認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. お菓子・スイーツ    旅行券・チケット  > 
  4. 洋菓子    食事券  > 
  5. 国の登録有形文化財 『がんこ亀岡楽々荘』 のお土産付ペアお食事券

お礼品ID:1036020

国の登録有形文化財 『がんこ亀岡楽々荘』 のお土産付ペアお食事券
国の登録有形文化財 『がんこ亀岡楽々荘』 のお土産付ペアお食事券
国の登録有形文化財 『がんこ亀岡楽々荘』 のお土産付ペアお食事券
国の登録有形文化財 『がんこ亀岡楽々荘』 のお土産付ペアお食事券

国の登録有形文化財 『がんこ亀岡楽々荘』 のお土産付ペアお食事券

京都府亀岡市

国の登録有形文化財でもある「がんこ亀岡楽々荘」で季節のお料理をご堪能ください。

0.0
0
寄付金額30,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

明治大正期に政財界で活躍した田中源太郎氏は、多くの事業設立を果たしましたが、なかでも、現在の嵯峨野トロッコ列車が走る旧山陰本線を敷設したことでも知られます。
氏の生家は、その後の改築を経て『楽々荘』として長く親しまれました。トロッコ列車のトンネルと同じ煉瓦で造られた洋館と、迎賓館として建てられた書院造りのお屋敷は、いずれも1898(明治31)年頃の建築と伝えられ、1997(平成9)年には、国の登録有形文化財に登録されています。
また、七代目小川治兵衛の手による日本庭園は、その広さ650坪。安土桃山時代の石灯籠や鉄の井筒を亀山城から移したと伝えられます。歴史と緑で彩られた見事なお屋敷は、「がんこ亀岡楽々荘」として、時代に引き継がれることとなりました。

■従業員の声
大小合わせて17部屋の個室があり、総席数は280席です。季節によって変わる庭を眺めながら、国の登録有形文化財でもある歴史的な建物を散策し、和食の職人が、1品1品丹精をこめて作ったお料理を、着物を着たおもてなし係の説明とともにお楽しみくださいませ。
お帰りの際に豆乳ばーむくーへん2個をお渡しいたします。

■内容
・季節の会席料理2名様分
・豆乳ばーむくーへん2個:直径約11.5cm×高さ約7.5cm  約350g/国産

■提供サービス詳細
・季節の特別御前(前菜・お造り・季節の小鍋・季節の天ぷら・寿司・赤だし)
・豆乳ばーむくーへん原材料(鶏卵、小麦粉、砂糖、マーガリン、ショートニング、豆乳、麦芽糖、液糖、調整豆乳粉末、脱脂粉乳、乳化剤、膨張剤、香料、着色料(カロテン))

■使用期限
発送日から1年

■注意事項/その他
【申し込み後について】
1.寄付申し込み後、がんこ亀岡楽々荘よりペアお食事券をお送り致します。
2.ご利用の際は、「がんこ亀岡楽々荘」に前日までにお電話にてご予約をお願いします。
・お土産の豆乳ばーむくーへんのパッケージや内容が変わることもございます。
・お料理は、季節によって内容が変わります。
※画像はイメージです。

お礼品詳細

提供元 がんこ亀岡楽々荘
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 2018-04-19~
申込受付期間 通年
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

Pay-easy決済

コンビニ決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

京都府亀岡市からのおすすめお礼品

京都府亀岡市のご紹介

  1. 全国
  2. 京都府
  3. 亀岡市

そこは豊かな自然と悠久の歴史が調和する「京の奥座敷」

亀岡市は京都の西となりに位置し、京都駅からおよそ20分。美しい山並みに囲まれ、豊かな自然とおいしい水に恵まれた暮らしやすいまちです。また、城下町として栄え、足利尊氏や明智光秀など日本の歴史が変わる発信点となったまちでもあります。

― まだ見ぬ、もう一つの京の姿 ―

四季おりおりの保津川渓谷の美しさが満喫できる「嵯峨野トロッコ列車」、京都の名勝嵐山まで約16kmの渓流を約2時間で下るスリル満点の「保津川下り」、本殿が国の重要文化財に指定されている「出雲大神宮」、京の奥座敷、山あいに連なる「湯の花温泉」など、自然と歴史、文化が共存する亀岡市。嵐山から電車でわずか8分でもう一つの京都に出会えます。

― 京を支える食材の宝庫 ―

豊かな自然環境やおいしい水に恵まれている亀岡市は、京料理や京菓子などの食材の主要生産地として、京野菜をはじめ、丹波黒豆、丹波大納言小豆、丹波栗、丹波松茸など、年間を通して自然の恵みが栽培され、そのほかにも、亀岡牛や丹波地鶏、猪などの肉類など、数多くの特産品があります。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 市長が市民とともに進めるまちづくり事業

  2. 日本一子育てがしやすいまちをつくる事業

  3. 花と緑の庭園都市(ガーデンシティ)を推進する事業

  4. 天然記念物アユモドキの生息地の保護などの環境保全事業

  5. 生涯学習を応援する事業

  6. 心学の祖 石田梅岩を顕彰し、生誕地を整備する事業

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

ページ上部へ