ランキングとレビューで探せる認知度No.1ふるさと納税サイト

お礼品ID:1224639

鯱鉾-Paper Wight-
鯱鉾-Paper Wight-
鯱鉾-Paper Wight-
鯱鉾-Paper Wight-

鯱鉾-Paper Wight-

兵庫県尼崎市

さとふるアプリdeワンストップ申請対象?

お城や町の守り神として親しまれている尼崎城の『鯱瓦』を1/24スケールで再現しました。

0.0
0
寄付金額66,000円
お礼品発送予定時期
2024-04-30より順次発送
※生産・天候・交通等の事情により遅れる場合があります。
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

元和3年(1617年)江戸幕府の命により尼崎城を築き明治6年(1873年)の廃城令後に取り壊されるまで『大坂の西の守り神』としてその雄姿を誇った尼崎城が平成31年に再建されました。
その鯱瓦を尼崎のプラスチック精密部品を扱う小さな町工場の職人が技術を駆使し1/24のスケールで再現したのが『鯱鉾-Paper Wight-』です。
インテリアとしてお家やお部屋、会社の守り神に。又はPaper Wightとしてもお使い頂けます。真鍮を使用しており本来の輝きを届けるため表面処理がされていないので、深い色合いと輝きの変化を時とともにお楽しみください。

魅力…真鍮の重厚感のある輝き
お手入れ方法…布やスポンジなど柔らかいもので拭いて下さい。お酢やレモン汁で優しく拭いていただくと輝きを取り戻せます。
材質…【本体】真鍮 【台座】アクリル
包装・ラッピング…専用の箱に入れてお届けいたします。
詳細サイズ…本体:横 約24mm 高さ 約53mm 奥行 約42mm
      台座:横 約55mm 高さ 約15mm 奥行 約55mm
台座に乗せた状態:横 約55mm 高さ 約67mm 奥行 約55mm

■生産者の声
モデリングから切削まですべての工程を弊社でおこなっており機械と手作業で製作しているため一つ一つ風合いが違います。
真鍮の重厚感ある輝きと職人の技術が詰まった逸品です。一つ一つ心を込めて丁寧に製作しました。

■お礼品の内容について
・鯱鉾-Paper Wight-[1台]
  製造地:兵庫県尼崎市/加工地:兵庫県尼崎市/サービス提供地:兵庫県尼崎市


■注意事項/その他
形状上、鋭利な部分がありますのでお取り扱いにはご注意下さい。
乳幼児、お子様の手の届かないところに置いてください。
※画像はイメージです。

お申込み・配送・その他

申込受付期間 通年
配達外のエリア

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

ID決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

兵庫県尼崎市からのおすすめお礼品

兵庫県尼崎市のご紹介

  1. 全国
  2. 兵庫県
  3. 尼崎市

兵庫県の南東部に位置する、人口45万人(令和3年2月時点)の中核市です。

阪神電車、JR、阪急電車が東西に走り、大阪や神戸、京都や奈良へも乗り換えなしでアクセスでき、交通の便がとても良いまちです。
また、山がなく、坂道も少ないため、徒歩や自転車での移動に最適です。

「住みたいまち」、「住み続けたいまち」、そして「住んでよかったまち」尼崎の実現に向けて、「あまがさきで子どもを育てる人」、そして、単に尼崎で暮らすだけでなく「まちのことを想い、活動する人」の増加を目指しています。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.財政調整基金

  2. 2.教育振興基金

  3. 3.みんなの尼崎城基金

  4. 4.文化振興基金

  5. 5.環境基金

  6. 6.緑化基金

  7. 7.市民福祉振興基金

  8. 8.子ども・若者応援基金

  9. 9.動物愛護基金

  10. 10.新本庁舎建設基金

  11. 11.暴力団排除基金

  12. 12.公共施設整備保全基金

  13. 13.SDGs地域活性化基金

  14. 14.文化財保存活用基金

  15. 15.小田南公園周辺地域活性化基金

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 雑貨特集

    雑貨特集

    暮らしに役立つ ふるさとの文化が息づく

ページ上部へ