ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

お礼品ID:1293266

伊勢志摩 備長炭 中長 3kg
伊勢志摩 備長炭 中長 3kg
伊勢志摩 備長炭 中長 3kg
伊勢志摩 備長炭 中長 3kg

伊勢志摩 備長炭 中長 3kg

三重県南伊勢町

さとふるアプリdeワンストップ申請対象外

伊勢志摩備長炭で本格的な料理に挑戦してみませんか。

0.0
0
寄付金額18,000円
お礼品発送予定時期
お申込みから1週間程度でお届け
  • 沖縄県はお届けできません。また、画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

お試し備長炭をご家庭で使用していただける様に箱に入れてお届けします。
火鉢や囲炉裏で活躍することはもちろんですが、バーベキューや、焼き鳥など使用用途は様々ですので色々楽しめます。キャンプを楽しむ方も伊勢志摩備長炭で本格派な料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【地域の環境や人々に支えられ歩むマルモ製炭所】
マルモ製炭所は伊勢志摩地域の海岸近くの森に生えるウバメガシだけを原木にして備長炭を生産しています。この地域はウバメガシが豊富で、良質な備長炭を焼く環境に恵まれています。ただ、炭を生産する技術は、「これで完璧」というものがありません。窯に原木を詰めて、余計な成分のない炭に仕上げるには、窯内の空気を微妙に調整したり、窯から炭を外に出すタイミングなど、経験によってしか知ることができない勘を養わねばなりません。この伝統を絶やさないためにも、共に働く若い仲間に技術を伝えながら、長く続く地域独自の炭(ブランド)の確立を目指していきたいと思います。

■お礼品の内容について
・伊勢志摩 備長炭 中長[3kg]
  原産地:三重県南伊勢町/製造地:三重県南伊勢町/加工地:三重県南伊勢町


■原材料・成分
ウバメガシ

■注意事項/その他
厚手のビニール袋に密閉し、湿度の低い場所で保管してください。
できるだけ、3~6ヶ月で使い切ることをお勧めします。
※画像はイメージです。

お申込み・配送・その他

申込受付期間 通年
配達外のエリア 沖縄県

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

コンビニ決済

PayPayオンライン決済

キャリア決済

Pay-easy決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

  • 沖縄県はお届けできません。

三重県南伊勢町からのおすすめお礼品

三重県南伊勢町のご紹介

  1. 全国
  2. 三重県
  3. 南伊勢町

南伊勢町は太平洋に面した三重県の南部に位置する、海と山の恵みを余すことなく満喫できる町です。町面積の多くが伊勢志摩国立公園内に含まれており、展望台からは美しいリアス海岸を臨むことができるほか、シーカヤックや釣り、ハイキングなどの自然体験が町内各所で楽しめます。

町内には県下一の漁獲量を誇る漁港があり、全国へ新鮮な魚介類を届けています。また、穏やかな湾を活かした鯛やマグロなどの養殖も盛んです。そのほか、温州みかんをはじめとした柑橘類の栽培も行われ、伊勢志摩地域では絶大な人気を誇ります。

南伊勢町は江戸時代に東回り航路・西回り航路を築き当時の海運を支えた河村瑞賢や、剣道の流派・陰流の創始者である愛洲移香斎久忠の生誕地で、町の資料館ではそれらの歴史に触れることができます。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.教育の充実

  2. 2.子育て支援

  3. 3.環境・森林保全

  4. 4.福祉・医療の充実

  5. 5.道路整備

  6. 6.観光振興

  7. 7.農林水産業振興

  8. 8.商工業の振興

  9. 9.防災対策

  10. 10.町におまかせ

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 雑貨特集

    雑貨特集

    暮らしに役立つ ふるさとの文化が息づく

ページ上部へ