認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 餃子・シュウマイ  > 
  4. 大刀洗一口餃子100個 特製たれセット

大刀洗一口餃子100個 特製たれセット       

福岡県大刀洗町 寄付金額10,000円
  • 冷凍
お礼品ID:1013382
  • 大刀洗一口餃子100個 特製たれセット
  • 大刀洗一口餃子100個 特製たれセット
  • 大刀洗一口餃子100個 特製たれセット

レビュー

  •   4.6
  • (5人の評価)

  • 評価:
よしさんの口コミ 2018年01月14日
少し小さいですが、とてもジューシーで美味しいです。柚子味のタレも餃子と合ってとても美味しいです。
  • 評価:
よしさんの口コミ 2017年12月18日
思ったよりあっさりで食べやすい。
  • 評価:
さいささんの口コミ 2017年12月07日
届いた際に、量の多さに驚きました。しかし、発泡スチロールに丁寧に1個ずつならべて入っていたため、カサがはっていた部分もあり、ジップロックに詰め直したら、冷凍庫でも邪魔にならず、保管することが出来ました。ぎょうざの量としては十分満足のいく量です。一口サイズなので、ペロッと食べられます。にんにくの香りもほどよく、記載の調理方法に従って調理すると、ごま油も香り、とても美味しかったです。冷凍のまま使用できるので、好きな時に好きなだけ、手軽に調理して使用することが出来ます。ひとつ面倒くさかったのが、タレの解凍です。小袋に入っているものはすぐに解凍できましたが、大きい容器に入っているものはすぐには解凍できず、思いついてすぐ食べたいときには不自由でした。
  • 評価:
T.N.さんの口コミ 2017年10月03日
少し小さめだけど、ニンニクもしっかりしてて、とてもおいしかったです。 冷凍庫に入れておけるので、いつでも好きな分だけ食べられるのもいいです。
  • 評価:
s.wさんの口コミ 2017年08月21日
一口餃子なので食べやすい、味がしっかりしてるので白ご飯とも◎期待以上に美味しかった。 焼くだけなので手抜きしたいときに便利。

ふるさと納税 レビュー投稿キャンペーン2018年8月度

博多一口餃子を作ったら?TV収録合間に宇都宮で修行した職人とあの有名漫才師との余談から生まれた餃子です。

さとふる限定セット!!大刀洗町を全国の人に知ってもらえるように地元大刀洗産(JAみい管内)の野菜を中心に(夏場は、九州高冷地産を使用)九州産の食肉を使用し、製造しております。酒のつまみ、ご飯のおかず、夜食等にいかがでしょうか。
ワンタンとしてもご利用いただけます。手作りの皮は、国産小麦と餃子の皮用小麦をブレンドしたオリジナルの粉を使用しております。

◆生産者の声◆
博多一口餃子を作ったら?TV収録合間に宇都宮で修行した職人とあの有名漫才師との余談から生まれた餃子です。

■内容量:
・餃子100個(約10g/1個)
・ゆず胡椒だれ(濃縮タイプ)(1個 50g)
・酢醤油 5個(10g/1個)

■原材料:
皮:(小麦粉、米粉、植物油、食塩、澱粉)、野菜(キャベツ、白菜、豚肉、鶏肉、ニンニク、ニラ、豚脂、大豆、食用油脂、しょうが、調味料(アミノ酸等)、砂糖、醤油、食塩、豆板醤、酒精、香料、デンプン、(原材料の一部に乳、ゼラチン ゴマを含む)
タレ:ゆず胡椒だれ(濃縮タイプ) ぶどう糖果糖液糖、醸造酢、食塩、ゆずエキス、醤油、蛋白加水分解物 、酵母、加工澱粉、タマリンド調味料(アミノ酸等)原材料の一部に小麦、大豆、豚肉、鶏肉を含む)
タレ: 酢醤油

≪注意事項/その他≫
●到着後は必ず冷凍庫で保存してください。
●解凍せず、冷凍のまま調理してください。
●アレルギー特定物質(乳、小麦、大豆、鶏肉、ぶた肉、ゼラチン、ゴマ)



このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

※離島はお届けできません。

原産地 福岡県
消費期限 3ヶ月
配送方法 クール便(冷凍)
発送時期
お申込み後、順次発送
カテゴリ 餃子・シュウマイ
申込受付期間 通年
提供元 餃子菜館
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度
   

豊富な決済方法

このカテゴリに関連するお礼品

福岡県大刀洗町のご紹介

大刀洗(たちあらい)町は、九州北部の福岡市から南へ約30キロメートル、筑後川の北岸に位置し、面積22平方キロメートル、人口約1万5千人の長閑な田園風景が広がる町です。「大刀洗」という町名は、南北朝時代の武将菊池武光(きくちたけみつ)が、大原合戦の後、小川で太刀を洗ったことに由来しています。また、隠れキリシタンゆかりの今村カトリック教会があり、戦時中は東洋一と言われた陸軍の大刀洗飛行場があったところでもあります。

ページ上部へ