認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. さとふるクラウドファンディング プロジェクト一覧  > 
  3. 銚子市を元気にするため、銚電を続けていきたい!

銚子市を元気にするため、銚電を続けていきたい!

  • 千葉県銚子市
銚子市を元気にするため、銚電を続けていきたい!

千葉県銚子市

目標金額
10,000,000
現在の寄付合計
1,520,007
15%

寄付受付期間:2018/05/16 ~ 08/31 17:00頃

事業内容

慢性的な資金不足で「電車なのに、自転車操業」。いつ廃線になっても・・・

「銚電」の愛称で、市民や全国の鉄道ファンの皆さまから親しまれる銚子電気鉄道株式会社は、1923年(大正12年)に開業した”全長6.4キロメートルの小さな鉄道会社”です。

風光明媚な観光地として、多くの観光客を迎える一方、何よりも市民の生活の足として「銚電」はかかせない存在です。

しかし、近年では、マイカーの普及や少子高齢化に伴う人口減少等の影響によりに年々利用者数が減ってしまい、厳しい経営状況が続いています。自治体からの出資のない「銚電」は、完全民営のローカル鉄道のため、公的な支援も限度があります。鉄道運営には、例えば、線路1メートル直すのに10万円、電車の車検に1500万円など、運営には多くの費用がかかります。そのため、赤字を埋めるため、ぬれ煎餅の製造販売を開始。今では売上総収入の70%がぬれ煎餅の販売となり、もはや鉄道会社ではなく、せんべい屋と言われています。このような状態を「電車なのに、自転車操業」と「銚電」の社長・竹本氏は話します。

資金不足だけは如何ともしがたく、この度、全国から「銚電」存続のための支援を募ろうとするものです。

絶対にあきらめない!銚子の宝、「銚電」をみんなで守ろう!

「銚電」一番の強みは、地域や全国のファンの方に愛されていること。

これまでも「銚電」は、名物の「ぬれ煎餅」や「たい焼き」の副業による収入のほか、厳しい経営状況を支えるため、銚子商業高校の生徒を中心としたクラウドファンディングを通して、脱線した車両の修理や駅舎の改築を行ったり、駅名をネーミングライツで販売するなど、市民や全国の温かい皆さまの支援により、何とか危機を乗り越えてきました。

今回は、「銚電」が所有する運行車両3編成の内の1編成の車両検査代をご支援いただくことで定時運行と安全運行を確保しようとするものです。

ユニークな企画が多いローカル鉄道!

「銚電」は毎年ユニークな企画を数多く実施!

  • 社長自ら「DJ」となり電車を運転する
  • 外川駅に「昭和ノスタルジー」をテーマとした運行当時のレトロな懐かしい電車を再現
  • 期間限定で「お化け屋敷電車」・「イルミネーション電車」・「バルーン電車」などを運行
  • 車両内でプロレス開催
  • UFO召喚イベントの開催

駅名を企業に自由に開放したことで、個性的な名前が続々登場!

  • 笠上黒生駅(かさがみくろはえ) → 髪毛黒生駅(かみのけくろはえ)
  • 君ケ浜駅 → ロズウェル(君ケ浜駅周辺に住む人の多くがUFOを見たことがあるという理由から) など

昨年、アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は銚子市の風景などをモチーフにした映画。

「銚電」をモチーフにした電車も作中に登場し、映画を見た方が実際に「銚電」を訪れました。

目指すところ

銚子の街を元気づけるために「日本一のエンタメ鉄道」を目指します!

「銚電」の乗客数は、沿線人口の減少から残念ながら減少を続けています。

地元・銚子市の人口も減少を続けており、街は活気を失いつつあります。

水揚量は7年連続日本一、醤油の産地としても有名ですが、東日本大震災以降、宿泊施設や観光施設の廃業が相次ぎ、市の財政も厳しい状況にあります。

こんな状況だからこそ、「銚電」は銚子を元気にしたい!

銚子の街を元気づけるために、地域、そして全国のファンに愛される「日本一のエンタメ鉄道」を目指します。

皆様の応援を背に受けて、小学生からお年寄りまで、地元市民の大切な日常生活の足として、また銚子観光のシンボルとしての使命を今後とも果たしていきます。

「銚電」が元気に、継続して運行していけるよう、官民で連携して経営改善に取り組んでいくとともに、全国で唯一無二のエンタメ鉄道として、「銚電」ブランドを守り続けていきます。

「絶対にあきらめない!」ので、ぜひ、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

今後のスケジュール

  • 車両検査:2019年1月~2019年3月頃

車両検査を2019年1月から2019年3月頃に予定しています。

本プロジェクトでは、ふるさと納税のお礼の品として、「弧廻手形(1日乗車券)」を送付しますので、車両検査終了前でも、是非とも「銚電」で”小さな旅”をご堪能ください。

寄付金額の使い道

受け付けましたご寄付は、次の用途に使わせていただきます。

3000形車両の検査

  • デハ3001号・クハ3501号の重要部検査
    (走行装置、主回路、基礎ブレーキ、一般空気装置、その他の装置、総合検査 等)

自治体からのメッセージ

銚子市を応援していただく皆さまへ

この度は、銚子電鉄を守るため、本プロジェクトにご協力をいただき誠にありがとうございます。

皆さまが、ご寄付をきっかけに銚子市へ足を運び、「7年連続水揚量日本一」の新鮮な魚や旬の野菜など、「おいしい銚子」を味わっていただき、心身ともに元気になってくださることを願います。

本市の貴重な観光シンボルとして、見どころいっぱいの銚子電鉄に乗ってノスタルジックな”小さな旅”をお楽しみください・・・。

市民の大切な生活の足として、今後も存続していけるよう、銚子市と銚子電鉄で協力していきたいと思います。

銚子市長 越川信一

クラウドファンディングのお礼品

※この事業は10,000円以上の寄付でお礼品が付きます。

非売品 クラウドファンディング限定!銚電オリジナル「マフラータオル&1日乗車券(孤廻手形)」

お礼品ID 9900002
発送時期 お申込みから1週間程度
提供元 銚子電鉄
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

非売品 クラウドファンディング限定!銚電オリジナル「マフラータオル&1日乗車券(孤廻手形)」

[千葉県銚子市]寄付金額10,000円

寄付者限定のオリジナル「マフラータオル」と「1日乗車券」のここでしか手に入らないレアなセット

銚電の愛称で、市民や全国の電車ファンの皆さまから親しまれる「銚子電気鉄道株式会社」は、1923年(大正12年)に開業した”全長6.4キロメートルの小さな鉄道会社”です。
見どころいっぱいの銚子電鉄に乗ってノスタルジックな“小さな旅”をお楽しみください・・・。

・銚電オリジナルマフラータオル
さとふるクラウドファンディング限定の非売品。
3000形をイメージした青色で「絶対にあきらめない」の文字を入れます。
マフラータオルを広げて、3000形と並んでフォトジェニックな1枚を・・・

・孤廻手形(銚子電鉄の1日乗車券)
さとふるクラウドファンディング限定の非売品。
銚子から外川間の全線を1日乗り降りできる乗車券です!

■生産者の声
この度は、「銚電」を守るため、本プロジェクトにご協力をいただき誠にありがとうございます。
市民の大切な生活の足として、本市の貴重な観光シンボルとして、これからもローカル鉄道の灯を守ることを絶対にあきらめません!

皆さまが、ご寄付をきっかけに銚子市へ足を運び、「2017年水揚量日本一*」の新鮮な魚や旬の野菜など、「おいしい銚子」を味わっていただき、心身ともに元気になってくださることを願います。

*2018年1月4日 銚子市産業観光部水産課が公表したデータより みなと新聞調べ

■内容量
1日乗車券(孤廻手形 1枚)

マフラータオル(1枚)
製造地:国内産

■原材料・成分
・マフラータオル(綿100%)

【注意事項/その他】
※1日乗車券(孤廻手形)の有効期限はございません。お好きな時に「銚電」を利用してください。
※画像はイメージです。

このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

注意事項

【寄付に関する注意事項】

  • 目標金額に到達しなかった場合の寄付金の返還はございません。
  • 目標金額に到達しなかった場合、お預かりした寄付金は自治体内で使い道を検討し、自治体が取り組む各種の事業に活用させていただきます。
  • 目標金額を超過した寄付金の取扱いについては、各自治体の判断となります。
  • また、クラウドファンディングの目標金額到達前に、自治体またはさとふるの判断により、寄付の受付を停止する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • お礼品をお受け取りいただける金額以上の寄付であり、且つ、お受け取り辞退のご希望がない場合は、目標金額到達の如何を問わずお礼品をお受け取りいただけます。
  • サイト上で表示される寄付金額の数値は、入金が確認できた寄付金の合計となりますため、即時反映されるものではないことをご了承ください。
  • 受付終了後に入金が確認できたものについては、受付終了後に数字を更新いたします。

ページ上部へ