ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 「寄付金控除に関する証明書」発行・発送サービス

ふるさと納税 「寄付金控除に関する証明書」発行・発送サービス

申し込み受付中!確定申告手続きが簡単・便利に!さとふるなら証明書が1枚にまとまる!

令和3年(2021年)分以降の寄付は、
「寄付金控除に関する証明書」の発行サービス(無料)で、
1年分まとめて出力することができます

令和3年分の確定申告からふるさと納税(寄付金控除)の申告手続きが簡単・便利になりました。

  • ※ 国税庁の指定する他の特定事業者のWebサイトとの比較における評価。国税庁の指定する特定事業者のWebサイトを対象に株式会社さとふるが調査。(2022年4月19日時点)
  • ・ 申し込みには事前にログインが必要です。
  • ・ 書面発行は寄付履歴がある場合、「さとふるアプリ」の「控除管理」からも申し込みができます。

ふるさと納税の確定申告で必要な自治体が発行している「寄付金受領証明書」の代わりに、令和3年分以降はさとふるが発行する年間寄付額を記載した「寄付金控除に関する証明書」の添付で寄付金控除の適用が受けられます。

自治体から寄付ごとに送られてくる証明書の保管が大変

さとふる発行の証明書があれば…
1枚の提出でOK!
「寄付金受領証明書」の代わりになります

※寄付した回数が多い場合、複数枚になることがあります。

○ご注意
「寄付金控除に関する証明書」の発行にあたっては、さとふるマイページの「登録情報の確認・変更」の「寄付者情報のご入力」に登録されている氏名と発行対象の寄付名義がすべて一致している必要がございます。

「寄付金控除に関する証明書」の活用メリット

  1. 1

    さとふるだけの
    郵送での証明書発行
    サービス

    さとふるからの郵便
    を待つだけ!

  2. 2

    マイナポータルを
    連携してオンライン
    で提出可能!

    マイナンバーカード
    を用意するだけ!

  3. 3

    1枚にまとまって
    いるので、税理士への
    提出も簡単に!

    提出は1枚だけ!

  1. 1

    事前に申し込んでおけば、確定申告時期にさとふるから「寄付金控除に関する証明書」が郵送され、自分で紙に印刷する手間もありません。
    さとふるのカンタン確定申告サービスをご利用の方も添付書類が1枚になり準備がより簡単に!

  2. 2

    マイナンバーカードをお持ちの方は、e-私書箱にログインし、マイナポータル連携サービスを利用し確定申告書に「寄付金控除に関する証明書」の情報を自動入力が可能。そのままe-Taxで提出できます。
    令和3年分(2021年分)からマイナンバーカードやスマートフォンを利用してさらに便利に!
    詳しくはこちら(国税庁サイト)
    e-私書箱とは?
    マイナポータル連携とは?

  3. 3

    自治体から寄付ごとに発行される「寄付金受領証明書」の代わりに、さとふるが発行した1枚の証明書を税理士に提出するだけ!
    各自治体が発行する証明書の到着を待ち、保管・管理する必要はありません。

※各自治体が発行している「寄付金受領証明書」を使って確定申告することも可能です。

e-Taxで提出の方 電子発行のお申し込みはこちら

\書面発行はさとふるだけ!/

紙で提出の方 書面発行(郵送)のお申し込みはこちら

  • ※ 国税庁の指定する他の特定事業者のWebサイトとの比較における評価。国税庁の指定する特定事業者のWebサイトを対象に株式会社さとふるが調査。(2022年4月19日時点)
  • ・ 申し込みには事前にログインが必要です。
  • ・ 書面発行は寄付履歴がある場合、「さとふるアプリ」の「控除管理」からも申し込みができます。

「寄付金控除に関する証明書」はこんな方におすすめ!
申告方法診断チャート

チャート図

A ワンストップ特例制度がおすすめ

B マイナポータル連携がおすすめ 電子発行

C すべてインターネット上での手続きがおすすめ 電子発行

D 1枚にまとまって届く証明書での提出がおすすめ 書面発行(郵送)

E 寄付金受領証明書での提出がおすすめ

B,C,Dの方は
さとふるの「寄付金控除に関する証明書」の発行・発送サービスの利用で
申し込んだら待つだけ!で確定申告の準備ができます

※この診断は自分に向いている申告方法を確認する参考としてご活用ください。他の申告方法を選ぶことも可能です。
また、確定申告が必要になるかの判断につきましては、税理士等の専門家や所轄の税務署にご相談ください。

確定申告手続きの流れ

自分に合った申告方法がわかったら、次は「寄付金控除に関する証明書」の申し込み方法や申告までの手順を診断結果別に確認しましょう。

Aの方

ワンストップ特例制度で提出

ワンストップ特例制度がおすすめ。こちらで手続き方法をご確認ください。

B,Cの方

電子発行の申し込みをし、さとふる発行の証明書をe-Tax、または印刷して提出

B,Cの方 電子発行の申し込みをし、さとふる発行の証明書をe-Tax、または印刷して提出

令和3年分(2021年分)からe-Taxがますます便利に!
詳しくはこちら(国税庁サイト)

※ダウンロードした証明書データ(XMLファイル)を国税庁が提供するQRコード付証明書等作成システムで読み込み、これをプリントアウトした書類を確定申告書に添付して申告することが可能です。
詳しくはこちら(国税庁サイト)

Dの方

書面発行(郵送)の申し込みをし、さとふる発行の証明書を添付して提出

Dの方 書面発行(郵送)の申し込みをし、さとふる発行の証明書を添付して提出

※書面発行(郵送)には申し込み期限がございます。申し込み期限を過ぎた場合は、電子発行をお申し込みいただき、国税庁が公開している「QRコード付き証明書等作成システム」でXMLファイルをPDFに変換し、そのPDFを紙に印刷してご利用ください。

Eの方

自治体から発行される「寄付金受領証明書」を添付して郵送/持参で手続き

各自治体から郵送で交付を受ける「寄付金受領証明書」を確定申告書に添付して申告してください。

e-Taxで提出の方 電子発行のお申し込みはこちら

\書面発行はさとふるだけ!/

紙で提出の方 書面発行(郵送)のお申し込みはこちら

  • ※ 国税庁の指定する他の特定事業者のWebサイトとの比較における評価。国税庁の指定する特定事業者のWebサイトを対象に株式会社さとふるが調査。(2022年4月19日時点)
  • ・ 申し込みには事前にログインが必要です。
  • ・ 書面発行は寄付履歴がある場合、「さとふるアプリ」の「控除管理」からも申し込みができます。
お手続きはマイページから

よくあるご質問

  • 「寄付金控除に関する証明書」の適用時期はいつからですか?
    令和3年分(2021年分)の寄付に関する確定申告からの適用となります。

    ※確定申告の詳しい日程については、国税庁の確定申告特集の情報をご確認ください。
  • 「寄付金控除に関する証明書」はどこから、どのような形式で発行できますか?
    さとふるサイト内より下記の形式で発行いただけます。

    「寄付金控除に関する証明書」の電子発行をご希望の場合
    https://www.satofull.jp/mypage/kifukin_shomei_denshi.php
    ※事前にログインが必要です。
    上記より電子ファイル(XML形式)をダウンロード、またはマイナポータル連携で証明書の自動取得が可能です。

    「寄付金控除に関する証明書」の書面発行をご希望の場合
    https://www.satofull.jp/mypage/kifukin_shomei_shomen.php
    ※事前にログインが必要です。
    上記よりさとふるへ証明書発行の申し込みをしていただき後日郵送いたします。
  • さとふるにおけるすべての寄付内容が「寄付金控除に関する証明書」に記載されますか?
    はい、記載されます。※
    ただし、会員登録情報と、寄付申し込み時に入力された氏名が異なる場合、その寄付は証明書に記載されません。結婚等で会員登録の氏名が変わられた場合は、証明書の記載対象の寄付についても、個別に寄付名義の変更手続きが必要となります。

    ※Yahoo版さとふるやPayPayミニアプリでの寄付はさとふるサイトとの連携が必要です。
  • 自治体が発行する「寄付金受領証明書」を利用して確定申告することもできますか?
    はい、ご利用いただけます。さとふるから発行する「寄付金控除に関する証明書」は1年間の寄付が一覧化されており、提出書類も簡素化できるためおすすめですが、各自治体が発行している「寄付金受領証明書」を使って確定申告することも可能です。申告方法はご都合に合わせてお選びいただけます。
  • 「寄付金控除に関する証明書」の利用に条件はありますか?
    さとふるの会員が対象です。また、さとふるを退会すると、電子発行でお申し込みの証明書のダウンロードはできなくなります。
  • XMLファイルは紙に印刷して、証明書として提出できますか?
    ご利用いただけません。紙で確定申告をしたい場合は、国税庁が公開している「QRコード付き証明書等作成システム」でXMLファイルをPDFに変換し、そのPDFを紙に印刷してご利用ください。
  • 結婚等で姓が変わり、1年の中で寄付名義が違う寄付がある場合、証明書には反映されますか?
    下記よりご確認ください。
    https://www.satofull.jp/static/faq/details.php?id=153
  • 「寄付金控除に関する証明書」に記載される住所の変更方法を教えてください。
    下記より手順をご確認ください。
    https://www.satofull.jp/static/faq/details.php?id=152
  • 「寄付金控除に関する証明書」の書面発行の郵送先住所の変更方法を教えてください。
    下記より手順をご確認ください。
    https://www.satofull.jp/static/faq/details.php?id=131
  • 「寄付金控除に関する証明書」の申し込み状況の確認方法を教えてください。
    下記より手順をご確認ください。
    https://www.satofull.jp/static/faq/details.php?id=132
  • 発行された「寄付金控除に関する証明書」の記載内容が、申告したい内容と異なる場合、どうすればいいですか?
    相違する記載の内容によって、下記より手順をご確認下さい。
  • e-私書箱とは?
    e-私書箱は、株式会社野村総合研究所が提供するサービスで、「マイナポータル」上で、民間企業が個人にお知らせなどを電子的に届ける民間送達サービスです。確定申告に必要な金融機関などの証明書類を集約・管理することができます。
  • マイナポータル連携サービスとは?
    年末調整手続きや所得税確定申告手続きにおいて、マイナポータルを利用して控除証明書データを一括取得し、そのデータを生命保険料控除申告書や確定申告書に自動入力することを可能とするサービスです。
    マイナポータル連携特設ページはこちら(国税庁サイト)
  • さとふるが発行する「寄付金控除に関する証明書」は、寄付した回数が多い場合は、複数枚となることがあります。
  • 掲載の内容は2022年4月19日時点の情報です。サービス内容などは予告なく変更する場合がございます。

ふるさと納税の確定申告について詳しく知りたい方はこちら▼

確定申告入門ガイド

ページ上部へ