町の一字をとって「ふじ」と命名されました。

ページ上部へ