1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 公式ブログTOP  > 
  3. ふるさと納税制度
  4.  >  基礎知識
  5.  > 
  6. ふるさと納税をするのは何のため?寄付の目的と使い道は?

ふるさと納税をするのは何のため?寄付の目的と使い道は?

38_mv.jpg

この記事では「ふるさと納税は何のためにできた制度か」について紹介していきます。

ふるさと納税制度を知ろう

ふるさと納税は、自分の出身地域や応援したい自治体に寄付ができる制度です。通常、所得税や住民税は住所地を管轄する税務署や自治体に納めなければいけません。しかし、ふるさと納税では一定の上限額以内であれば、自分の住所地以外の地域に納税ができます。

寄付の対象となるのは、かつて住んでいたことがある地域だけではありません。これまでまったく縁のなかった土地への寄付も可能です。そのため、「震災からの復興に使って欲しい」「地域独特の産業を保護してほしい」など、その自治体が行っている取り組みを支援したいという気持ちだけでも問題ありません。

どのような理由であったとしても、自分の好きな地域に寄付ができるのです。また、自治体によっては寄付金の使い道を指定できるケースもあります。源泉徴収や確定申告による納税では、税金の使い道まで納税者が自由に決めることはできません。寄付金の使い道を指定できるという点もふるさと納税ならではの特徴だといえるでしょう。

ふるさと納税が一般に普及している背景には、寄付者のメリットが大きいというものがあります。メリットの一つは所得税や住民税が減額されることです。

上限額は定められていますが、基本的には2,000円の自己負担(確定申告かワンストップ特例制度の申請が必要)だけですみます。たとえば、1万円を寄付した場合は8,000円が所得税や住民税から差し引かれるというわけです。

2,000円の自己負担は寄付金額が大きくなっても、控除上限額以内であれば変わりません。2万円の寄付をした場合は、1万8000円が所得税や住民税から差し引かれることになっているのです。つまり、寄付金額が大きくなればなるほど、税金からの控除額も大きくなります。

他にもふるさと納税が普及している理由としては、寄付をした自治体からお礼品がもらえることが挙げられます。

たとえば、1万円の寄付をして3,000円分のお礼品をもらえれば自己負担2,000円があったとしても、実質1,000円は寄付者にとってメリットがあります。つまり、「所得税や住民税の控除+お礼品」によってふるさと納税は、寄付者のメリットを担保しているわけです。

ふるさと納税の本来の目的って何?

一般的な税金の徴収は、住んでいる地域を管轄する税務署や自治体が行います。そのため、人口が多い地域ほど税金を納める人も多いわけです。
少子高齢化の日本では、地方の過疎化が進んでいる一方で、都心部ほど人口が増加傾向にあります。つまり、都市部と地方部における税収の差が大きくなっているのです。

ふるさと納税は制度上、どの自治体にも寄付ができます。
自治体によってはお礼品を用意しており、そのお礼品によって寄付者に地域の特産品や名産品をPRする機会にもなります。

寄付の使い道から選ぶこともできます

寄付をする自治体を探すにあたり、寄付の使い道を指定できる点もふるさと納税の魅力だといえます。

寄付者が指定できる寄付金の使い道は各自治体によって異なり、各自治体が独自に行っている取り組みや抱えている課題を解決するといった使い道があります。

たとえば、少子高齢化が進んでいる自治体では、「児童館の運営管理費」といった子育て支援・教育事業に力を入れているケースがあります。高齢化が進んでいる地域では、「医療・福祉」につながる寄付を募って、地域の主力となる病院の整備費用や福祉施設の充実などに使用しています。

また、その地域ならではのものとして「環境保全」や「文化財保護」があります。国定公園や条約によって定められた景観を保全していくためには費用を捻出しなくてはいけません。

地元の景観や文化財を後世に残していくためにも、ふるさと納税による寄付金は貴重だといえます。

      

関連記事