認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

お礼品ID:1067789

影彫り「蒸気機関車」C57型

影彫り「蒸気機関車」C57型

宮城県利府町

中国の「影彫り」という伝統彫刻技法で石板に彫刻しました。

0.0
0
寄付金額70,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

横30センチ縦21センチでA4サイズの石板です。
中国福建省に伝わる「影彫り」という彫刻技法で専用のノミで点刻をつけてイラストを彫り上げていく技法です。
細かい部分まで繊細に表現できるのが魅力です。まるで石に写真を印刷したかのようなリアルな陰影をつけることができる為、残したい写真、風景をそのまま石に彫刻できる希少な技術です。
最近ではインテリアデザイン、記念プレートなどにも多く持ち入れられてます。
時代の流れと共に変わりゆく風景、蒸気関車(C57型)の力強い走りを感じさせる写真を黒御影石に彫刻しました。
記念品や贈答品、コレクションの一つにお使いください。

■内容・サイズ/加工地
石板 A4サイズ (横30cm×縦21cm×厚さ1cm) 重さ2kg
加工地:利府町

■原材料
中国福建省産 黒御影石

■注意事項/その他
※画像はイメージです。

お礼品詳細

提供元 有限会社 亀屋石材
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 お申込みから1週間程度
申込受付期間 通年
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

宮城県利府町のご紹介

  1. 全国
  2. 宮城県
  3. 利府町

利府町は、宮城県のほぼ中央に位置し、町の西部は大都市・仙台に隣接し、東部は太平洋に面し日本三景・松島の一角を成し、便利さと四季折々の自然に恵まれた素朴さがひとつになった町です。歴史上、古くは多賀城の国府に、近世に入ってからは仙台城下に接していたことから交通の要衝として栄えてきました。現在も高速道路をはじめ、道路網の整備が進み一つの町に4つのインターチェンジがある全国でも珍しいまちです。

利府町には、2002FIFAワールドカップサッカーの会場となった宮城スタジアムのあるグランディ・21、敷地面積約53万m2もある新幹線修理、点検、車庫を兼ねたJR東日本の新幹線車両基地、島々の美景が広がる特別名勝松島、東北楽天ゴールデンイーグルス2軍のホームスタジアムとなる楽天イーグルス利府球場(中央公園野球場)などがあり、自然・文化・産業が調和した町です。

また、昭和42年の町制施行から50年が経過し、当時は8千4百人足らずだった人口が、昭和50年代から始まった大規模住宅団地の開発により、仙台市のベットタウンとして人口が急増し現在は約4.5倍の3万6千人となっています。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.利府町中央公園の整備(スポーツ振興)のため

  2. 2.未来を担う子どもたちのため

  3. 3.高齢者の生きがいづくりのため

  4. 4.安全に暮らせるまちづくりのため

  5. 6.文化振興のため

  6. 7.観光振興のため

  7. 8.農林水産業の振興のため

  8. 9.災害復旧・復興のため

  9. 9.使い道は指定しません

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 雑貨特集

    雑貨特集

    暮らしに役立つ ふるさとの文化が息づく

ページ上部へ