ランキングとレビューで探せる認知度No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 地域から探す  > 
  3. 九州地方  > 
  4. 大分県  > 
  5. 竹田市  > 
  6. 飲料・ドリンク  > 
  7. 水・ミネラルウォーター  > 
  8. 硬水ミネラルウォーター「マグナ1800」500ml×48本 計24L

お礼品ID:1406771

硬水ミネラルウォーター「マグナ1800」500ml×48本 計24L
硬水ミネラルウォーター「マグナ1800」500ml×48本 計24L

硬水ミネラルウォーター「マグナ1800」500ml×48本 計24L

大分県竹田市

さとふるアプリdeワンストップ申請対象?

日本では珍しい硬水。九州経済産業局認定 地域資源活用製品

0.0
0
寄付金額31,000円
お礼品発送予定時期
お申込みから1週間程度でお届け
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

炭酸泉で有名な竹田市の長湯温泉は、古くから全国の湯治利用者に愛されてきた温泉。
本製品は〈硬度900mg/L ph8.6〉弱アルカリの長湯温泉の硬水を飲みやすく、しかも保存ができるようにボトリングした硬水ミネラルウォーターです。

★1日当たり500cc以上を数回に分けてお飲みください。

■生産者の声
これからは平均寿命より、健康で介護を必要としない健康寿命を延ばすことが大切です。身体の60~70%は水分です。まず水の種類や飲み方を見直してみてはいかがでしょうか。毎日の健康管理にマグナ1800をお役立て頂ければ幸いで御座います。

■お礼品の内容について
・マグナ1800[500ml×24本×2箱]
  原産地:大分県竹田市
  賞味期限:製造日から1年


■原材料・成分
長湯温泉水
硬度:900 ph8.6
栄養成分(1000ml当り):◆ナトリウム:290mg ◆マグネシウム:210mg ◆サルフェート:290mg

■注意事項/その他
「マグナ1800」は、長湯温泉の性質上、ミネラル分が結晶して、白く沈殿・浮遊している場合があります。
この成分はカルシウムやシリカです。
品質には問題ありませんのでご安心ください。
尚、味の感じ方には個人差がありますので、ご了承ください。
病気療養中の方は医師に相談の上お飲みください。
乳幼児には与えないでください。
アレルギー品目:特定原材料7品目は使用していません。特定原材料に準ずる21品目は使用していません。
保存方法:直射日光を避けて保存してください。

竹田市産の水を100%使用しています。

お礼品詳細

配送種別 通常
提供元 長湯温泉マグナ
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 通年
配達外のエリア

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

コンビニ決済

ID決済

キャリア決済

Pay-easy決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

大分県竹田市からのおすすめお礼品

大分県竹田市のご紹介

  1. 全国
  2. 大分県
  3. 竹田市

竹田市は大分県の南西部に位置し、くじゅう連山、阿蘇外輪山、祖母山麓に囲まれた地にあります。河川では大野川の源流を有しており、一日に数万トンの湧出量ともいわれる湧水郡を誇る水と緑があふれる自然豊かな地域です。山々から湧き出る豊かな名水は全国的にも知られ、下流域の多くの人々の生活を支えています。

雄大な自然と、こだわりの生産者に育てられた逸品をあなたに。是非、ふるさと納税を通じて、竹田市の魅力の一端に触れてみてください。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 自然、歴史、文化

  2. 人材育成

  3. 定住促進

  4. まちづくり

  5. 竹田市長に一任

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

ページ上部へ