認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 革製品特集

革製品特集

ふるさと納税には、すてきな革製品のお礼品がたくさんあります。財布やバッグなどの定番以外にもいろいろな革製品がそろっていて、お好みのものを選ぶことができます。また、デザインやカラーも豊富なので、毎日の暮らしを彩ってくれるはずです。革製品は使い勝手もよく、生活のさまざまなシーンで重宝することでしょう。

北海道

北海道では、各地でさまざまなものづくりが行われています。お礼品には、北海道で作られたすてきな革製品が多数そろっています。たとえば、ミンクの毛皮のマフラーやバッグなどが人気です。ミンクは保湿性が高く、サラサラした肌触りが特徴です。グレーやベージュ、アニマル柄などカラーバリエーションも豊富で、好みに合わせて選ぶことができます。ミンクの毛皮をぜいたくに使用した服飾小物は、寒さの厳しい北海道ならではのお礼品といえますね。使えば使うほど肌に馴染むので、冬に欠かせないお気に入りの一品となるでしょう。
また、北海道産のナラ材を使用したリビングチェアの背面には人工皮革が使用されています。人工皮革は、汚れがついてもサッと拭き取ることができるので、普段使いに重宝する素材です。座面の高さが調節できて使い勝手のよい、北欧風のすっきりしたデザインで、どんなお部屋にも馴染みます。大自然に囲まれた工房で一つひとつ手作りされており、ふるさと納税の申し込み後に仕上げが行われます。お礼品限定のシリアルナンバーが刻印されたプレートがついているのも魅力的ですね。北海道のお礼品として革製品を選べば、こだわりの詰まった良品を手にすることができるでしょう。

東北地方

東北地方のお礼品には、さまざまな人に合った革製品がそろっています。たとえば、秋田県や山形県からはいろいろなデザインの財布や名刺入れが用意されていて、リボンや花柄がデザインされたかわいらしいものから、ビジネスマン向けのシンプルなものまで多種多様です。また、職人が手作業で動物の彫刻をほどこしたオリジナル製品や、財布とカードケースが組み合わさった便利なセットもあります。この機会にすてきな革小物を手に入れてみてはいかがでしょうか。鞄の中でもキラリと光る魅力的な品ばかりです。
また、安全靴の専門メーカーが作るこだわりの革靴のお礼品もあります。ゆったりとした設計になっており、履き心地を追求した靴です。国産の高級ソフト牛革を使い、撥水(はっすい)加工もほどこされているので日常使いにぴったりといえるでしょう。サイズも豊富で、自分に合ったサイズの靴が選べます。靴は毎日使用するものですから、足にフィットしやすいものがお礼品として手に入るのはうれしいですよね。革靴は履いているうちにどんどん足に馴染み、より自分に合ったものになっていきます。このように東北地方のお礼品には、日常生活に役立つ革製品が多くそろっています。

関東地方

関東地方のお礼品には、鮮やかな色使いが魅力的な革製品がたくさんあります。たとえば、牛革を使用して軽さにこだわって作られたバッグは、荷物が多くなりがちな方にはぴったりの一品です。ショルダーバッグやポシェットなどさまざまな種類のバッグが用意されているので、普段の荷物の量に合わせて選ぶことができます。レッドやターコイズなど目を引く色のものもあるので、コーディネートのアクセントとして選んでみてはいかがでしょうか。そのほかに、男女を問わず使えるショルダーバッグもあります。グリーンやネイビーなど合わせやすい色がそろっているため、どれを選んでもしっかり活用できそうです。
関東地方のお礼品には、小銭入れやペンケースなどの革小物が豊富にそろっています。また、オレンジやブルー、レッドなど色の種類も豊富で、使い込むほど手に馴染んでいき、表面の色にも味わいが出てくることでしょう。小銭入れには同じ色の革で作られたキーホルダーもついているので、おしゃれに楽しめます。また、ペンケースはコンパクトに収納できますが、ベルトの留め具を外すと中身を広げて見ることができるので、すぐに使いたいペンが見つけ出せるのも便利です。関東地方の革製品のお礼品を選び、美しい革の風合いの変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。

中部地方

中部地方にも、深い味わいが楽しめる革製品のお礼品が多数あります。たとえば長野県のお礼品として、表と裏の両方に牛革を使用したベルトがあります。熟練の技術を持った職人の手によって、1本ずつ丁寧に仕上げられた逸品です。落ち着いた色とデザインになっており、ビジネスシーンはもちろん、普段のカジュアルなスタイルにも幅広く活用できます。ブラックのみ、またはブラックとブラウンがセットになったお礼品があるので、普段のスタイルに合わせて使用できます。おしゃれをするなら、ベルトのような小物にまでこだわりをもちたいものですね。本物の上質なベルトを手に入れて、ファッションをランクアップさせてみてはいかがでしょうか。
他にも、福井県のお礼品として、職人が手縫いで作ったオリジナルのスマートフォンケースがあります。牛革のサドルレザーを使用しているので、手に馴染みやすいのが特徴です。革の色は、ブラックやブラウンなどの定番からレッドやグリーンといったカラフルなものまで、多くの選択肢の中から選ぶことができます。また、ステッチも好みの色が選べるので、オリジナルの配色でオーダーするとよいでしょう。高い技術力を持った職人が作った中部地方の革製品をお礼品として選び、毎日の暮らしの中で使ってみませんか。

近畿地方

革製品といえば、どちらかというと洋風なデザインが多いですよね。しかし、近畿地方には日本の伝統文化の粋を凝らした革製品があります。お礼品としてもいろいろなものが用意されているので、この機会に選んでみてはいかがでしょうか。たとえば、表面に畳の素材を使用した財布やスマートフォンケースの小物。内側には牛革が使用されているので、使用するほどに使い勝手がよくなる製品に仕上がっています。またデザインもよく、複数のカラーバリエーションが用意されていて、好みに合わせて選ぶことができるので、この機会にぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか。
さらに、菓子受けや装飾品として使用できる、牛革を使った珍しいお皿もあります。着物の生地に模様をつけるために用いる伊勢形紙によって伝統的な和柄が表現されているのが特徴で、伊勢形紙と木、そして牛革を特殊な技法で接着しています。なお、伊勢型紙は、経済産業大臣指定の伝統的工芸品に指定されています(三重県「伊勢形紙」より)。 お部屋に飾ったりお客様用として使用したりするなど、さまざまな活用法があります。この機会に近畿地方のお礼品として、日本の伝統が感じられる珍しい革製品を選んでみてはいかがでしょうか。

四国地方

四国のお礼品にも、他では手に入らない魅力的な革製品が用意されています。たとえば、四国では農作物を荒らすイノシシの捕獲が行われていますが、そのイノシシの皮を有効利用するために革小物を製作しているのです。一つひとつ丁寧に手作りされた温かみのある革小物で、四国でとれる柑橘類をイメージしたかわいらしいデザインのものがあります。四国のおいしい果物をそのまま表現しており、葉っぱの細部にまでこだわって作られています。お礼品としては、ミニポーチやヘアゴムなどさまざまな小物の中から3~4点が届きます。何が届くのかは実際に見てみるまでわからないので、プレゼントのような感覚で楽しめますね。
そのほかのイノシシの革小物としては、使い勝手に工夫を凝らした折り財布とキーホルダーのセットがあります。使い込むほど手に馴染んでくるので、毎日使用するのにもってこいといえるでしょう。イノシシの革でできた一味違った財布を使ってみてはいかがでしょうか。キーホルダーの色も財布とそろっているので、おしゃれに使用できます。
四国の革製品をお礼品として選べば、その土地の魅力を存分に感じることができるでしょう。

九州地方

九州にも、魅力的な革製品はたくさんあります。たとえば、牛革を使用した大きめのトートバッグは、シンプルな作りですが普段使いにぴったり。しっかり物が入るので、荷物が多くても安心です。モスグリーン、ワイン、キャメルなど複数の色から好みで選ぶことができ、老若男女を問わず幅広く活用できるデザインになっています。他にもおしゃれなミニバッグがあり、ピンクやゴールドなどファッションのポイントになりそうなカラーから好きな色が選べます。やわらかさが魅力のソフトレザーを使用し、底のマチを円形にすることで自立できるように工夫されています。財布と鍵など必要最低限の荷物で身軽に出かけたいときに重宝しそうです。
また、牛革製のおしゃれな小物入れは、シンプルなデザインながら、どんなお部屋にも高級感をプラスすることができます。革の裁断から縫製まで、熟練した職人が手作業で仕上げているため、細部にまでこだわりが感じられる一品です。風合いの変化が楽しめるインテリアとしてお部屋に置いてみてはいかがでしょうか。
九州のお礼品として革製品を選べば、すてきな革の魅力が存分に感じられるでしょう。

中国地方

中国地方には、地域の魅力が詰まったお礼品が多数用意されています。たとえば、江戸時代から高い評価を受けている柳井縞(やないじま)。柳井縞は山口県柳井市を中心に発達した綿織物で、大正時代に入るとその伝統が一時期衰退してしまいましたが、1994年ごろから柳井縞の伝統を復活させるべく製品作りに力が入れられるようになりました(柳井市「柳井縞」より)。柳井縞を使用した製品は多数ありますが、なかには牛革と組み合わせることでいっそう使い心地がよくなっているものもあります。牛革を使用することにより、使いやすさとともに高級感がプラスされているので、特別な一品として使用することができます。
また、柳井縞と牛革で作られた名刺入れなどの小物と、お土産として人気の金魚ちょうちんがセットになったものがあります。金魚ちょうちんは柳井市の伝統的な民芸品で、毎年お祭りも開催されています。金魚ちょうちんが生まれたのも、柳井縞と同じく江戸時代で、見た目のかわいらしさから多くの人に愛されてきました。
中国地方の革製品のお礼品を選べば、使い勝手のよさだけでなく、その地域ならではの伝統まで感じることができるでしょう。

革製品は使うほどに深い味わいが出るので、とても人気があります。手に馴染む感覚も得られるため、使い勝手がよいのも大きな魅力といえるでしょう。お礼品にはこだわりの詰まった革製品が多数用意されているため、この機会にぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか。使い込んでいくとどんどん愛着が湧いてきて、やがては唯一無二の存在となることでしょう。

日本で革製品を作り始めたのは、飛鳥時代以前といわれています。大陸から渡来した人々によって動物の皮を加工する技術が伝えられ、それを継承する形で革製品の製造がさかんになっていきました。最初に加工技術が伝来したのは九州ですが、その後革製品の生産の中心となっていったのは関西です。日本で最初に皮を利用した動物は鹿だといわれています。鹿革は、しなやかさがありながらも丈夫なため、加工しやすいという特徴があります。武具や日用品などさまざまなものに鹿革は使用されていました。馬や牛など大きくてしっかりした硬さのある革は、江戸時代ごろに加工技術が発達した後でよく利用されるようになったようです。そして、明治時代に入ると日本各地で革製品が活発に作られるようになりました。

ふるさと納税のお礼品として革製品を選べば、日常にちょっとした高級感を与えることができるでしょう。お礼品として用意されている革製品は、どれもこだわりの詰まった高品質のもので、デザインの種類も豊富なため、好みに合わせて選ぶことができます。
地域の魅力が詰まった品々の中からすてきな革製品を見つけましょう。せっかくの機会ですから、魅力的な革製品をふるさと納税のお礼品として手に入れてみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ