ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 雑貨・日用品   
  4. 装飾品・工芸品  > 
  5. 食器   
  6. 陶器・漆器  > 
  7. 皿・椀   
  8. その他陶器・漆器  > 
  9. 山中塗花婿おわんと輪島塗お箸セット【能登の花嫁のれんオリジナル】

お礼品ID:1023108

山中塗花婿おわんと輪島塗お箸セット【能登の花嫁のれんオリジナル】
山中塗花婿おわんと輪島塗お箸セット【能登の花嫁のれんオリジナル】
山中塗花婿おわんと輪島塗お箸セット【能登の花嫁のれんオリジナル】
山中塗花婿おわんと輪島塗お箸セット【能登の花嫁のれんオリジナル】

山中塗花婿おわんと輪島塗お箸セット【能登の花嫁のれんオリジナル】

石川県七尾市

石川の伝統工芸品に認定されている山中塗のお椀と輪島塗の箸セットです。

0.0
0
寄付金額10,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

お礼品名に「花婿おわん」というキャラクターを持たせたお椀は漆陶舗あらきのオリジナル品です。平成29年度の石川県観光土産推奨品にも認定された山中塗です。
輪島塗のお箸は漆塗のつややかな使い心地をお楽しみいただけます。特徴として全てが天然の素材で手作業により作られています。木は主に能登産のヒバの木を使い、天然の漆で仕上げていきます。箸先はすべらない加工を施してありますので、お刺身や麺類にも使いやすいです。

■生産者の声
お椀は能登七尾の風習として受け継がれている「花嫁のれん」をイメージデザインした漆陶舗あらきのオリジナルお礼品です。
食卓を華やかに彩る漆器は皆様に幸多かれと、能登は七尾よりお届け致します。

■内容量/原産地
・山中塗お椀:黒1個
・輪島塗お箸:黒1膳
お椀:経11cm/高7.2cm お箸:長22.6cm
〔原産地:石川県〕

■原材料
お椀:木質/本漆塗装
お箸:木製/本漆塗

■注意事項/その他
●漆器は食器洗浄器、食器乾燥機には対応できませんのでご注意ください。
●手洗いにてご使用いただくと長くお使いいただけます。
●タワシ、磨き粉、食器洗浄機、乾燥機等の使用は避けてください。


お申込み・配送・その他

発送時期 お申込み後、順次発送
申込受付期間 通年
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

Pay-easy決済

コンビニ決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

他にもこんなお礼品があります

石川県七尾市からのおすすめお礼品

石川県七尾市のご紹介

  1. 全国
  2. 石川県
  3. 七尾市

七尾市は石川県の北部、能登半島の中央部に位置する人口約5万5千人(平成27年国勢調査)の能登の中心都市です。

「七尾」の名前は、日本最大規模の山岳城「七尾城」が築かれていた城山に七つの尾根があったのが由来とされています。

「能登の里山里海」が2011年に先進国では初めて「世界農業遺産」に認定され、また、青柏祭の曳山行事「でか山」が2016年に「ユネスコ無形文化文遺産」に登録されました。

七尾市は、豊か自然と歴史、文化、風土、そしてそこに住む人々の人情に彩られた地域です。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 市長におまかせ

  2. 若い世代が結婚・出産・子育てしやすい環境をつくる

  3. 七尾市にしごとをつくり、安心して働けるようにする

  4. 七尾市への新しい人の流れをつくる

  5. 時代に合った地域をつくり、安全・安心な暮らしを守る

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 雑貨特集

    雑貨特集

    暮らしに役立つ ふるさとの文化が息づく

  • 食器特集

    食器特集

    先端も伝統も、ものづくりの心が宿る

ページ上部へ