ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 地域から探す  > 
  3. 近畿地方  > 
  4. 三重県  > 
  5. 鈴鹿市  > 
  6. 魚介・海産物  > 
  7. 海苔・海藻  > 
  8. 海苔  > 
  9. 伊勢湾奥・鈴鹿のブランド「やだのり」乾海苔40枚

お礼品ID:1362933

伊勢湾奥・鈴鹿のブランド「やだのり」乾海苔40枚
伊勢湾奥・鈴鹿のブランド「やだのり」乾海苔40枚
伊勢湾奥・鈴鹿のブランド「やだのり」乾海苔40枚
伊勢湾奥・鈴鹿のブランド「やだのり」乾海苔40枚

伊勢湾奥・鈴鹿のブランド「やだのり」乾海苔40枚

三重県鈴鹿市

さとふるアプリdeワンストップ申請対象?

乾燥板海苔/ 40枚

0.0
0
寄付金額10,000円
お礼品発送予定時期
2023-02-18より順次発送
※生産・天候・交通等の事情により遅れる場合があります。
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

『あの海苔の味が忘れられない』とのたくさんのお声が各地から届く「やだのり」は、風味が抜群、味が自慢の黒海苔です。

伊勢神宮を代表とする三重県。
位置する” 鈴鹿 ” は、鈴鹿サーキットで有名ですが、びっくりするほど海産物が美味しく育つ、栄養豊富な海「伊勢湾」奥部に位置します。
全国各地より海の幸を食した人の舌を唸らせます。
美味しさの理由は、長野、岐阜から流れ込む、一級河川である木曽三川(木曽川、揖斐川、長良川)豊富なミネラルにあります。
川のミネラルが、伊勢湾奥の海水と混じり合い、干潟がよく肥えて、海産物に脂がのって、旨みが強く甘く育つのです。
栄養豊かな伊勢湾奥の海で、豊富な経験と勘で培われた海苔漁師が作った自慢の黒海苔「やだのり」を、産地直送でお届けします。


【海の農業】
・海苔は、同じ海でも、作り手(漁師)によって味が変わることから「海の農業」とも言われています。

全国から「こんな美味しい海苔は初めてだ」、「味海苔が苦手な子供がはじめて味海苔に手を出したが、食べ出したら止まらなくなって大変!」、「鈴鹿の海苔がこんなに美味しいなんて知らなかった」ほか、数え切れないほどの嬉しいご感想を毎年いただきます。
評判が少しずつ全国に広がり、今では北は北海道から南は沖縄、九州地域など、全国の皆様からご用命をいただきます。

養殖海苔の収穫はおよそ12月上旬~3月半ば。一番美味しい海苔は12月半ば~1月下旬頃収穫された黒海苔です。
特に、初摘みの海苔である「初海苔(1番海苔)」は初物、縁起物を好む日本人には大人気。
赤ちゃんの産毛のような繊細の海苔は口の中に入れた途端、トロッと溶けていくほどに柔らかく繊細な舌触り。
お茶の新芽同様、わずかしか採れず、予約だけで完売する年もしばしば。

初海苔を口にされた方々からは、感動のお声と同時に、翌年の初海苔のご予約が入ります。

初海苔(一番海苔)を摘み取ったあとに伸びてきた海苔が「2番海苔」。次に伸びてきた海苔が3番海苔、4.5.6.7番…と順次伸びてきた海苔を摘み取る海苔の養殖採集は、海境にもよりますが7.8番海苔まで続きます。

摘み取る回数が多くなるにつれ海苔芽は固くなり、ツヤや風味も少しずつ変化していきます。とはいえ、5.6番海苔であっても今まで食べた海苔の中でもっとも感動したとのお声もあるほど。各番号を毎年リピートされるお方は後を絶えず、木曽三川から流れる栄養によりいかに伊勢湾奥鈴鹿の干潟は豊かで、海産物の旨味が深いかを言い表しているかのようです。

※ご注意  海況により海苔の採れ高や価格が変わるため、海苔の番数指定は出来ません。

【やだのりの食べ方】
1枚ずつ緑色になるまで火で焼いてお召し上がりください。
灯油ストーブやガスコンロで炙ったり、カセットコンロやフライパン、オーブントースター、グリルでも焼けます。
焼き加工してある「焼き海苔」より香りが立って、海苔が柔らかく、甘みが増します。
一度食べたら病みつきになる美味しさです。
まとめて焼いて、食べやすいサイズに切り分け、密閉性の高い容器に保存していただくと、都度焼く手間が省けて便利です。

【おすすめの食べ方】
「やだのり」1番のおすすめは、お刺身に巻いて食べること。
海苔の磯の香りが、お刺身によく合います。
他には塩おむすびにくるりとまいたり、味噌汁やうどんなどの汁物に入れて溶かしたり、卵かけご飯の上にのせてお召し上がりください。

【乾海苔(乾燥板海苔)」とは?】
海で育った生の黒海苔を摘み取り、陸の工場に持ち帰り、1枚ずつ全形板海苔(板海苔1枚、およそ縦21cm×横19cmのほぼ正方形)サイズに乾燥させた「板状の黒海苔」のことをいいます。こちらを「緑」になるまで良く焼いた海苔が、コンビニやスーパー、百貨店などの量販店様で販売されている「おにぎり」に巻かれた「緑色の海苔」です。


【海苔の保存方法】
製品到着後は、湿気を防ぐ缶や瓶で保管ください。乾燥剤を入れると尚良いです。収穫されたばかりの海苔を冷蔵や冷凍すると湿気を含み風味が落ちてしまいます。おすすめは2月頃までは常温のままで、3月~4月以降は冷蔵庫(または冷凍庫)に保管してください。冷蔵保存で約8ヶ月~10ヶ月ほど美味しくご賞味いただけます。

■お礼品の内容について
・乾海苔[40枚]
  原産地:日本/製造地:三重県鈴鹿市
  賞味期限:製造日から冷蔵保存で約10ヶ月


■原材料・成分
乾海苔(三重県鈴鹿産)

■注意事項/その他
※乾燥海苔は、火入れ海苔に変更となる場合があります。
火入れ海苔とは→乾燥板海苔からさらに海苔の水分を極限まで飛ばし、海苔のパリパリ度合いが高くなり保存状態が良くなる海苔を火入れ海苔といいます。
※画像はイメージです。

お礼品詳細

配送種別 通常
提供元 矢田勝美オフィス
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 通年
配達外のエリア

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

コンビニ決済

PayPayオンライン決済

キャリア決済

Pay-easy決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

他にもこんなお礼品があります

三重県鈴鹿市からのおすすめお礼品

カテゴリに関連するお礼品

海苔・海藻

さとふるでは海藻類のお礼品を多数掲載しています。海藻類は種類が豊富で、その多くが乾物として出回っており、これらは一旦水で戻してから調理します。塩蔵ワカメは、水洗いして塩抜きをしてからお使いください。ヒジキと大豆や野菜の炒め煮、身欠きにしんなどを昆布で巻いて煮しめる昆布巻き、ワカメと筍の煮物、ワカメの味噌汁など定番料理にお使いいただけます。水で戻した海藻を酢の物やサラダの具材にしたり、鰹節と昆布で日本料理に欠かせない一番だしをとるなど、その使い道は様々です。各地のうまみがつまったおいしい海藻類をご堪能ください。
ふるさと納税のお礼品として海藻類が届く場合、大きく分けて乾燥したものと塩漬けなどにしたものがあります。乾燥した海藻類は、常温で保存することが可能です。湿気を嫌うため、缶などに入れて保存してください。塩漬けにした塩蔵ワカメは、冷蔵庫である程度の期間保存することができます。ビニールの保存袋に入れ、空気を抜いて保存してください。また、ワカメの根元をメカブと呼びますが、細かく刻んだメカブは密閉容器に入れて冷凍保存も可能です。
※お礼品や季節・環境によって消費期限や賞味期限が異なりますのでご注意ください。
※お礼品によって調理方法、保存方法、解凍方法が異なる場合がございます。お召し上がりの際にはお礼品の説明等をご確認ください。

三重県鈴鹿市のご紹介

  1. 全国
  2. 三重県
  3. 鈴鹿市

「さあ、きっともっと鈴鹿。海あり、山あり、匠の技あり」

鈴鹿市は、日本のほぼ中央、三重県の北中部に位置し、山や海などの豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、四季の変化に富み、歴史と文化が育まれたまちです。また、自動車レースの最高峰「F1日本グランプリ」や夏の風物詩でもある「鈴鹿8時間耐久レース」が鈴鹿サーキットで毎年開催され、国際色豊かなモータースポーツの聖地として、その名は国内外に広く知られています。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.観光・モータースポーツの振興のため

  2. 2.安全・安心なまちづくりのため

  3. 3.芸術文化・スポーツの振興のため

  4. 4.自然や環境の保全のため

  5. 5.子育て・教育支援のため

  6. 6.高齢者・障がい者支援のため

  7. 7.産業振興のため

  8. 8.市長にお任せします

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

ページ上部へ