ふるさと納税クラウドファンディング

「我孫子遺産」を次世代へ 市指定文化財 志賀直哉邸跡書斎修復プロジェクト

千葉県我孫子市

スポーツ・文化支援
現在の寄付合計
470,000円
目標金額
757,000円
62%
  • 支援者合計
    76人
  • 受付終了日
    2022/01/05
志賀直哉は、大正から昭和にかけて活躍した白樺派を代表する作家で、「小説の神様」とも称されています。
現在の我孫子市には、大正4(1915)年に移住、同12(1923)年まで居住し、執筆を続けました。志賀直哉が執筆時に使用していた書斎は、現在我孫子市が管理していますが、経年劣化が進む中で修復が必要な状況となっています。今年は志賀直哉が没後50年の節目あたる年であり、この書斎を後世に残すために、皆さまのご支援をお願いいたします。

この事業で選択可能なお礼品

  • お礼品を選択しない

    寄付金額
    3,000円〜

事業詳細

実施理由/背景

名作を産み出した志賀直哉邸跡書斎を未来へ繋ぎたい!

我孫子市には様々な文化財があります。特に志賀直哉の書斎がある手賀沼沿岸には、講道館柔道の嘉納治五郎の別荘跡地や、朝日新聞の記者であり、国際的にも活躍したジャーナリスト、杉村楚人冠の邸宅があるなど、大正から昭和初期に活躍した文人たちが集まりました。なかでも志賀はこの地で暮らし、創作活動を行いました。たとえば、父との不和を解消できた喜びから「和解」を発表し、唯一の長編小説である『暗夜行路』の大半はこの書斎で執筆されました。
書斎の建築については志賀本人が設計に深く関わり、我孫子の大工・佐藤鷹蔵により大正10(1921)年に建てられ、「地域のたから」として公園の敷地内に移設し、大切に保存されてきましたが、近年経年による劣化が目立ち、修復が必要な状況となっています。市では、多くの作品が誕生したこの志賀直哉邸跡書斎を次世代につなげるために守り続けていきたいと考えています。
【写真について】
中央和装の男性が志賀直哉。志賀の右側女性は声楽家、柳兼子。兼子右で子供を抱いているのは柳宗悦。学習院時代からの友人だった柳が我孫子に住んでいた関係で、志賀は我孫子へ転居しました。(写真は我孫子市白樺文学館蔵)

プロジェクト内容説明

志賀直哉邸跡書斎を修復します!古き良き我孫子を守る「我孫子遺産」の修復・保存

今回のプロジェクトでは、志賀直哉邸跡書斎を修復します。修復箇所は建物内部では、天井・壁・障子などで、外部では軒ひさしなどです。志賀直哉は書斎の建築時に、できるだけ高級な木材を使わず木の肌や虫食い跡などを活かした簡素な建物づくりを目指したと伝えられており、こうした思いを踏まえて、修復に際しては現在使われている木材などはできるだけ活用し、志賀直哉が使用していた当時の雰囲気を壊さないよう細心の注意を払って行っていきます。
また、志賀直哉邸は崖を切り開いた土地に立地しており、湧水も見られる場所で湿気が多く、今年度予定している修復作業以外も今後も定期的な修復が欠かせないものとなります。また、志賀直哉邸以外にも我孫子市には多くの文化遺産がありますが、志賀直哉邸同様に来年度以降定期的な修復作業が必要となるため、目標金額以上のご寄附を頂いた場合には、来年度以降の志賀直哉邸修復に要する費用や他の文化財の維持管理、資料の修復・保存のために活用していきます。
【写真について】
この写真は、志賀直哉が書いた旧居図になります。右につけた赤い丸の場所が今回修復する書斎になります。

今ある書斎をよりよく修復したい!

今回の修復する場所は、天井、畳、壁、障子、軒ひさし、濡れ縁です。
【天井について】
天井は網代天井となっていますが、網代が破れ、場所柄湿度が高いため、天井から浮いている状態です。いつ、網代天井が落ちてしまってもおかしくない状況です。
【畳について】
週末の数時間しか一般開放をしていませんが、移築から一度も畳替えを行っていない状況です。畳はヤケ、切れている箇所もあります。
【壁について】
壁は漆喰で塗られていますが、経年による色あせが目立ってきました。
【障子について】
障子は自力で直してきましたが、追いつかないのが現状です。
【軒ひさし】
周りは木々も多く、静かでよい場所ですが、落ち葉はひさしを痛め、一部腐ってひさしとしての機能を果たさなくなっています。陽の光が部屋の奥へと入ってしまい、内部の状態の劣化に拍車をかけています。
【濡縁】
濡縁も軒ひさし同様、いつも風雨にさらされているので、一部腐っています。雨戸が閉まって内部が見えていない状態でも、見えてしまう場所なので、どうしても建物の状態が悪く見えてしまいます。

目指すところ

志賀直哉邸跡書斎を保存・活用し、「文学のまち」としての魅力あふれる我孫子を発信したい!

志賀直哉邸跡書斎修復プロジェクトは、志賀直哉が創作に打ち込んだ空間を保存し、未来につなげることで、「文学のまち」としての我孫子の魅力を、より多くの人々に発信していくことができればと思い実施しております。文化財には、その歴史を知ったり実際に訪れたりすることで、現在に生きる私たちに新たな気付きを与えてくれる力があると思います。我孫子には志賀直哉邸以外にも多くの文化財がありますが、市としてはこれらの文化財を「我孫子遺産」として可能な限り保存・活用して未来につなげていきたいと考えておりますので、少しでも多くの皆さまのご賛同を願っております。また、今回のプロジェクトを通じて、我孫子に少しでも興味・関心を持っていただき、たくさんの方に我孫子を知ってもらえることができればと思います。
【写真について】
志賀直哉邸跡書斎が建っている場所は「雁明(がんみょう)緑地」として、整備されています。奥に見えるブロックには、志賀が書いた旧居図をもとに、間取りを復元したものとなっており、公園の各所に志賀にまつわるエピソードを紹介する説明板を設置しています。

寄付の使い道

寄附金については、市が今年度実施する志賀直哉邸跡書斎の修復事業の財源とさせていただきます。
古き良き我孫子を守る「我孫子遺産」の修復・保存のため、皆様のご支援をよろしくお願いいたします。
なお、寄附金額が目標金額を超えた場合については、来年度以降の志賀直哉邸修復に要する費用や他の文化財の維持管理、資料の修復・保存のために活用していきます。
【修復内容】
網代天井は補修を行い、軒ひさしは当時の雰囲気を意識しつつ、建物内部を守るために修理します。併せて、近くで見ても危険でないよう濡縁も修理します。壁の漆喰は塗り直すことで、経年による色あせが解消され、志賀が使っていた当時の趣を取り戻すよう修復します。

自治体からのメッセージ

我(われ)・孫(まご)・子(こ)、我孫子の新たな物語へご協力をお願いします。

我孫子市は、昨年文化庁より文化財保存活用地域計画の認定を受け、文化財の保存活用に力を入れています。今を生きる「我」々が「子」、「孫」の代に貴重な「我孫子遺産」を保存・活用することで、我孫子から魅力的なヒト、モノが生まれるきっかけになるかもしれません。近年でも我孫子はゆかりの作家が多い街です。そんな我孫子の魅力の創造者、小説の神様、志賀直哉の書斎の修復・保存へのご協力をお願いいたします。
【写真について】
志賀直哉邸跡書斎から歩いて2~3分の場所にある我孫子市白樺文学館。文学館では志賀直哉をはじめとする白樺派の文人と我孫子との関係を紹介する展示を行っています。書斎をご見学の際は、ぜひ、お立ち寄りください。

現在の取り組みと今後の展開

事業スケジュール
令和3年9月1日:プロジェクト(寄附金募集)開始
令和4年1月5日:プロジェクト(寄附金募集)終了

志賀直哉邸跡書斎は、10月から修復工事を行い、11月末に修復完了の予定です。工事の様子など我孫子市白樺文学館のTwitterやブログをとおして、ご報告していく予定です。
寄附金は志賀直哉邸跡書斎の修復及び、書斎の近くにある我孫子市白樺文学館所蔵資料の修復などに活用していきます。

みんなの応援メッセージ

  • ささきさん

    高校生の頃、国語の教科書で志賀直哉の作品を学び、それ以来志賀直哉の描く作品や世界観に惹かれ、少しずつですが作品を手に取り、志...続きを読む

  • ENさん

    過去に数度、白樺文学館も含めて訪問させていただきました。 晴れた日には木漏れ日や風がとても気持ちの良い場所だった記憶がありま...続きを読む

  • 海さん

    今回、志賀直哉邸に関われたこと嬉しく思います。微力ながらでも今後もお手伝いできたら幸いです。続きを読む

みんなの応援メッセージをもっと見る

この事業で選択可能なお礼品

  • お礼品を選択しない

    寄付金額
    3,000円〜

注意事項

【寄付に関する注意事項】

目標金額に到達しなかった場合の寄付金の返還はございません。
目標金額に到達しなかった場合、お預かりした寄付金は自治体内で使い道を検討し、自治体が取り組む各種の事業に活用させていただきます。
目標金額を超過した寄付金の取扱いについては、各自治体の判断となります。
また、クラウドファンディングの目標金額到達前に、自治体またはさとふるの判断により、寄付の受付を停止する場合があります。あらかじめご了承ください。
お礼品をお受け取りいただける金額以上の寄付であり、且つ、お受け取り辞退のご希望がない場合は、目標金額到達の如何を問わずお礼品をお受け取りいただけます。
サイト上で表示される寄付金額の数値は、入金が確認できた寄付金の合計となりますため、即時反映されるものではないことをご了承ください。
受付終了後に入金が確認できたものについては、受付終了後に数字を更新いたします。

ページ上部へ