ふるさと納税サイト さとふる公式ブログ

記事一覧

東洋のマイアミビーチと呼ばれる湘南の中心地/神奈川県藤沢市

"湘南"を代表するまちのひとつで、市の海岸部は一大マリンリゾート地として知られる藤沢市。アメリカのマイアミビーチ市と姉妹都市になっていることから、「東洋のマイアミビーチ」と呼ばれることもある藤沢市をご... 続きを読む

"待っているふるさと納税"から"顔の見えるふるさと納税"へ/北海道白糠町

太平洋沖の暖流と寒流が交わる絶好の漁場にある白糠町(しらぬかちょう)。1年を通じてししゃもや毛がに、柳だこ、鮭など様々な海産物が獲れ、紫蘇や鹿肉など山の幸にも恵まれています。この白糠町の"おいしい食材... 続きを読む

"キューポラ"の煙突はまちのシンボル!/埼玉県川口市

溶かした金属を型に流し込んでつくる「鋳物(いもの)」のまちとして有名な川口市。現在も脈々と受け継がれる職人魂と、溶解炉「キューポラ」の煙突はまちの宝物となっています。近年はご当地グルメ「鳩ヶ谷(はとが... 続きを読む

日光街道の宿場町。その伝統が工芸品に息づいています/埼玉県春日部市

街道の宿場町として栄えてきた春日部市(かすかべし)。その長年に渡り受け継がれてきた文化と伝統は、「桐たんす」や「桐箱」「押絵羽子板」などの工芸品の中に、今も脈々と息づいています。ここでは、そんな春日部... 続きを読む

特産品の「シュガートマト」は自慢の甘さ!/高知県日高村

"奇跡の清流"とも言われ、その美しい色合いが"仁淀(によど)ブルー"と形容される「仁淀川」が流れる村、「日高村(ひだかむら)」。朝夕の寒暖差のある気候を活かした甘いトマト「シュガートマト」が特産品とし... 続きを読む

掘割が縦横に行き交う水の都/福岡県柳川市

干満差が日本一で、満潮と干潮の差が大きくなる大潮時にはその差が6mに達するという有明海。その有明海に面したまちが柳川市(やながわし)です。市内を掘割(ほりわり)が縦横に流れ、"水の都"とも呼ばれる柳川... 続きを読む

かつてこの地でスサノオがオロチを退治!/島根県雲南市

雲南市(うんなんし)は、『古事記』に登場する出雲神話の怪物、ヤマタノオロチをスサノオノミコトが退治した、その舞台となった地域にあります。市内にはこの逸話ゆかりの地が多く残る他、「加茂岩倉遺跡」「神原(... 続きを読む

道の駅「大芝高原」は自然の中の憩いの場!/長野県南箕輪村

美しい田園風景が広がる長野県の村、南箕輪村。緑豊かでさまざまなレジャー施設が整備された村民たちの憩いの場「大芝高原」が、2018年4月に道の駅に登録されたことで、県内外からさらに多くの人が村に訪れるよ... 続きを読む

特産品の「岩津ねぎ」は冬しか出回らない"幻のねぎ"/兵庫県朝来市

冬季限定で販売され、"幻のねぎ"とも呼ばれる「岩津ねぎ」が有名な朝来市(あさごし)。「甘い・太い・柔らかい」の三拍子揃った自慢の特産品です。また、雲海の中に浮かぶ「天空の城・竹田城」にも多くの人が訪れ... 続きを読む

何度でも振り返って見てしまう三重塔が有名です/長野県青木村

あまりの美しさに、何度も振り返って見てしまう...、そんな三重塔のある村が青木村です。三重塔に加え他にも貴重な文化財を有する「大法寺」や、温泉、パラグライダー練習場などに県内外から多くの人が訪れる村、... 続きを読む

ブランド和牛の「近江牛」発祥の地とも言われるまち/滋賀県竜王町

長い歴史を持ち、「日本三大和牛」のひとつに数えられることも多い「近江牛」。その発祥の地とされるのが、竜王町(りゅうおうちょう)です。"明治時代、竜王町出身の竹中久次という人物が神戸・異人街に牛を引いて... 続きを読む

伊勢いもの濃厚なコクと強い粘りはナガイモ界屈指!/三重県多気町

ナガイモの一種、「伊勢いも」は、そのコクと粘りで料理人からの人気も抜群。この「伊勢いも」を特産品とするまちが多気町(たきちょう)です。他にも、高級甘柿として知られる「前川次郎柿」が生まれた地でもある多... 続きを読む

三大和牛のひとつとされる松阪牛のふるさと/三重県松阪市

松阪城の城下町としてだけでなく、江戸期を通じて和歌山街道と伊勢街道が合流する交通の要衝であったことから、宿場町としても栄えた松阪市。特産品としては、海外にも名をはせる「松阪牛」が有名で、他にも「松阪も... 続きを読む

公園でもある道路「りんご並木」は市民の憩いの場!/長野県飯田市

「シナノスイート」や「みすずつがる」「紅玉」など多種のりんごが植えられた「りんご並木」がまちのシンボルとなっている飯田市(いいだし)。なしやりんご、さくらんぼ、ぶどうなどおいしい果物が採れるまちであり... 続きを読む

一生に一度はお参りすべし!「善光寺」のあるまち/長野県長野市

「牛に引かれて善光寺参り」「一生に一度は善光寺参り」といったフレーズを、一度は聞かれたことがあるでしょう。ここで言及されている寺院「善光寺」があるまちが長野市です。他にも果物栽培が盛んなまちとして、ま... 続きを読む

うなぎと抹茶、そしてえびせんべいの知名度が抜群!/愛知県西尾市

特産品の「一色産うなぎ」「西尾の抹茶」「三河一色えびせんべい」で知られる西尾市。佐久島を含む一帯が「三河湾国定公園」に指定され、風光明媚な名勝となっている他、その佐久島がアートを使った島おこしを展開中... 続きを読む

赤身がうまい! 甲州ワインビーフのふるさと/山梨県甲斐市

赤身がうまい! 甲州ワインビーフのふるさと/山梨県甲斐市【ふるさと納税・自治体事典】 2004年9月1日、竜王町・敷島町・双葉町が合併して誕生した甲斐市。北部地域に「秩父多摩甲斐国立公園」に指定される... 続きを読む

家康ゆかりの地、"やらまいか精神"で発展中!/静岡県浜松市

海産物ではウナギやトラフグ、シラス、農産物でも三ヶ日(みっかび)みかんなど特産品に恵まれた浜松市。政令指定都市として数々の産業が集まると同時に、家康ゆかりの城があるまちとして、そしてさまざまなマリンス... 続きを読む

全国一の「めがねのまち」。まちのあちこちに眼鏡が!/福井県鯖江市

福井県のほぼ中央に位置する「鯖江市(さばえし)」は、北は福井市、南は越前市に隣接する人口約7万人のまち。三大地場産業である眼鏡、繊維、漆器の中でも、とくに眼鏡はまちを挙げて振興に努めており、「めがねの... 続きを読む

満開の桜の下を、たらい舟で川下り!/岐阜県大垣市

15本の一級河川の流れによる豊かな湧水が有名なまち、大垣市。水門川では「船」と「たらい」の2種類の舟下りも楽しめる「水の都」です。また、俳人・松尾芭蕉が「奥の細道」のための紀行の最終地点とした場所でも... 続きを読む

特産品「黒糖焼酎」は奄美群島でしかつくれない!/鹿児島県龍郷町

"日本のラム酒"とも言われ、黒糖の香りと米麹由来の芳醇な風味が人気の「黒糖焼酎」。戦後、日本の酒税法の特例通達で、黒糖を使っての製造が奄美群島に限り認められたことで独自の発展を遂げ、現在ではさまざまな... 続きを読む

都の"食"を彩った、食材豊富な御食国/福井県小浜市

若狭湾という天然の良漁場を擁し、古来、ズワイガニやカレイ、鯖寿司などの特産品を都に供給してきた小浜市。京都へと続く街道は、今も趣たっぷりにそこにあり、多くの観光客を呼び寄せています。ここでは、そんな小... 続きを読む

都人たちも憧れた"白き神々の座"、白山を望むまち/石川県白山市

美しくも威厳に満ちた姿で古来、人々の崇敬を集めてきた山「白山」。その白山を望み、2100年以上の歴史を誇る「白山比咩(しらやまひめ)神社」のあるまちが、白山市(はくさんし)です。ここでは、県内最大のま... 続きを読む

風を感じながら千里浜なぎさドライブウェイを走りたい!/石川県羽咋市

全国で唯一、砂浜を車で走ることができるドライブウェイ「千里浜なぎさドライブウェイ」の通るまち、羽咋市(はくいし)。他にも、夕日の絶景や天然岩牡蠣で知られる「柴垣海岸」や、「小天の橋立」と呼ばれるほど眺... 続きを読む

「令和」の出典元『万葉集』のふるさととして大注目!/富山県高岡市

2019年、歴史の大きな節目となる"改元"が行われ、「令和」の時代となった日本。この「令和」の典拠となったのが奈良時代の編纂とされる歌集『万葉集』。そして、その編纂に関わった大伴家持(おおとものやかも... 続きを読む

最高峰の酒米として君臨する「山田錦」の故郷!/兵庫県加東市

日本酒に最適なお米として知られ、全国の酒造会社、杜氏、そして日本酒ファンに愛される「山田錦」。その誕生の地とされるのが加東市です。他にも、「釣り針」や「鯉のぼり」「ひな人形」などの伝統技が脈々と受け継... 続きを読む

すべての帆を広げた「海の貴婦人」の姿は壮観!/富山県射水市

「海の貴婦人」と称された帆船「海王丸」が停泊するまち、射水市(いみずし)。年に10回行われる、すべての帆が広げられるイベント「総帆展帆」(そうはんてんぱん)では、優雅でありながら力強いその姿に圧倒され... 続きを読む

"富山湾越しに浮かぶ立山連峰"は世界でも珍しい絶景/富山県氷見市

日本有数の漁港である氷見(ひみ)漁港に水揚げされる数々の海の幸で知られる氷見市。中でも冬の「ひみ寒ぶり」、春の「氷見いわし」は全国的に有名なブランド魚。また、山々が海に浮かんだように見える、世界的にも... 続きを読む

伝承を再現した「狐の嫁入り行列」に参加しよう!/新潟県阿賀町

「狐火」など、狐にまつわる言い伝えが多く残るまち、阿賀町(あがまち)。「狐の嫁入り行列」を再現した祭りのパレードでは、"行列"参加者以外の観光客、さらには駅員や警察官にまで狐のメイクが施され、まちは狐... 続きを読む

全国的な知名度を誇る道の駅、"田プラ"があるまち/群馬県川場村

休憩施設であり、地域の情報発信基地でもある道路施設「道の駅」。観光庁では、その模範的な役割を担う道の駅をいくつか指定していますが、その中のひとつが「川場田園プラザ」です。充実の設備を持ち、"観光スポッ... 続きを読む

彌彦神社と弥彦山がパワースポットとして人気!/新潟県弥彦村

越後国一の宮にして天照大神の孫にあたる天香山命(あめのかぐやまのみこと)を祀る「彌彦神社」。その門前町として栄えてきたまちが弥彦村(やひこむら)です。新潟最大のパワースポットと言われることもある「彌彦... 続きを読む

鉱山で栄えた島。米どころであり、トキもいます/新潟県佐渡市

江戸幕府の財政を支えた金銀山による繁栄で知られる佐渡市。「日本ジオパーク」に認定された美しい自然や日本を象徴する鳥、トキの生息地としても有名ですが、実は農業や漁業、畜産業も盛んで、米どころとして、海産... 続きを読む

利根川のほとり、"江戸優り"の文化が花開いたまち/千葉県香取市

「東の灘(なだ)」とも呼ばれて発展した酒造業による経済力と、大動脈である利根川水運を使い人やモノが流れ込んだことで、"江戸優り(えどまさり)"と呼ばれるほど大いに栄えたまちが香取市(かとりし)です。近... 続きを読む

「八街産落花生」のまち。新品種「Qなっつ」も人気!/千葉県八街市

"落花生のまち"として知られる八街市(やちまたし)。落花生を特産品とする千葉県の中でも屈指の生産量を誇ります。そして2018年、10年ぶりに新品種「Qなっつ」が誕生。"際立つ甘さ"が高い評価を獲得して... 続きを読む

特産の「あまおう」を1本に1kgも使用したジュースが評判/福岡県筑前町

「あかい」「まるい」「おおきい」「うまい」の頭文字をとって名づけられた福岡を代表するいちごのひとつ、「あまおう」。筑前町(ちくぜんまち)は、その「あまおう」の他、黒大豆「筑前クロダマル」や柑橘類の「き... 続きを読む

ぶどうが特産。「しんとうワイン」も有名です/群馬県榛東村

約30軒の観光農園が軒を連ねる「榛東村ぶどう郷」が有名な榛東村(しんとうむら)。毎年収穫シーズンになると、ぶどう狩りや直売に多くの観光客が訪れます。自前のワイナリーでつくられるオリジナルワイン「しんと... 続きを読む

有数の農業地帯で、「環境保全米」発祥地/宮城県登米市

有数の農業地帯で、「環境保全米」発祥地/宮城県登米市【ふるさと納税・自治体事典】 古くから県内有数の米どころであり、農薬や化学肥料の使用量を抑えた「環境保全米」発祥の地(※登米市ホームページより)とし... 続きを読む

シンボル「薬莱山」の周りに観光スポットがいっぱい/宮城県加美町

「加美冨士」とも呼ばれる独立峰「薬萊山(やくらいさん)」をシンボルとするまち「加美町(かみまち)」。山麓に豊かな自然を利用したさまざまなレジャースポットを擁する他、地場産品を販売する「やくらい土産セン... 続きを読む

鉄と魚とラグビーのまち、近年は「甲子柿」をPR中!/岩手県釜石市

日本の近代製鉄発祥の地として知られる釜石市(かまいしし)。ラグビーで「北の鉄人」と呼ばれる強さを誇った「釜石製鐵所」の実業団チーム「新日鉄釜石ラグビー部」(※2001年より地域クラブ「釜石シーウェイブ... 続きを読む

名勝・浄土ヶ浜を有する、本州最東端のまち/岩手県宮古市

まちにあるお寺の和尚さんが「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことから名づけられたという国の名勝「浄土ヶ浜」の他、「三陸ジオパーク」に属する自然の絶景を数多く有する宮古市(みやこし)。豊富な海の幸に... 続きを読む

医聖・華岡青洲が生まれた地は、有数の果物王国!/和歌山県紀の川市

フルーツ王国としても知られ、桃、かき、いちご、キウイ、いちじく、はっさくでは日本有数の生産量を誇る紀の川市。世界初の全身麻酔による手術を成功させた(※紀の川市ホームページより)江戸時代の外科医、華岡青... 続きを読む

濃厚なコクと甘み、ぷりっぷりの牡蠣が特産!/北海道厚岸町

独自の自然環境と生産方法の工夫により可能となった、"日本で唯一、牡蠣を通年で出荷できるまち"(※厚岸町ホームページより)として有名な厚岸町(あっけしちょう)。「愛冠岬(あいかっぷみさき)」のような、全... 続きを読む

「河津桜」発祥の地。春には国内外から多くの観光客が/静岡県河津町

毎年2月上旬から咲き始めるという早咲きの桜、「河津桜」の生まれた地として知られる河津町(かわづちょう)。早咲きのため、3月上旬頃までの約1ヵ月の間楽しむことができ、タイミングを合わせて開催される「河津... 続きを読む

圧倒的な自然美を誇る襟裳岬。日の出も絶景!/北海道えりも町

"北海道の背骨"とも言われる「日高山脈」の南端にある「襟裳岬」。森進一や島倉千代子の楽曲でもモチーフとなった(双方の歌碑も立っています)、この有名観光スポットがあるまちが「えりも町」です。特産品となっ... 続きを読む

海産物の二大特産品として伊勢えびとマダコが君臨/千葉県いすみ市

海産物の二大特産品「伊勢えび」と「マダコ」が有名なまち、いすみ市。ともに「千葉のさかな」をPRするためのブランド「千葉ブランド水産物」に、「外房イセエビ」「太東・大原産真蛸」という品目で認定され、全国... 続きを読む

しらす漁港として有名な吉田漁港で生しらすを食べよう!/静岡県吉田町

現地で食す「生しらす」がおいしいと評判の「吉田漁港」があるまち、吉田町。他にも、徳川氏vs武田氏の戦いが繰り広げられた「小山城」や、安部晴明が支那から持ち帰り植えたとされる「能満寺のソテツ」がよく知ら... 続きを読む

「ふきの塔」から壮大に広がる田園風景を見よう!/北海道南幌町

札幌にほど近く、生活や文化の面で結びつきが強い南幌町(なんぽろちょう)。現在も食料や住居など、多くのものを供給しながら、自らも発展を続けています。近年は、永住希望者も増えているという南幌町をご紹介しま... 続きを読む

親子熊岩の愛情深いワンシーンに癒される!/北海道せたな町

ビューポイントがいっぱいの景勝道路や「親子熊岩」など海辺の奇岩、日本一とも言われるほど険しい参道を乗り越えて参拝する「太田神社」など見どころが多く、じゃがいもなどの農産物、ウニやアワビといった海産物も... 続きを読む

日本を代表する民謡のひとつ「江差追分」のふるさと/北海道江差町

日本を飛び出し、今や世界各地で歌い継がれる民謡の代表曲のひとつ「江差追分」が生まれたまちであり、全国大会も開かれている地が江差町(えさしちょう)です。このまちの沖では、有名な「開陽丸」が沈没し、現在は... 続きを読む

国内最大級で新種の草食恐竜、「丹波竜」に会いにいこう!/兵庫県丹波市

2006年に発見された恐竜の化石は、国内最大級にして新属新種の草食恐竜の化石でした。その化石が発見されたのが兵庫県丹波市です。他にも、栗や小豆、黒大豆といった古くから全国で知られる特産品のあるまち、丹... 続きを読む

黄金岬からの絶景が有名な、「数の子」のまち/北海道留萌市

国の重要港湾「留萌(るもい)港」を舞台にしたニシン漁とともに発展してきたまち、留萌市。「かずの子」の生産量は日本一を誇ります(※留萌市ホームページより)。海の幸も山の幸も豊富、近年は生パスタ「ルルロッ... 続きを読む

三里松原が美しい!響灘に面した海岸が自慢です/福岡県岡垣町

白砂青松の美しく広大な波津(はつ)海岸を有するまち、岡垣町(おかがきまち)。波津海岸は海水浴客で賑わう他、県内外から釣り客やサーファーたちもやってくる観光スポットです。特産品としては「びわ」が有名で、... 続きを読む

特産品の「でかにんにく」は驚くほどでかくてジューシー!/福岡県水巻町

通常のにんにくの5倍前後はあるという大きなにんにく「でかにんにく」が知られるまち、水巻町(みずまきまち)。関門海峡の北西に広がる響灘(ひびきなだ)へと注ぐ一級河川「遠賀川(おんががわ)」に西側を接し、... 続きを読む

全国の天満宮総本社・太宰府天満宮に年間1000万人!/福岡県太宰府市

奈良時代、地方最大の役所として「太宰府」が置かれたまち、太宰府市(だざいふし)。長らく日本の政治、外交、防衛の要衝であり、これら歴史の舞台を偲ばせる名所・旧跡が多く遺っています。もちろん、全国天満宮の... 続きを読む

日本の夏の風物詩!豪華絢爛、青森ねぶた祭のまち/青森県青森市

誰もが知っている「青森りんご」や、実は生産量日本一を誇る「カシス」(※青森市ホームページより)、陸奥湾で獲れる魚介類が特産品の青森市。また、なんといっても世界中から観光客がやってくるビッグなお祭り、「... 続きを読む

日本最古の山城「大野城」が国の「特別史跡」に/福岡県大野城市

福岡市の南に隣接するまち、大野城市(おおのじょうし)。日本でもっとも古く、その巨大さでも人々を驚嘆させ続けている山城「大野城(おおのじょう)」があるまちで、最近は、ご当地グルメ「大野城鶏ぼっかけ」が人... 続きを読む

国内産毛布の9割以上を生産する「ザ・毛布のまち」/大阪府泉大津市

国内産毛布の9割以上を生産する(※泉大津市ホームページより)"毛布のまち"が泉大津市(いずみおおつし)です。大阪市内から、そして関西国際空港からともに電車で約20分。九州との間にフェリーも就航と交通の... 続きを読む

松尾芭蕉が長期間滞在し、数多くの句を詠んだまち/栃木県大田原市

150日間かけ、2400kmも移動した有名な「奥の細道」の旅程で、松尾芭蕉が14日間もの長期間にわたって滞在したのが大田原市(おおたわらし)です(※他のまちのほとんどが1日から数日間の滞在)。その理由... 続きを読む

明治時代から続く"レンガのまち"/北海道江別市

"レンガのまち"として有名な江別市(えべつし)。現在も生産地として国内屈指であり、市内にも歴史を感じさせる赤レンガの建物が散在します。農業も盛んで、「ハルユタカ」という小麦の一大産地であり、麺、パン、... 続きを読む

観光スポット・天拝山は菅原道真が祈りを捧げた山/福岡県筑紫野市

"学問の神様"菅原道真が、何度も登頂して天に祈りを捧げた山「天拝山(てんぱいざん)」。その周囲に公園や湖、有名な温泉などを擁し、今や有名な観光スポットとなっています。ここではそんな「天拝山」や、九州一... 続きを読む

修験道の聖地や伝統芸能が有名。新名所は巨大椅子!?/福岡県豊前市

南方には修験道の中心地として知られた「求菩提山(くぼてさん)」があり、また大掛かりでアクロバティックな舞で知られる郷土芸能の「神楽」を連綿と受け継いできたまちが、豊前市(ぶぜんし)です。近頃では、草原... 続きを読む

肩にキジが乗った巨大な鬼のモニュメントが大迫力/愛媛県鬼北町

名前に「鬼」が入っていることから、「鬼」を使った町おこしを行っている「鬼北町(きほくちょう)」。鬼の造形作品や標語のコンテストを開催したり、道の駅にはシンボルとも言える鬼「鬼王丸(おにおうまる)」のモ... 続きを読む

渓谷、清流、石灰岩、お遍路さんの折返し地点のまち/愛媛県久万高原町

山岳信仰の山としても知られる西日本最高峰(※久万高原町ホームページより)「石鎚山(いしづちさん)」や三大カルストのひとつ「四国カルスト」、その透明度から"仁淀ブルー"として有名な「仁淀川(によどがわ)... 続きを読む

ニッポンを象徴する色「藍」を育む、屈指の産地!/徳島県藍住町

2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」のエンブレムカラーとして採用され、日本を象徴する色として改めて注目される「藍」。古くから、「阿波藍」としてこの色をつくり続け、そして全国に供給し続けてき... 続きを読む

風光明媚な景色と黒潮からの恵み豊かなまち/徳島県牟岐町

高知県の室戸市から徳島県の阿南市に至る海岸が指定されている「室戸阿南海岸国定公園」。そのほぼ中央部に位置する「国定公園のまち」が、牟岐町(むぎちょう)です。自然豊かで風光明媚な海岸線や亜熱帯植物が繁茂... 続きを読む

地元産ぶどうを使うワイナリーなど6次産業化に本腰/広島県世羅町

地元産ぶどうを使うワイナリーなど6次産業化に本腰/広島県世羅町【ふるさと納税・自治体事典】 豊かな自然を生かした農業が盛んで、その収穫物を生かした6次産業化に力を入れている広島県世羅町(せらちょう)。... 続きを読む

一代で大国を築いた戦国武将・毛利元就の本拠地/広島県安芸高田市

戦国武将きっての策略家として知られ、一代で中国地方全土を手中に収めた毛利元就が本拠地を置いたまち、安芸高田市(あきたかたし)。元就ゆかりの場所が多く遺っているだけでなく「神楽」(※神社の祭礼時などに行... 続きを読む

たまごかけごはんを食べるため、県外からも人が続々!/岡山県美咲町

「たまごかけごはん」で有名なまち、美咲町(みさきちょう)。「たまごかけごはん」を提供するためにつくられたお店「食堂かめっち。」は、連日、大勢の人で賑わっています。また、「紫苑」や「ピオーネ」といったブ... 続きを読む

松浦市が「アジフライの聖地」目指して驀進中!/長崎県松浦市

アジの水揚げ量日本一(※松浦市ホームページより)を誇る長崎県の松浦市が、2019年4月27日、「アジフライの聖地」宣言をしました。市長主導による、全国的にも珍しい"料理名"での聖地宣言。町おこしの一環... 続きを読む

特別名勝の「三段峡」は絶景の宝庫!/広島県安芸太田町

「名勝」の中でもとくに価値の高さが認められた景観、「特別名勝」は全国に36件ありますが(2019年6月1日現在)、その中のひとつが安芸太田町(あきおおたちょう)にある、絶景の宝庫として知られる峡谷「三... 続きを読む

法然上人の生まれ故郷は、川柳のまち/岡山県久米南町

法然上人の生まれ故郷は、川柳のまち/岡山県久米南町【ふるさと納税・自治体事典】 法然といえば、「南無阿弥陀仏」と唱えれば死後は平等に往生できるという専修(せんじゅ)念仏の教えを説いた「浄土宗」の開祖。... 続きを読む

村自体がベンチャー精神旺盛!起業家に愛される村/岡山県西粟倉村

豊かな森林資源を生かした林業・木工加工業が盛んで、こうした背景を利用した家具の製造・販売やゲストハウスの運営などによる起業が相次いでなされ、"起業家の村"として有名になった西粟倉村(にしあわくらそん)... 続きを読む

薬草"大和当帰"を使った薬やお茶やお菓子が好評です/奈良県高取町

推古天皇が薬狩りに来た地として「日本書紀」にも記述されるまち、「高取町」。薬の資料館が整備されたり、薬草"大和当帰(やまととうき)"を使った入浴剤やお茶、調味料、和洋菓子の新商品が開発されたりといった... 続きを読む

神野山の山頂から満天の星空を眺めたい!/奈良県山添村

おいしい「大和茶」の産地として知られる奈良県山添村(やまぞえむら)。近年はレジャースポットとして人気の公園「フォレストパーク神野山(こうのやま)」山頂が、天体観測の新名所として人気上昇中です。ここでは... 続きを読む

手塩にかけた白老牛が、世界のリーダーたちにも好評でした/北海道白老町

アイヌ語で「虻(あぶ)の多いところ」という意味の言葉「シラウオイ」が名前の由来とされるまち、白老町(しらおいちょう)。面積の約75%が森林であると同時に太平洋に面し、その恵みを生かした白老牛や虎杖浜(... 続きを読む

琵琶湖畔に広がる古都。歴史遺産が豊富な水辺のまち/滋賀県大津市

667年から5年あまりの間、天智天皇によって都が置かれていたまち、大津市。2003年10月には、京都市や奈良市などに次ぎ全国で10番目の「古都指定」を受けた他、国指定文化財は全国3位の件数を誇る歴史文... 続きを読む

おもちゃ好きも来たれ!美作三湯のひとつ、湯郷温泉/岡山県美作市

1200年以上の歴史があるという由緒ある温泉「湯郷温泉」のあるまち、岡山県美作市(みまさかし)。近年は「おもちゃの街宣言」を行い、家族で楽しめる温泉街として人気です。また、岡山は全国屈指のぶどう産地で... 続きを読む

魚介やレンコンだけじゃない。霞ヶ浦は自然の恵みの宝庫!/茨城県土浦市

国内2位の大きさを誇り、流域面積で茨城県全体の3分の1以上を占める「霞ヶ浦」。この湖やその周辺からは特産品として知られる魚介類やレンコンがとれます。また、それだけではなく、約150種の野鳥が集まり、水... 続きを読む

確固たるブランドを築いた松葉がにと但馬牛が名産/兵庫県新温泉町

日本海に面し、好漁場を背景に松葉がにやハタハタ、ホタルイカ、のどぐろなどの海産物が有名な新温泉町(しんおんせんちょう)。松坂牛や近江牛といった有名ブランド牛の素牛として名高い「但馬牛」の故郷でもありま... 続きを読む

真夏に黄色く咲き誇るひまわり畑が絶景!/兵庫県佐用町

"ひまわりのまち"として知られる佐用町(さようちょう)。シーズンには120万本が開花し、訪れる人を楽しませています。特産品の「佐用もち大豆」がよく知られている他、陰陽師のスター、安倍晴明ゆかりの地とも... 続きを読む

夕刻、一面が金色に波打つススキの草原は必見!/兵庫県神河町

兵庫県の中央部にあり、面積の約8割が山林という神河町(かみかわちょう)。千町ケ峰(せんちょうがみね)の他、千ケ峰(せんがみね)など1000m級の山々に囲まれ、ホタルが生息する清流があり、「砥峰(とのみ... 続きを読む

おいしい日本酒の、そして野球の"聖地"があるまち/兵庫県西宮市

阪神タイガースの本拠地として、全国屈指の熱い応援が連夜盛り広げられる「阪神甲子園球場」のあるまち、西宮市(にしのみやし)。他にも、「灘五郷」の清酒やえびす宮の総本社である「西宮神社」、そしてそこで開催... 続きを読む

キリシタン大名・高山右近が生まれたまち/大阪府豊能町

のどかな里山が広がる、豊能町(とよのちょう)。高山右近を生んだまちであり、ぜひ訪れてみたい右近ゆかりの地やキリシタン関係の遺物が点在します。ここではそんな豊能町をご紹介します。 続きを読む

丹後半島の付け根にある、ちりめんと歴史のまち/京都府与謝野町

古代・丹後王国の中心地とも言われるまち、与謝野町(よさのちょう)。多くの古墳や史跡が残り、古代史ファンから熱視線を浴びる存在です。同時に、「丹後ちりめん」の機織りの音が今もどこからか聞こえてきたり、あ... 続きを読む

世界的な地質遺産も、日本遺産の伝統産業もあるまち/京都府京丹後市

京都府最北端に位置するまち、京丹後市。「ユネスコ世界ジオパーク」に認定された「山陰海岸ジオパーク」の地質遺産や、「300年を紡ぐ糸が織り成す丹後ちりめん回廊」として日本遺産に登録されている伝統産業「丹... 続きを読む

大島紬や黒糖焼酎など伝統を生かした特産品が人気/鹿児島県奄美市

1300余年の歴史を持つ高級絹織物「本場奄美大島紬」や明治時代の記録が残る「黒糖焼酎」などが特産品として知られる「奄美市」。保護すべき多様かつ希少な動植物が生きる自然環境も魅力で、保護活動が行われると... 続きを読む

「丹沢湖」周辺に温泉やレジャー、イベントが充実!/神奈川県山北町

渡り鳥もやってくる美しい人造湖・丹沢湖や武田信玄が戦の後に兵士の傷を癒したという伝説が残る「中川温泉」、そして「日本の滝100選」選定の「洒水(しゃすい)の滝」、さらにハイキングや釣りを楽しめるスポッ... 続きを読む

2019/05/10

ぜひ、和室に合わせたい「座布団」

座るときにお尻に敷く、「座布団」。古くは権力を象徴するものとして用いられる一方、江戸時代には庶民の間でも広く使用されるようになった、日本の伝統的な調度品です。 ここでは、職人のこだわりが生みだした座り... 続きを読む

日本三景「天橋立」を、股のぞきで観賞しよう!/京都府宮津市

日本三景のひとつとして有名な「天橋立」のあるまち、宮津市。股の間から上下逆さに眺めると、その眺望が「天に架かる橋」のようにも「空に舞い上がる龍」のようにも見え、絶景として知られています。現地では、観光... 続きを読む

富士山麓の広大な自然を活用した公園がいっぱい/静岡県御殿場市

御殿場市(ごてんばし)は、世界遺産「富士山」と箱根山系の間に位置する高原都市。豊かな自然と冷涼な気候、富士山からの伏流水を活用した農業が盛んです。また、市内にある公園は雄大な富士山を借景とした見事な景... 続きを読む

若返りの水が湧く!養老の滝と菊水泉があるまち/岐阜県養老町

「そこから湧き出る酒を飲ませ、老父を喜ばせた」という故事が残る「養老の滝」。時の天皇がその故事に感心し、また自らもその水(お酒?)を飲み、元号を「養老」と改めたほどの名水です(※場所は下流にある「菊水... 続きを読む

「日本三大桜」のひとつ「淡墨桜」の美しさは必見/岐阜県本巣市

はるか昔よりこの地に立つ一本桜「淡墨桜(うすずみざくら)」の威風堂々とした佇まいがあるまち、本巣市(もとすし)。他にも「富有柿」や花き、馬駆けまつりなどが知られる本巣市をご紹介します。 続きを読む

「山県市ふるさと栗祭」は、まさしく栗三昧のお祭り!/岐阜県山県市

特産品のひとつ「利平栗」で知られるまち、山県市(やまがたし)。この「利平栗」をテーマにしたお祭り「山県市ふるさと栗祭」では、「栗ご飯」など栗を使ったメニューがたくさん並び、毎年大盛り上がりとなります。... 続きを読む

日本で2番目に高い山は富士山のすぐそば!/山梨県南アルプス市

3000m級の高峰が連なる「赤石山脈(※通称・南アルプス)」には、富士山に次ぐ日本で2番目に高い標高(3193m)を誇る「北岳」があります。この「北岳」がシンボルとなっているまちが南アルプス市。広大な... 続きを読む

「わに塚」の一本桜と山々がつくる風景が絶景です/山梨県韮崎市

富士山をはじめ、残雪の山々をバックに咲き誇る「わに塚」の一本桜は、「韮崎市(にらさきし)」を代表する美景のひとつ。他にもノーベル賞受賞者がつくった美術館や『日本百名山』の深田久弥氏にゆかりの深いまち、... 続きを読む

文化遺産も温泉も工芸品もグルメもある観光都市/岐阜県高山市

観光資源が豊かで、世界中から多くの観光客を集めている高山市。観光庁長官による「国際会議観光都市」にも認定され、国際会議や展示会、見本市、イベント(MICE)などによる"国際的な人の交流"も活発です。豊... 続きを読む

日本最北端の地からはサハリンの島影も望めます/北海道稚内市

日本最北端の地であり、海を望む絶景と雄大な自然、北海道ならではの農産物やグルメ、そして海のまちとして魚介類も豊富な稚内市。ここでは、そんな稚内市をご紹介します。 続きを読む

ビーチの美しさが世界基準!カニとふぐも絶品です/福井県高浜町

ビーチの国際環境認証「ブルーフラッグ」を取得した美しい海を擁する一方、まちの70%は山林であり、南西には「若狭富士」と呼ばれる秀峰「青葉山」を望むまち「高浜町(たかはまちょう)」。ここでは、海の幸も山... 続きを読む

百名山や温泉街、スキー場、牧場など観光名所がいっぱい/新潟県妙高市

新潟県と長野県の県境に位置する「妙高戸隠連山(みょうこうとがくしれんざん)国立公園」を有するまち、妙高市(みょうこうし)。国立公園は日本百名山にも数えられる妙高山や高妻山(たかつまやま)を有し、スキー... 続きを読む

宮ヶ瀬湖が観光地として有名な神奈川県唯一の村/神奈川県清川村

ダム湖である「宮ヶ瀬湖」とその周辺のレジャースポットに多くの観光客が集まり、また風光明媚な自然の景色でも知られる神奈川県唯一の村(※清川村ホームページより)、清川村(きよかわむら)。竹やワラでつくった... 続きを読む