1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 公式ブログTOP  > 
  3. ワンストップ特例制度・確定申告

ワンストップ特例制度・確定申告

年末調整で発生することも!知っておくべき過不足税額とは?

「過不足税額」という言葉をご存じでしょうか。言葉自体は見聞きしたことがあっても、意味はピンとこないという人もいるかもしれません。実は、普段源泉徴収で所得税を支払っている人の場合、過不足税額が発生するの... 続きを読む

所得税率はどれくらい?確定申告でいくら納税することになる?

確定申告をする際に重要になってくる所得税率。個人事業主の人などは、所得税率の計算をする機会が多いはずです。しかし、年末調整のある会社勤めの人は税金の計算をすることが少ないですから、触れることがないかも... 続きを読む

税の基礎知識! 所得税に関わる源泉徴収とは一体?

会社に勤めている方であれば、基本的には会社が所得税を「源泉徴収」し、年末調整までやってくれます。この「源泉徴収」とはどういう意味でしょうか? 言葉を聞いたことはあっても、実ははっきりとした意味はよく知... 続きを読む

寄付受領証明書が届かない?寄付受領証明書の受け取りについて

ふるさと納税をしたら、寄付を受け取った自治体は後日「寄付受領証明書」を発行して送付します。通常であれば、申し込んだあとは待っていれば送られてくるはずです。しかし、何らかのトラブルによって手元に届かない... 続きを読む

確定申告するなら要確認!還付申告制度の概要や申告方法

税金の払い過ぎがあるときは、還付金を受けられます。給与所得者など源泉徴収を受けている人で、所得税の払い過ぎがある場合は、年末調整で還付金を受けることが可能です。しかし、年末調整では受け取ることができな... 続きを読む

源泉徴収票を使った給与所得者の確定申告方法

サラリーマンのなかには確定申告を行なった経験がまったくない人もいるのではないでしょうか。なぜ、確定申告を行なわなくてよいかというと、源泉徴収や年末調整によって給料から所得税・住民税が天引きされているか... 続きを読む

年末調整済みだけど確定申告が必要!申告方法を紹介

会社勤めの人であれば年末に会社へ書類を提出して税金の還付を受けたことがあるでしょう。会社勤めの場合は自分で確定申告をしなくても年末調整として会社がそうした手続きを代行してくれます。 そのため、確定申告... 続きを読む

ふるさと納税の確定申告 -会社員は申告書「A」と「B」、どちらを選ぶ?-

今年ももうすぐ確定申告の季節です(2月16日~3月15日)。 でも昨年、ふるさと納税をした方で、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用できる条件に入っていなかったり、入っているけど期限に間に合わな... 続きを読む

【重要!】ワンストップ特例、申請書は2018年1月10日必着!と、確定申告のこと

ふるさと納税では寄付金控除を受けることができますが、そのためには「ふるさと納税ワンストップ特例制度」や「確定申告」といった"手続き"があります。今すぐこれらについてきっちりと理解し、忘れないうちに準備... 続きを読む

【徹底解説!】ふるさと納税と確定申告♪

ふるさと納税をしたあとに、所得税の還付や住民税の控除を受けるには、原則として確定申告をする必要があります(ワンストップ特例制度の条件にあてはまれば確定申告をしなくても特例申請書を提出することで、住民税... 続きを読む

【よくわかる!ワンストップ特例制度】 はじめてでも安心♪ふるさと納税がよりカンタンにできる「ワンストップ特例制度」とは?

ワンストップ特例制度ができる前までは、ふるさと納税の仕組みでは、かならず確定申告をする必要がありました。しかし、2015年4月の制度改正のあとは、ワンストップ特例の条件にあてはまると、特例申請書を提出... 続きを読む