認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税の用語集 | ふるさと納税 制度改正とは

ふるさと納税 制度改正(ふるさとのうぜい せいどかいせい)とは

ふるさと納税では、これまでに何度も制度の改正、変更がありました。近年、利用者に特に影響の大きかったものは2015年の制度改正です。ここでは大きく2つの変更点がありました。1つ目は控除上限額に関するものです。2015年1月1日より、個人住民税所得割額の1割だった控除上限額が2割に拡充されました。2つ目は、手続きの簡素化に関するものです。2015年4月1日からワンストップ特例制度が導入されました。これにより年末調整を行っている多くのサラリーマンなど確定申告の必要のない方は、所定の条件を満たし、寄付先の自治体に申請書を提出することで、確定申告を行わなくても住民税からの寄付金控除を受けられるようになりました。
今後も様々な制度改正が行われると思われます。当サイトでは引き続き、最新のふるさと納税について情報発信していきますので、どうぞご活用ください。

■ ふるさと納税 制度改正に関連する質問

■ ふるさと納税 制度改正に関連するページ

ページ上部へ