ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 雑貨・日用品  > 
  4. 寝具  > 
  5. 布団  > 
  6. [冬用]羽毛布団 オリジナル染柄/柳染色(シングル)

お礼品ID:1097352

[冬用]羽毛布団 オリジナル染柄/柳染色(シングル)
[冬用]羽毛布団 オリジナル染柄/柳染色(シングル)
[冬用]羽毛布団 オリジナル染柄/柳染色(シングル)
[冬用]羽毛布団 オリジナル染柄/柳染色(シングル)

[冬用]羽毛布団 オリジナル染柄/柳染色(シングル)

山梨県富士吉田市

【460ダウンパワー】ハンガリー産セレクトマザーグースダウン95%と330双糸超長綿を使用した逸品

0.0
0
寄付金額300,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

ごく一部の流通ルートでのみ取引される厳選された素材を集めた贅沢を極めた羽毛布団です。
なめらかな肌触りのサテン生地と選び抜かれたハンガリー産ホワイトマザーグースの羽毛を使用したこだわりの逸品です。

製品のお仕立てと使い方
1.秋から春先までお使いいただける本掛けの羽毛布団です。
2.布団の隅の8ヶ所にカバーリングをセットするための小さなループが付いています。
*一般的なSLシングルサイズの布団カバーと合うサイズになっています。
3.羽毛は「ハンガリー産セレクトホワイトマザーグースダウン95%」460dpを使用しています。

生地には国内染工所の確かな技術によって抗菌・防臭・防ダニ加工を施していますので、どなたにも安心してお使いいただけます。

■生産者の声
毎晩、やすらぎの時間を共にする羽毛布団だからこそ、私たちは素材にこだわりました。優しい肌触りのサテン織りの生地に、国内染工所の確かな技術でSEK抗菌防臭加工・防ダニ加工を施していますので、どなたにも安心してお使いいただけます。
本製品は富士吉田市の職人が生地の裁断・縫製・羽毛の投入・仕上げを行っています。

■内容量/製造地
羽毛掛ふとん:シングル150×210cm(オリジナル染柄(柳染色))
・掛ふとん収納バッグ
製造地:山梨県富士吉田市松山

■原材料
羽毛掛け布団
・側生地/綿100%(110/1×330/2)
・中わた/ハンガリー産ホワイトマザーグースダウン95% 1.2kg

■注意事項/その他
※お申込みを頂いてからの製造になります。
※長期連休などの影響により発送が遅れる場合もございます。
※画像はイメージです。

お礼品詳細

提供元 松山機業株式会社
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 お申込みから2週間程度で順次出荷予定
申込受付期間 通年
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

他にもこんなお礼品があります

山梨県富士吉田市のご紹介

  1. 全国
  2. 山梨県
  3. 富士吉田市

富士吉田市は、富士山の北側、富士五湖地域の中東部に位置し、標高700~900メートルに市街地を形成する高原都市です。古くから富士山信仰の町として栄え、現在でも多くの登山者が富士山頂を目指し吉田口登山道を利用しています。また、明治以降、織物が近代産業として脚光を浴びて以来、富士山の湧き水による先染め織物は本市を代表する特産品です。

富士山の雄大な自然環境は、市民にかぎりない恩恵を与えてくれています。富士吉田市では、富士山の恵みを守り、後世に残していくため、ふるさと振興事業などさまざまな街づくりに取り組んでいます。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 安心で健やかな暮らし支援事業

  2. 豊かな人間性を育む教育支援事業

  3. 環境保全と快適な暮らし支援事業

  4. 都市基盤と防災環境の整備事業

  5. ふるさとまちづくり支援事業

  6. 健全な地域経営の推進事業

  7. 世界文化遺産富士山支援事業

  8. 事業の指定なし

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 雑貨特集

    雑貨特集

    暮らしに役立つ ふるさとの文化が息づく

ページ上部へ