ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 地域から探す  > 
  3. 東北地方  > 
  4. 福島県  > 
  5. 二本松市  > 
  6. 野菜   
  7. 酒・アルコール  > 
  8.   
  9. 日本酒  > 
  10. 純米大吟醸   
  11. 大吟醸  > 
  12. 「奥の松セット」純米大吟醸720ml×3本、大吟醸雫酒720ml×3本、豆ごのみ青豆、黒豆各1袋

お礼品ID:1051367

「奥の松セット」純米大吟醸720ml×3本、大吟醸雫酒720ml×3本、豆ごのみ青豆、黒豆各1袋
「奥の松セット」純米大吟醸720ml×3本、大吟醸雫酒720ml×3本、豆ごのみ青豆、黒豆各1袋

「奥の松セット」純米大吟醸720ml×3本、大吟醸雫酒720ml×3本、豆ごのみ青豆、黒豆各1袋

福島県二本松市

さとふるアプリdeワンストップ申請対象?

奥の松酒造の自慢の逸品をご賞味ください。

0.0
0
寄付金額100,000円
お礼品発送予定時期
2022-12-02より順次発送
※生産・天候・交通等の事情により遅れる場合があります。
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

奥の松酒造のお勧めのお酒をお届けいたします。大吟醸十八代伊兵衛は、芳醇な気品あふれる吟醸香と、やわらかくなめらかなのど越しを、雫酒ならではの繊細な味のふくらみとともに味わえるお礼品です。艶のある吟醸香と、心地良いまでの辛みの味わい。お酒のお供に、国内産大豆を使用したいり豆をセットにしました。

■生産者の声
二本松の銘酒を、堪能してください。

■内容量/原産地
・奥の松酒造「純米大吟醸]」720ml×3本(国産)
・奥の松酒造「大吟醸雫酒十八代伊兵衛」720ml×3本(国産)
・井上商店「豆ごのみ」250g(青豆、黒豆)各1袋(国産)

■原材料
・純米大吟醸:米(国産)、米麹(国産米)
・大吟醸雫酒十八代伊兵衛:米(国産)、米麹(国産米)醸造アルコール
・豆ごのみ青豆:国内産大豆(遺伝子組換えでない)
・豆ごのみ黒豆:国内産黒大豆(遺伝子組換えでない)

■賞味期限
奥の松酒造「純米大吟醸」(720ml)1年
奥の松酒造「大吟醸雫酒十八代伊兵衛」(720ml)1年
井上商店「豆ごのみ青豆」(250g)6ヵ月
井上商店「豆ごのみ黒豆」(250g)6ヵ月

■注意事項/その他
・開封後は、お早めにお召し上がり下さい。

お礼品詳細

提供元 道の駅「安達」智恵子の里
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 通年
配達外のエリア

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

PayPayオンライン決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

他にもこんなお礼品があります

福島県二本松市からのおすすめお礼品

福島県二本松市のご紹介

  1. 全国
  2. 福島県
  3. 二本松市

高村光太郎と智恵子が愛を育み、智恵子の心のよりどころとなっていた「ほんとの空」がある二本松。

丹羽氏十万石の城下町として栄えた二本松。

春は各所に桜が咲き誇り、夏は日本百名山「安達太良山」へ、秋は二本松の菊人形、二本松提灯祭りをはじめとした「祭り」見物と紅葉、冬はスキーと年間を通して見どころがたくさんあります。

城下町の歴史と文化が薫り、温泉がいつでも楽しめる二本松へ是非、お越しください。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 子どもや若者の未来を創るまち

  2. 郷土愛にあふれる活力と賑わいのあるまち

  3. いつまでも元気で生きがいのもてるまち

  4. 助け合い、支え合い、安全に安心して暮らせるまち

  5. おまかせ

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 四国特集

    四国特集

    自然の恵み、ご当地グルメの宝庫

  • 沖縄特集

    沖縄特集

    「めんそ~れ」沖縄の魅力いっぱい♪

  • 野菜特集

    野菜特集

    産地直送! 旬の時期に収穫された農家さん自慢の野菜をお届けします。

  • 東北特集

    東北特集

    食の恵みがあふれる本州の最北端

ページ上部へ