• ホーム
  •  控除シミュレーション

控除シミュレーション

控除シミュレーション

監修:髙村税理士事務所 税理士 髙村健一

ふるさと納税で「寄附金控除」が最大限に適用される寄付金の控除上限額は、年収や家族構成、お住いの地域などによって異なります。ご自身の控除上限額をきちんと把握しておけば、自己負担2,000円のみで効率的にふるさと納税を行えます。
※控除分は、その年の所得税の還付と、翌年度の個人住民税から差し引かれます。

シミュレーションツールの使い方

  • 1.年収や家族構成から、自己負担を2,000円に抑える控除上限額の目安を把握する
  • 2.控除上限額を参考に、寄付したい金額を入力し、控除額と自己負担額を算出する
  • ※年収や家族構成などの情報で、控除額の目安を計算したい方→簡単シミュレーション
  • ※源泉徴収票などを参考にして、より正確な控除額の目安を計算したい方→詳細シミュレーション
  • ※どれだけお得になるかの目安がわかる控除上限額の早見表はこちら
  • ※所得控除については、基礎控除・配偶者控除・扶養控除のみを考慮しています。
    社会保険料控除や生命保険料控除、住宅ローン控除、医療費控除など、その他の控除は考慮されていません。

シミュレーション方法をお選び下さい

まずは参考までに控除額の目安を知りたい方
簡単シミュレーション
「源泉徴収票」「確定申告書」を使って、より正確な控除額の目安を知りたい方
詳細シミュレーション /
  • ※平成28年度1月現在の制度に基づいて試算しており、今後の制度改定等により変更になることがあります。
  • ※詳細シミュレーションを行われる場合、「源泉徴収票」または「確定申告書」、市町村から配布される「納税通知書」をご用意ください。
  • ※実際に寄付を行った年の所得税や翌年の住民税で税額控除(軽減)されますので、ここで試算された金額はあくまで目安としてご利用ください。
  • ※分離課税の所得に関しては、本試算の対象外となります。
ページ上部へ