ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 雑貨・日用品  > 
  4. 食器  > 
  5. グラス・カップ  > 
  6. 花クリスタル ペア【D17】

お礼品ID:1002154

花クリスタル ペア【D17】

花クリスタル ペア【D17】

愛媛県今治市

250年の伝統 伊予桜井漆器

0.0
0
寄付金額30,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

愛媛の伝統工芸・桜井漆器の歴史は江戸時代まで遡ります。桜井漆器のふるさと今治市は瀬戸内海に面し、海上交通の要衝として古くから栄えてきた港町です。江戸時代に椀舟と呼ばれる舟で、紀州の黒江、根木の箱膳や重箱など庶民向けの漆器を中心に、四国、中国、九州方面へ行商した椀屋さん(漆器行商人)が、桜井で製造を開始したのが始まりだと言われています。
その特徴として、輪島の沈金師、山中塗の挽物師、海南漆器の蒔絵師などの名匠たちに技を学んだため各地のエッセンスが集まった、変わった個性を持っています。特に輪島からの影響は大きく、明治初年に初めて沈金法を導入し優れた技術で質の向上に大きな足跡を残すとともに、人材の育成、指導にも力を及ばせました。その後、輪島から多くの職人が来桜したこともあって、手頃で良質な桜井漆器の声価は輪島塗に勝るとも劣らない評価を得るところとなりました。
しかし、昭和の時代を迎え、第二次世界大戦を境に、椀舟とともに栄えてきた桜井漆器も衰退の一途をたどることとなりましたが、昭和49年「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」の適用により、先祖代々受け継がれてきた伝統工芸産業の復興にさまざまな検索と努力がなされてきています。
「えひめ暮らしの工芸品デザインコンクール」において、木材・ガラス工芸部門デザイン賞を受賞した逸品です。250年にわたる桜井漆器の伝統が光ります。
■原産地:愛媛県今治市
■内容・サイズ:グラス(直径8cm×高さ9.2cm)×2客
※取り寄せのため、メーカーに在庫がない場合はお届けまでにお時間がかかります。

お礼品詳細

提供元 一般財団法人 今治地域地場産業振興センター
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 お申込み後、順次発送
申込受付期間 通年
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

Pay-easy決済

コンビニ決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

愛媛県今治市のご紹介

  1. 全国
  2. 愛媛県
  3. 今治市

愛媛県の北東部に位置し、温泉が湧く緑豊かな山間部、かつて水軍が活躍した来島海峡を有し、世界有数の多島美を誇る瀬戸内海に浮かぶ島々や臨海部まで多様な地域性をもっています。国内生産の約5割を占めるタオル製造や造船業を中心に発展した産業都市であり、1999年の瀬戸内しまなみ海道開通により、中四国の流通拠点になっています。

近年は「今治タオル」ブランドや「サイクリストの聖地」しまなみ海道などで、海外からも注目されているまちです。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 【今治を元気にする】

  2. 【今治の人を育てる】

  3. 【今治を守る】

  4. その他

  5. 市長に一任

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 雑貨特集

    雑貨特集

    暮らしに役立つ ふるさとの文化が息づく

  • 食器特集

    食器特集

    先端も伝統も、ものづくりの心が宿る

ページ上部へ