ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 装飾品・工芸品  > 
  4. 鞄・バッグ  > 
  5. トートバッグ・ショルダーバッグ  > 
  6. 濱野皮革工藝リゼトートバッグ(マンダリンオレンジ)

お礼品ID:1103276

濱野皮革工藝リゼトートバッグ(マンダリンオレンジ)
濱野皮革工藝リゼトートバッグ(マンダリンオレンジ)
濱野皮革工藝リゼトートバッグ(マンダリンオレンジ)
濱野皮革工藝リゼトートバッグ(マンダリンオレンジ)

濱野皮革工藝リゼトートバッグ(マンダリンオレンジ)

長野県御代田町

革の自然な風合いが上品な、カジュアルトートバッグです。

0.0
0
寄付金額220,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

A4サイズ対応のトートバッグで、収納力があります。柔らかな革でお仕立てしているので、荷物が少ないときはマチを内側に折りたたんでお使いいただけます。肩掛けできるのも嬉しいポイントです。綺麗なカラーにカジュアルなステッチを施しました。毎日をおしゃれに、明るく過ごしたい方におすすめのトートバッグです。

■生産者の声
濱野皮革工藝は1880年の創業から1世紀を超える歴史を持つ、日本を代表する高級ハンドバッグメーカーです。その匠の技が輝くバッグは、日本の皇室や世界のロイヤルファミリーにも愛されてきました。「いい物づくりは、いい環境から」という思いから1967年には、バッグづくりにもっとも適した気候である軽井沢に工場を設立し、革の保管から縫製に至るまで、ベストな環境を整えました。効率よりも「長く愛用していただきたい」というクラフトマンシップを優先し10年後も美しいバッグをつくる。これからも、この伝統をジャパニーズ・プレミアムブランド「HAMANO」として次世代へと繋げます。

■内容量・サイズ/製造地
リゼトートバッグ(マンダリンオレンジ)×1
●サイズ
縦:約28cm
横:約34~43cm
マチ:約14cm
持ち手高:約20cm
※サイズは外寸です。
※肩掛け出来ます。
●重さ
約430g
●スペック
内側:オープンポケット×2
内側:ファスナーポケット×1
外側:底鋲なし

製造地:日本

■原材料
ボディ:牛革
内装:レーヨン

■注意事項/その他
※革の自然な風合いを損なわないように仕上げてあります。そのため完全な色止め加工を行うことができませんので雨の日や汗をかいた時、薄色の服装をされるときなどはお気をつけ下さい。また濡れてしまった時には、強くこすらず柔らかな布で軽くたたく様にして拭きとり陰干しをしてから保管してください。
※画像はイメージです。実際にお届けするお礼品は、画像1枚目のカラーのものです。

お申込み・配送・その他

発送時期 お申込みから1週間程度
申込受付期間 通年
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

他にもこんなお礼品があります

長野県御代田町からのおすすめお礼品

長野県御代田町のご紹介

  1. 全国
  2. 長野県
  3. 御代田町

~長野県御代田町へようこそ~

御代田町は、日本屈指の活火山である標高2,568mの浅間山の南麓に広がる地域にあります。気候は年間を通して涼しく、降水量が比較的少ないため、優れた高原野菜(レタス、白菜、キャベツ)の産地として全国に知られています。その他には精密機械工業、食品加工と製造業が盛んであり、北陸新幹線や上信越道など、首都圏とのアクセス環境も整っており、利便性と環境面に恵まれた、暮らしやすい自然豊かな高原の町です。そして、人口増加率は長野県下でもトップクラスを誇り、年少人口や生産年齢人口の比率も高く、若い世代が多く暮らす町となっています。

また、毎年7月の最終土曜日には「信州・御代田龍神まつり」が開催されます。御代田町の夏の一大イベントです。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1. まちづくり全て(町長におまかせ)

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 鞄特集

    鞄特集

    歴史や伝統を受け継ぎ、未来へ運ぶ

ページ上部へ